旅とメイハネと音楽と

旅とメイハネと音楽と

#105

ノルウェーの首都、オスロ取材記〈1〉

文と写真・サラーム海上

 

■音楽フェス「Oslo World」取材でフィンランドからノルウェーへ

 

 2019年10月28日月曜、フィンランド・タンペレからノルウェーのオスロへと移動した。
 オスロなんてサラームに似合わない!と多くの読者が思ってるはず? いや、僕自身もタンペレに加えて、次はオスロまで訪ねることになるとは思いもしなかった。しかし、予想のつかないことを受け入れて楽しまなければ人生はつまらないでしょう!
 2018年夏に参加したイスタンブルの音楽見本市会場で意気投合し、連絡先を交換していたノルウェーの音楽フェス「Oslo World(オスロワールド)」の広報の女性から、一年後の2019年秋に連絡をもらったのが今回の訪問のきっかけだった。タンペレのWOMEXに来るなら、ついでにその翌週に開催されるオスロワールドに日本からの国際代表者として参加しないかと誘われたのだ。
 オスロワールドについて調べると、1994年にスタートしたノルウェー最大のワールドミュージックのフェスティバルで、毎年10月下旬から11月初旬の一週間にわたり開催され、オスロ市内の複数の会場でコンサートをはじめ、ワークショップやレクチャー、パネルディスカッションなどもプログラムにしている。さらにオスロワールドミュージック財団として通年の活動を行い、世界中のワールド系フェスと連携し、中東やアジア地域からのアーティスト・イン・レジデンス受け入れや、オスロの若いアーティストの卵たちの支援や児童芸術調査記念日なども行っていることがわかった。
 過去の出演アーティストをチェックすると、イスタンブルの友人のGaye Su Akyolや、キューバの双子姉妹Ibeyi、マリのFatoumata Diawara、スペインの個性派女優Rossy de Palmaなど、女性の比率が妙に高いことに気がついた。通常、ワールドミュージックのフェスというと、例えばキューバのブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブやモロッコのジャジューカのようにしなびたオヤジ率が高くなりがちなのだ。音楽アーティストたちが参加するレクチャーやパネルディスカッションも面白そうだし、せっかくのお誘いに乗らなくてどうする! そんな訳で日本の仕事のスケジュールを調整し、タンペレ6日の後、オスロに7日も延泊することにした。

 タンペレ空港から国内線に乗り40分のフライトで午後3時半にヘルシンキに到着すると、空はどんよりと暗く、なんと吹雪が吹いていた。やはりタンペレにいた6日間で秋から冬へと季節が変わっていたのだ。そして、午後5時にヘルシンキからオスロへ90分のフライトだ。フィンランドとノルウェーには時差が一時間あるため、到着して腕時計を一時間戻した。すると、まだ午後5時35分。入国審査をサクっと通り、荷物をスムースに受け取り、空港駅から午後6時10分の特急電車に乗りこむと、6時35分にオスロ中央駅に到着した。
 駅から指定された宿『Clarion Collection Hotel Folketeateret(クラリオン・コレクション・ホテル・フォルケティーテレト』までは徒歩5分、路面電車の線路が交差するデコボコの道を重いスーツケースを転がしながら歩いた。すると、午後7時前には宿にチェックインし、部屋のベッドにジャンプイン! ふ~、北欧はさすがに何事もスムースだなあ。中東や北アフリカ、インドなら、初めて着く町でこんなにスムースには行かないよ~。

 

ヘルシンキ空港に到着すると猛烈な吹雪。当然次のフライトも30分遅れました

 

何もトラブルなく到着したオスロ中央駅前。スーツケース転がして歩くにはトラムの線路が邪魔になる

 

