編集部通信

ペットロスに悩む人のバイブル 新装版刊行!

 新潟県長岡市にある長福寺は曹洞宗の寺院。動物のお坊さんとして知られる著者の横田晴正さんはこのお寺のご住職で、人間のお坊さんでもあります。動物たちをきちんと供養し、お経を上げてあげるために僧侶となったのだそうです。

 本書では幼少期より多くの動物たちの死と拘わり、様々な体験や出会いを通して僧侶を志すようになった著者の実体験から、動物と人間の隔てなく弔い、供養する僧侶としての活動までが書かれています。そして、ペットロスに悩む人たちの置かれた環境に合わせて、その悩みに向き合い、語りかけています。

 ペットロスとは特殊な病気ではなく、愛する者を喪った誰しも通過する心境(愛する人を喪えばヒューマンロスとなり、ペットを喪えばペットロスとなる)で、愛する想いがある人が通る道なのです。その道は人それぞれで、どのように付き合ってきたのか、どのようにして別れたのか、どのような関係であったのかなどによってそれぞれ違ってくるのです。

 「ペットたちはあなたを悲しませるために、また苦しませるために亡くなったのではなく、あなたと一緒にいることが幸せであったから、命の尽きる時まで側にいてくれたのです。
 ですから、先立ったペットたちに贈る言葉としては、”ごめんね”よりも”ありがとう”の方がお似合いです。」

『ありがとう。また逢えるよね。―増補改訂版―
ペットロス 心の相談室

 

 この本は2008年に四季社から刊行されましたが、2013年に出版社の倒産という事態により、双葉社から再出版されました。以来、ペットロスに悩む多くの人たちに読まれてきましたが、近年は在庫が品切れ状態となっていました。しかし昨年、動物のお坊さんとして奔走する著者の活動が人気テレビ番組「坂上どうぶつ王国」(フジテレビ系)で取り上げられると、この本を購入したいという声が全国から集まったのです。そこで再度加筆修正を施し、増補改訂版として新たに出版することとなりました。

 

横田晴正(よこた はるまさ)

1971年東京生まれ。大学卒業後、ペット用品販売、広告代理店勤務を経て、27歳で出家。2001年に新潟県長岡市にてペット霊園ソウルメイトを設立。2013年東京都杉並区にて東京分室を開室。ペットのお坊さんとして葬儀・火葬・供養・パラカウンセリングを行い、人のお坊さんとして曹洞宗長福寺の檀務を行う。またペットロス等をテーマに、人と動物との絆についての講演、執筆活動を続けている。著書に『老いゆくぺトと幸せに暮らすための40の心得』(双葉新書)がある。

 

チョン・ウンスクさん訳の注目の新刊が発売!!

「TABILISTA」の人気連載「韓国の旅と酒場とグルメ横丁」の著者、チョン・ウンスク(鄭銀淑)さんが翻訳を手掛けた書籍が発売になりました。

タイトルは『サムスングループ 李健煕の言葉』です。

 韓国最大の財閥企業サムスングループの二代目会長、故・李健煕(イ・ゴンヒ、昨年10月に死去)の発言、語録をまとめた書籍『李健煕の言葉(原題)』(韓国、スターブックス社刊)を、日本語版として翻訳、刊行したものです。

 李健煕は1987年に創業者である父の死去を受け、サムスン(当初は三星)グループ会長に就任。グループ主要会社のサムスン電子を、半導体やスマートフォンのジャンルで世界的なシェアを誇るグローバル企業に成長させました。サムスンのスマートフォン「Galaxy(ギャラクシー)」シリーズは、現在も世界シェア第一位を誇り、アップルの「iPhone」シリーズを抜いています。

 デジタル時代の中心で二十一世紀を牽引した人物として、李健煕はアップルのスティーブ・ジョブズと比較されます。しかし、李健熙にはスティーブ・ジョブズも持っていない長所がもう一つありました。経営者の備えるべき五つの徳目「知る(知)、行う(行)、人を用いる(用)、教える(訓)、評価する(評)」を提示し、これを実践した点です。李健煕のビジネス哲学がこめられた言葉の数々は、コロナ禍で時代が急速に変化を迎えている今だからこそ、世代や国境を越えて、人生の指標や座右の銘となることでしょう。

