駅弁ひとり娘〈撮り鉄・菜々〉編

駅弁ひとり娘〈撮り鉄・菜々〉編

#24

祝! 「直江津D51レールパーク」オープン! 

写真と文/櫻井 寛

鉄道の町、直江津にレールパークが開業!  

 

 新潟県の直江津は昔から鉄道の町として栄えてきた。新潟県で初めて鉄道が開通したのは、1886年(明治19年)のこと。まずは直江津を起点に関山まで開通した。東海道本線の全線開通(新橋〜神戸)が1889年(明治22年)なので、驚くほど早い開業だが、これには理由があった。明治政府は、東京〜大阪間の最初の鉄道を、太平洋側の現在の東海道経由ではなく、山越えの中山道経由で計画したのである。中山道に鉄道を通すため、直江津港からレールなどの鉄道資材を運ぶために、いち早く、直江津〜関山間が開通したのであった。けれども、中山道経由は頓挫することになる。碓井峠などの山越えが険しすぎたのだ。結局は東海道本線に先を越され、遅れて信越本線や中央本線が開通したのである。
 ということで、直江津は明治時代から鉄道の町として栄えてきたわけだが、直江津駅の広大な敷地がその歴史を物語っている。信越本線(現在のえちごトキめき鉄道・妙高はねうまライン)と北陸本線(同えちごトキめき鉄道・糸魚川ひすいライン)のジャンクション(分岐駅)として、蒸気機関車の基地である機関区が置かれたのだ。今も、直江津駅の構内には扇型の機関庫と、機関車が方向転換したターンテーブル(転車台)が残っている。機関庫も転車台も、今日の電車にとっては無用の長物だが、これぞ、鉄道の町ならではの鉄道文化遺産ではないかと、えちごトキめき鉄道では、これらを活用しながら後世に伝えようと「直江津D51レールパーク」をオープンした。
 それに伴い、蒸気機関車の代名詞とも呼ぶべき「D51形蒸気機関車」が和歌山県より輿入れした。緩急車「ヨ形」「ワフ形」を牽引しレールパーク内を走行するのである。さらに、七尾線で3月まで走っていた413系交直両用電車もやってきた。国鉄時代の急行色を纏った姿は、D51とは別の魅力に満ちている。


直江津機関区に残されていた転車台に乗るD51の勇姿。機関車は和歌山県からやってきた。


D51 827。青空にブルーのプレートが良く似合う。

転車台と同じく残されていた機関庫。D51の隣には413系交直両用電車が見える。
 

「トキ鉄」鳥塚亮社長


鉄道の町、直江津


新潟県鉄道発祥の地のプレート

 

えちごトキめき鉄道株式会社
直江津D51レールパーク

■営業時間 9:45〜17:00
■営業日 3月上旬〜12月上旬の主に土日祝日
■入場料 おとな1000円 こども700円
■〒942-0003 新潟県上越市東町1番地15

https://www.naoetsu-d51-railpark.com/

 

直江津が誇る2012年と2019年のグランプリ駅弁が合体!

 そして直江津駅の駅弁だが「二大将軍弁当」(1600円)をお薦めしたい。実は直江津駅には超有名な駅弁が二つある。2012年に「駅弁大将軍」のグランプリに輝いた「鱈めし」と、2019年にグランプリを受賞した「さけめし」である。どちらもすこぶる旨い。もちろん二つとも食べたいが、唯一の悩みが両方とも食べると食べ過ぎてしまうことにあった。ところが、そんな悩みを一気に解決してくれる駅弁が登場した。「鱈めし」と「さけめし」を合体してご飯は1人前の「二大将軍弁当」である。D51を眺めながら召しあがれ!

 


「二大将軍弁当」(1600円)ホテルハイマート

 

4D8A8188

フォトジャーナリスト/櫻井 寛 KAN SAKURAI

1954年、長野県生まれ。昭和鉄道高校を経て、日本大学芸術学部写真学科卒。出版社写真部勤務の後、90年にフォトジャーナリストとして独立し今日に至る。94年、『鉄道世界夢紀行』(トラベルジャーナル)にて、第19回交通図書賞受賞。04年奈良県の桜井線を残してJR全線完乗。全国の駅弁を制覇中。6000個以上の駅弁を食べ尽くした男として「マツコの知らない世界」(TBS系)に3度もゲスト出演。その他「さし旅」(NHK)など多くのメディアに登場、これまでに世界95カ国以上の鉄道を撮影し、著書は100冊を数える。日本写真家協会、日本旅行作家協会会員。東京交通短期大学客員教授。

nana icon「駅弁タビリスタ」twitter はじめました!フォローお願いします

 単行本①②巻絶賛発売中!!

『新・駅弁ひとり旅 ~撮り鉄・菜々編~ 』

絶賛発売中!!

駅弁ライターの白鳥菜々がフリーの鉄道カメラマンを目指し、全国を旅しながら駅弁を食べまくります。①巻に続き②巻の舞台も九州が中心。観光列車あり、駅弁あり、鉄道写真あり…。地域色豊かな駅弁の魅力と奥深い鉄道写真の世界とがあわせて楽しめるストーリー。

*単行本発売を受け、本連載のバックナンバーは非公開にさせていただきました。ご了承ください。    

 「駅弁ひとり旅」シリーズ 電子版コミックが発売中!!

%e9%a7%85%e5%bc%81%e3%81%b2%e3%81%a8%e3%82%8a%e6%97%85-%e5%8d%98%e8%a1%8c%e6%9c%ac 『駅弁ひとり旅』(全15巻)は現在、以下の電子書店で電子コミック版を購入することが出来ます。 KINDLBOOKLIVE hontokinokuniya

 

 

駅弁ひとり娘〈撮り鉄・菜々〉編
バックナンバー

その他の日本のこだわりグルメ

ページトップアンカー