 それでも、2つの飛行機を乗り継いで半日の移動をし、さらに日本からの時差ボケを引きずったまま連日深夜過ぎまでWOMEXの取材を行っていたので、さすがに疲れが溜まっていた。今日くらいは早寝しよう! 幸いオスロワールドは翌日の夕方からのスタートだ。なので午後までは自由時間。初めての町、オスロの観光をするのも悪くない。夕食はホテルに込みのブッフェで軽くすませ、午後10時にはベッドに入った。
 翌朝目を覚ますと午前6時半だった。冬の北欧では日が昇るのは午前8時過ぎなので、窓の外はまだ真っ暗だが、日本を出て一週間、初めて朝までぐっすり眠れたし、時差ボケがやっと治ってきた。すがすがしい朝のはずだが、僕には一つ疑問が湧き上がっていた。それは前夜いただいたブッフェ料理についてだ。野菜サラダや温野菜料理、肉料理、パスタも二種類、スープなど、食材も豊富に使い、ベジタリアンにも対応していたが、どの料理もどうにも味がしなかったのだ。塩や胡椒、スパイス、ハーブなどの調味料が全然足りず、全ての料理の味がボケていたのだ。

 

一週間滞在したクラリオン・コレクション・ホテル・フォルケティーテレト。フォルケティーテレト(人民劇場)と同じビルにあり、地の利も最高!

 


クラリオン・コレクション・ホテル・フォルケティーテレトの快適な部屋

 

オスロに到着して最初の飯はブッフェ。牛肉の煮込み、バジルペーストのペンネ、ケールのサラダ、野菜のグリルなど。緑黄色野菜も多く、ヘルシーだが、なんせ塩気が足りんのだ。これじゃ満足できない! 

 

 ノルウェー料理についてネットで調べると、高緯度で寒冷な気候のため、基本的に汗をかくことが少なく、中低緯度で高温多湿な国と比べて塩分を取る必要がないという答えが見つかった。その答えに納得してみたものの、地元の人たちは本当に塩が足りないままで満足出来るのかな。この宿に7泊もするのに、朝食に全く味がしなかったら嫌だなあ……と思いながら、一階の朝食サロンに降りると、目の前に広がる光景を見て、僕の心配は一瞬で吹っ飛んだ。
 おお、見たことないチーズがずらっと並んでるぞ! ハムやサラミ、スモークサーモン、ニシンの酢漬けも何種類もあるし、ジャムやマーマレードも沢山! その他、見たことのないライ麦パンをはじめ、パンも数種類! あらゆる北欧の伝統的な保存食が並んでるじゃないか! ジュースやスムーチーやコーヒーや紅茶も何でもあるし、フルーツにケーキ、オムレツやベイクドビーンズなどの普通のコンチネンタル・ブレックファストのコーナーもあるし、もしかして、ここは天国か?! タンペレの四つ星ホテルの朝食ブッフェも地元料理のバリエーションがすばらしかったが、この宿はそれ以上だ! 
 興奮を抑えながら、お皿が置かれたテーブルの写真、そして一つ一つの料理の写真を撮影し、次に平皿を取り、一つの料理を取りすぎないように細心の注意を払いながら、配置良く料理を盛り付け、まだ太陽の光が届かない薄暗い席に着いて、料理を頬張った。

 

翌朝8時に一階の朝食ブッフェに来た。この遠景の写真だけで美味そうな雰囲気が伝わってくるでしょう?

 


この一角に並んでいるのはケーキとフルーツ。食べ物は逃げたりしないから、まずは落ち着いて!

 

 まずは最も北欧らしいスモークサーモンから。大きな鮭を3枚におろした半身をそのまま冷燻しているのでとにかく身が大きい。それをスライサーで3mmくらいの極薄にスライスしてある。お皿にのせると下に置いた料理が透けて見えるほどだ。プレーンなスモークと、スモークしてから、ディルの葉入りのはちみつマスタードソースを塗りたくったものの二種類。プレーンなものは日本のスモークサーモンと刺し身の中間くらいのフレッシュ具合だ。そしてはちみつマスタードソースのほうは甘辛な味とディルの青臭さが加わり、一発で癖になりそう。いずれにせよスライス一枚が日本のものより遥かに大きいのが良い!

 

スモークサーモン二種。手前はディル入りのはちみつマスタードソースがかかってる。スライス一枚がちょうど日本の生姜焼き用の豚ローススライスくらいの大きさなのだ!

