琉球島猫百景

琉球島猫百景

#40

新城島&小浜島 八重山の離島の猫たち

写真・仲程長治 文・シマネコキネマ 

IMG_5153
パナリ島では住民よりも先に住猫に出会った

 石垣島の南西に浮かぶ竹富町の島々のうち、石垣島から船で渡れる島はぜんぶで9つ。2020年の夏は、そのうちの7つの島を巡って5つの島で島猫に出会うことができたので、いくつかご紹介しよう。
 まず、新城(あらぐすく)島。上地島と下地島の2つの島からなり、地元では「パナリ」とも呼ばれている新城島は、定期船が就航していないため、島民が主宰するシュノーケルツアーに参加しなければ上陸ができない。島猫の撮影のために訪れたわけではなかったのだが、初上陸した上地島で最初に出迎えてくれたのは、背中にかわいい八重山諸島の模様が入った、まだ幼さの残る島猫だった。

 

IMG_5255
観光客の足元にすり寄ってお弁当をおねだり

 

IMG_5362
午後は、風通しの良い縁側でずっとお昼寝

 静かな南向きの集落は、真夏でも涼しい風が通り抜けて心地よかった。ツアーのガイドさんいわく、「近所のオバーが連れてきた」というその猫は、人見知りもせず観光客にお弁当のおこぼれをねだり、ほんの少し天ぷらを食べると、夕方まで縁側で昼寝をしていた。その表情は、数ある離島の中でもひときわ高い透明度を誇る、パナリ島の海のように穏やかで平和だった。
 続いて、小浜島。訪れるのは3度目だが、毎回1、2匹しか島猫にしか出会えず、本連載で紹介する機会がなかった島だ。今回、いつもとは違う北側のホテルを選んでみたところ、そこで嬉しい出会いが待っていた。
 ホテルに到着したのは、太陽が真上にあるお昼過ぎ。荷物を預けて撮影に出かけようとエントランスを通る際、鉢植えの影にエサ場がちらりと見えた。これは「いる!」と、スタッフさんに尋ねてみると、「日中はどこか涼しいところで過ごしているみたいですが、夕方になると出てきますよ」と教えてくれた。

 

IMG_0371
小浜島の絶景リゾートホテルで暮らす島猫たち

 

IMG_0432
ブーゲンビレアと一緒に玄関先でお客様をお出迎え

 

IMG_1390
知らない人はちょっと怖いけど好奇心には勝てない

 日没間近の、島がいちばん美しい時間に猫たちはエントランスに現れた。草刈りをしているスタッフさんの後ろで小さな2匹が駆け回り、その様子を少し大きな1匹が見守っている。聞けば、大きな雄と小さな2匹は叔父と甥の関係だという。普段であれば、夏場はホテルも満室でスタッフさんも忙しい時間のはずだが….今年はいつもとは少し違う夏。猫たちと遊びながら、このホテルで暮らす歴代猫たちのお話も聞かせていただいた。島猫たちにとっても、久しぶりに「離島らしい時間」を流れる夏だったのかも知れない。

 

IMG_0402
大きく揺れ動く自分の影とも遊ぶ

 

IMG_0406
人間たちが寝静まった後も、じゃれあっていた

 

 

*日本全国で「さくらねこTNR」の活動を広げている公益財団法人どうぶつ基金の新作絵本冊子「さくらねこ」の制作をシマネコキネマが担当しました。以下よりぜひ、e-bookをご覧ください。

https://www.doubutukikin.or.jp/sakuraneko_ebook/HTML5/pc.html#/page/1

 

*シマネコキネマの公式インスタグラム(今日の「ニャンくるにゃいさ」配信中)
https://www.instagram.com/shimanekokinema/
 

 

*本連載は毎月22日(=ニャンニャンの日)に配信予定です。次回もお楽しみに!

 

 

profile_nakahodo

仲程長治(なかほど ちょうじ)

1959年、石垣島生まれの写真家、アーティスト。2018年に完成した島猫映画『Nyaha!』が初監督作品。現在、イリオモテヤマネコの島、西表島を舞台にした映画『Us 4 IRIOMOTE』を撮影中。

profile_shimaneko

シマネコキネマ

沖縄を拠点に活動するメディアファクトリー。島猫映画『Nyaha!』の企画・制作、『琉球島猫百景』のコンテンツ制作などを担当。沖縄の猫メディアでつくる「島猫力向上委員会」のメンバー。

紀行エッセイガイド好評発売中!!

ryukyu-shimaneko00_book01

島猫と歩く那覇スージぐゎー
著・仲村清司 写真・仲程長治

     

琉球島猫百景
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー