『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は、単なる「旅」であることを超える。

  • 『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は単なる「旅」であることを超える

    『TABILISTA』=旅の達人 ガイドブックには載っていない、旅の達人によるこだわりの旅は単なる「旅」であることを超える
  • 台湾の人情食堂

    台湾の人情食堂
  • 沖縄にも暮らす二拠点生活

    沖縄にも暮らす二拠点生活
  • 旅とメイハネと音楽と

    旅とメイハネと音楽と
  • 自転車で巡るニッポン麺の旅。

    自転車で巡るニッポン麺の旅。
  • 夫婦で行く1泊2食の旅

    夫婦で行く1泊2食の旅
  • 旅リスタ×食べリスタ

    旅リスタ×食べリスタ
  • 韓国の旅と酒場とグルメ横丁

    韓国の旅と酒場とグルメ横丁
  • 琉球島猫百景

    琉球島猫百景
  • アジアは今日も薄曇り

    アジアは今日も薄曇り

最新記事

2021.6.18

#128 台湾ロスの皆さんへ〈18〉忘れられない旅  蘭嶼島編〈前編〉

【文/光瀬憲子】~アジアの街・ノスタルジック紀行(台湾)~***台湾映画『等待飛魚』(Fishing Luck)で初めて蘭嶼(ランユー)島という島の暮らしを知った。台湾に暮らしていた当時も名前は知っていたけれど、台東からさらに船で数時間かかるという離島は、台湾の一部というイメージすらなく、気に留めたことがなかった。2005年、たまたまこの台湾映画を観て、蘭嶼島が先住民の島であること、トビウオ漁が盛んであることなどを知った。

2021.6.17

#93 変わる街、変わらない味

【文と写真・田島麻美】~歩いて発見、食べて楽しいイタリア探訪~***人の流れが、街に戻ってきた。行動規制の緩和が進むローマでは、去年から抑圧されてきた市民の消費熱が一気に吹き出したかのように、外食やショッピングを楽しむ人の波が旧市街の通りを活気づけている。久しぶりに中心街のそぞろ歩きに出かけ、元気を取り戻したローマの姿にほっとする一方、コロナ禍があちこちに残した傷痕も目につき、嬉しさと寂しさを同時に味わっている。同じ街角、同じ名前の通りでも、そこは私の知らない場所になってしまったように感じる。

2021.6.15

#111 イスラエル・エルサレム取材記〈2〉

【文と写真/サラーム海上】~オリエントグルメ旅~■中東フュージョンレストラン『マフネイェフダ』訪問***2019年11月20日水曜、エルサレム。この晩からイスラエルの音楽見本市「International Showcase Music Festival」(以下「ISMF」)が始まる。四日間で約30組のアーティストの演奏を観るため、料理の取材は出来なくなってしまう。そこで、お昼のうちに以前からどうしても行きたかったレストラン『Machneyuda(マフネイェフダ)』を訪れることにした。■今回のレシピはにんじんと香菜のサラダ。

2021.6.15

#17 二拠点生活の日記 Jun.4~12

【文と写真/藤井誠二】~沖縄にも住むノンフィクションライターの二拠点生活~[6月4~12日]*** 6/4: 書評用に溝口敦さんの『喰うか喰われるか ━私の山口組体験』を機内で読了。溝口さんが若い時分に圧倒的に影響を受け、ライターの道に進むことになったと記していた『政治と犯罪』(エンツェンスベルガー・野村修訳 1966)を取り寄せた。ネットで検索すると軒並み数千円なのに、一軒だけ千円ぐらいの古書店があった。しめしめ。

2021.6.11

#129 韓国映画・ドラマで見た風景 コンテナ編(1)

【文/チョン・ウンスク】~アジアの街・ノスタルジック紀行(韓国)~***コンテナと聞いて釜山を思い出す人がいたら、その人はかなりの韓国リピーターだ。釜山は世界でも屈指の貨物取扱量を誇る国際港なので、船のターミナルのある旧市街には至るところに輸送用コンテナが積み上げられている。青や茶色の現役コンテナは世界中を旅しているが、今回取り上げるのは貨物としての役目を終え、第二の人生(?)を送っているコンテナたちだ。

2021.6.11

#32 建つぞ建てるぞ楽遊「別邸」〈1〉

【文/山田静】~あずま女の京都ぐらし~***4月初旬、コロナ禍前には何度か貸し切り宿泊をしていた欧米人グループからメールが来た。21年の春も秋もキャンセルとなり、22年の予約を入れてきたのだ。「早くあなたたちの新しい建物と美しい庭が見たいわ」そうなのだ。彼らはまだ我々の別邸を見ていない。相変わらずのコロナ禍で稼働は奮わないが、みなさまのおかげで楽遊はぼちぼちと営業中。今回からは、昨年4月に完成した別邸についてお話していこう。

オススメ記事

2020.3.10

新刊文庫『台湾一周‼ 途中下車、美味しい旅』発売‼

『TABILISTA』でコラム「台湾の人情食堂」を連載中の光瀬憲子さんの新刊文庫、『台湾一周‼ 途中下車、美味しい旅』が、3月12日に発売されます。食の都・高雄から出発して、台湾を鉄道でぐるっと一周する7泊8日の列車旅。知らない町で途中下車して、ローカル食堂や市場、屋台で絶品料理&スイーツを味わう、そんな気ままなグルメ散歩を綴った紀行エッセイガイドです。

2020.12.10

『新・駅弁ひとり旅~撮り鉄・菜々編~②』発売‼‼

『新・駅弁ひとり旅~撮り鉄・菜々編~②』発売中! ①巻に引き続き②巻の舞台も九州が中心です。駅弁あり、観光列車ありの贅沢な内容となっています。読んでいると、駅弁が食べたくなりますよ。早くのんびり旅行に行ける日が来ることを願いながら、漫画で妄想グルメ旅にお出かけください。

2021.2.18

#00 御池で過ごす優雅な休日 【宮崎県高原町】  

【写真/黒木将・文/編集部】2月13日 土曜日「御池」でオンラインイベントが開かれた。宮崎県高原町にある神秘的な湖を望みながら”優雅な休日”を過ごすという贅沢な内容で、土曜日の夕方に心安らぐような音楽や食べ物と共に日没前の至福の時間を堪能するという企画だ。「御池で過ごす 優雅な休日」Guest Artist :Honoka・後藤ちぐさ・Shino quartet

2020.12.14

『MASTERゴンザレスのクレイジー考古学』(丸山ゴンザレス) 12月18日発売‼

12月18日『MASTERゴンザレスのクレイジー考古学』が発売になります!(※一部地域を除く)TBS系列の旅番組『クレイジージャーニー』で人気を博し、今ではユーチューバーとしても活躍する危険地帯ジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、自身の半生を振り返りながら持論を展開する渾身の紀行エッセイです。

ページトップアンカー