 

 ノルウェーでは畜産がほとんど行われてないらしいので、パストラミビーフや生ハムなどの加工肉は、近隣諸国からの輸入品だろうが、地元名物のコケモモやクラウドベリーのジャムをかけていただけば、もうこれはノルウェー料理と呼んでも良いでしょう!
 そして初めていただいたのがスモークサバ。3枚におろしたサバの表面に胡椒やパプリカを散らしてスモークしたものだが、タンペレで食べたスモークサーモンと同じく、冷燻ではなく温燻されていて、完全に中まで火が通っている。ちょうど日本のサバそぼろのアダルト版と言いましょうか。どこか懐かしい味なのに、ちょっと大人っぽい感じ。これも美味い!

 

パストラミビーフやハム類。これは地元産ではないかもしれないが、肉の味がしっかりして美味かった

 

生ハムも透明かつしっとりルビー色に輝いてる! これも地元産ではないかも?

 


スパイスをまぶして温燻してあるスモークサバ。日本に輸出して欲しい!

 

 こうした動物性タンパク質の塊はビーツやキュウリ、キャベツなどのピクルスと一緒にいただくと口の中がさっぱりする。サラダのコーナーにはトマトやバジルやズッキーニも並んでいるが、以前はノルウェーではカブやキャベツなどの寒冷地に強い野菜しか育たなかったそうだ。

 

ガラスのジャーに入ったピクルスや冷菜類

 


ビーツとヨーグルトのサラダ

 

小海老とラディッシュのヨーグルト和え。海老もノルウェーのバルト海名物

 

 チーズはゴルゴンゾーラやブリーなどのフランスのチーズの横に、イェトオストというヤギのチーズ、そして、何やらキャラメルやチョコレートのような色合いのブルノストも数種類並んでいる。これは英語でブラウンチーズと呼ばれ、ノルウェーにしかないものらしい。専用のステンレス製のスライサーを使って、ちょうど鰹節をカンナで削るように薄くスライスして、これも北欧らしいフラットブレッドにのせていただく。乳糖の甘みと焦げた味がまるでチョコレートとチーズとピーナッツバターを足したようで美味い!
 山羊の乳と牛の乳清を煮詰めたものなので、正確にはチーズではないが、ノルウェー人の朝食には欠かせない乳製品とのことだ。こうしたチーズ類にはいちじくやキウイ、パイナップル、マンゴー、りんごのジャムを合わせても最高だ。

 


フランス産のブリーやゴルゴンゾーラの右に地元の山羊のチーズ、イェトオスト

 

そして甘さの少ないチョコレートのようなブルノストは、英名ブラウンチーズと呼ばれている

 

タンペレでも毎朝目にしたコケモモのジャムは加工肉とよく合う

 

パイナップルやマンゴーなど熱帯のフルーツのジャムまで置いてある!こういうグローバリゼーションは歓迎!

 

そしてイチゴやラズベリー、コケモモなどベリーのスムーチー。当然毎朝お代わりした!

 

ブルーベ

ブルーベリー以外のオレンジやメロンは輸入品か?

 

 などなど、徒然に綴ってきたが、少なくとも加工肉や加工魚などの伝統的な保存食に関しては塩や酢が大量に必要なので、味がしないということはないことがわかったし、それどころかやっぱり地のものは抜群に美味いのだ! さすが街の中心に位置する大型四つ星ホテル、これだけ質が高いローカルな料理(と言っても保存食を切って並べてるだけ)を朝食ブッフェに揃えているとは! これから一週間、朝食の時間が楽しみになってしまった!

 

ベイクドビーンズやベーコンなど普通のコンチネンタル・ブレックファストの料理も並んでいたけど、そこまでたどり着けない!

 


紅茶も茶葉からティーパックまでよりどりみどり!

 

一皿盛り付けたところ、興奮が皿からつたわってくるよう!

 

朝食の主食と言えば一般的にはパンだろう。しかし、肉や魚やフルーツや乳製品だけですでにお腹一杯になってしまい、炭水化物を取っている余裕は全くなかった!

 

■旬のビーツを使ったサラダのレシピ

 

 さて、今回は今が旬のビーツを使って、水切りヨーグルトを敷き、上に「エジプト塩」ことデュカをふりかけたサラダだ。ビーツはまるごと煮ても良いが、アルミホイルにくるんで200℃のオーブンで1時間ほど焼いてから使うと、味が凝縮して美味くなる。
デュカはナッツとスパイス、ごまさえあれば簡単に作れて、どんなサラダにかけても新しい味と食感が生まれるのでぜひ作り置きして!

 

■ビーツと水切りヨーグルトのサラダ、デュカ添え

【材料:作りやすい分量】
ビーツ:1個(300g前後)
プレーンヨーグルト:400g
ワインビネガー:小さじ2
塩:小さじ1/4
胡椒:少々
EXVオリーブオイル:大さじ1
塩:少々
香菜の粗みじん切り:少々
デュカ:大さじ1(*参照)
【作り方】
1.ボウルにキッチンペーパーを敷いた網を入れ、プレーンヨーグルトを入れ、冷蔵庫に入れて半分の重さになるまで一晩水を切る。
2.ビーツはアルミホイルにくるみ、200℃に予熱したオーブンに入れて60分焼く。金串がスッとささったら取り出し、室温に冷ます。ビーツの皮をむき、食べやすい大きさ、厚さ5mmほどの沢庵状に切り分ける。
3.ボウルにワインビネガー、塩、胡椒、EXVオリーブオイルを入れ、混ぜ合わせてから3のビーツを入れてよく和える。
4.一晩水を切ったプレーンヨーグルトを別のボウルに入れ、塩少々を加え、よく混ぜてから、平皿に平らにのばして盛り付ける。
5.水切りヨーグルトの上に3のビーツをドレッシングごと盛り付け、香菜のあらみじん切りをのせ、デュカを振りかけ出来上がり。

*デュカ(エジプト塩)
【材料:作りやすい量】
コリアンダーシード:大さじ2
クミンシード:小さじ1
白ごま:小さじ2
黒ごま:小さじ2
くるみ:30g
アーモンド:30g
タイム(またはザータル):小さじ1
パプリカパウダー:小さじ1/2
塩:少々
【作り方】
1.小さなフライパンにコリアンダーシード、クミンシード、白ごま、黒ごま、くるみ、アーモンドを入れ、中火にかけ、スパイスから香りが出るまで煎る。
2.フードプロセッサーに移し、ナッツやスパイスの食感が残る程度まで撹拌する。
3.ガラス瓶で常温保存できる。

 

ビーツと水切りヨーグルトのサラダ、デュカ添え

 

(オスロ編、次回に続きます。お楽しみに!)    

 

*新刊『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』好評発売中!!

 この連載の一部をまとめた単行本『美味すぎる! 世界グルメ巡礼』(サラーム海上・著、双葉社・刊)が好評発売中です。世界各地の旅先で出合った、「美味すぎる!」グルメ紀行。旅先で食べた美味いもの、何度でも訪れて食べたいものを、テキストと写真でたっぷり紹介しています。日本の家庭で再現できるレシピも多数収録した1冊。ぜひお手に取ってみてください!!

『世界グルメ巡礼』書影

 

 *著者の最新情報やイベント情報はこちら→「サラームの家」http://www.chez-salam.com/  

*本連載は月2回配信(第1週&第3週火曜)予定です。〈title portrait by SHOICHIRO MORI™〉    

 

orient00_writer01

サラーム海上(サラーム うながみ)

1967年生まれ、群馬県高崎市出身。音楽評論家、DJ、講師、料理研究家。明治大学政経学部卒業。中東やインドを定期的に旅し、現地の音楽シーンや周辺カルチャーのフィールドワークをし続けている。著書に『おいしい中東 オリエントグルメ旅』『イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅』『MEYHANE TABLE 家メイハネで中東料理パーティー』『プラネット・インディア インド・エキゾ音楽紀行』『エキゾ音楽超特急 完全版』『21世紀中東音楽ジャーナル』他。最新刊『MEYHANE TABLE More! 人がつながる中東料理』好評発売中。『Zine『SouQ』発行。WEBサイト「サラームの家」www.chez-salam.com

紀行エッセイガイド好評発売中!!

orient00_book01

イスタンブルで朝食を オリエントグルメ旅

orient00_book02

おいしい中東 オリエントグルメ旅

   

 

旅とメイハネと音楽と
バックナンバー

その他のWORLD CULTURE

ページトップアンカー