 翻訳を担当したチョン・ウンスクさんは、TABILISTAの連載でもお馴染みのソウル在住の紀行作家です。『美味しい韓国 ほろ酔い紀行』をはじめ、多くの著書がありますが、訳書も多数手がけていて、『シルミド』『宮廷女官チャングムの誓いのすべて』『ボクが捨てた北朝鮮生活入門』(幻冬舎)、『秘伝金日成の長寿健康法』(東洋経済新報社)、『家庭で作れるチャングムの韓国宮廷料理』(光文社)、『韓流Sライン ボディメイキング』(池田書店)などがあります。本書は、李健煕の発言、語録をまとめた書籍『李健煕の言葉(原題)』(韓国、スターブックス社刊)を、日本語版として翻訳編集したものです。

 

 


『サムスングループ 李健煕の言葉』
 [編著]ミン・ユンギ [訳]チョン・ウンスク
四六判・224p
定価 1650円(税込)
発行 双葉社

 

世界的電子製品メーカーがいかにして成長を遂げたか
サムスングループ・李健煕の言葉を読み解く

 昨年10月に逝去した韓国最大の財閥企業サムスングループの二代目会長、故・李健煕氏は、1987年に創業者である父の逝去を受け、サムスン(当初は三星)グループ会長に就任。グループ主要会社のサムスン電子を、半導体やスマートフォンのジャンルで世界的なシェアを誇るグローバル企業に成長させた人物です。

 多くの日本人が知らないことですが、衰退著しい日本の電機メーカーとは対照に、サムスンは2000年代以降著しく成長を遂げ、今やパナソニックとソニーの売り上げを足してもサムスンに及ばないのが実情です。

 韓国の一企業に過ぎなかったサムスンが、なぜ、ここまでグローバルな成長を遂げたのか。韓国で刊行され、この度日本語版が出版された書籍『サムスングループ 李健煕の言葉』から、その革新的な経営戦略やビジネス哲学を読み解くことができます。同書からいくつか李健煕氏の言葉を紹介しましょう。

 

「デザインが勝負を決める」(1993年)

「国民全員が無線端末を持つ時代が訪れる」(1995年)

「二十一世紀は知的資産が企業価値を決める」(1996年)

 李健煕は1990年代に、21世紀がデジタル時代になることを確信し、携帯電話やスマートフォンの開発に力を注ぎました。当時から「デザインのようなソフトウェア的な創造力が、企業の大切な資産であり、21世紀の企業経営の決定的な武器になる」と、物を売るだけではなく、デザインの重要性についても説いていました。そして現在、サムスンのスマートフォン「Galaxy(ギャラクシー)」シリーズは世界シェア第1位を誇り、アップルの「iPhone」のシェアを抜いています。

 

「半導体事業は我が民族の才能と特性にぴったりの業種だ」(1997年)

 この発言から20年余り過ぎた現在、サムスン電子の半導体の売り上げシェアはインテルに次ぐ世界第2位を誇っています。1997年当時、「箸文化圏のため手先が器用であり、靴を脱いで生活するなど、住生活において清潔さをきわめて重視する。このような文化が半導体生産にとても適している」と語り、様々なチャレンジを惜しまなかった結果が、現在の成功につながっているのです。

 

「働く場所は会社だけではない」(1993年)

 「タイムカードなんて押さなくていい。タイムカードなんてなくしてしまえ。家でもど、どこでも、考えさえすればいい」と、1993年の時点で語っていた李健煕。まさに今のテレワーク、ワーケーションを予言しているかのようです。

 

「過去の成功は忘れなさい」(2013年)

「時代遅れのものは、ためらうことなく捨てろ」(2014年)

 21世紀に入り、グループが韓国一の巨大財閥に成長を遂げても、李健煕は「挑戦して、新たな成長の道を切り開く、未来を担う新事業を見出さなければならない」「変化の主導権を握るために、市場と技術の限界を突破しよう」と語り続けます。そして「自由に想像し、思う存分、挑戦しよう」と、次世代へメッセージを託しました。

 

 

【重版出来‼】1200年続く神社の神主が教える、神様との正しいご縁の作り方とは?

 重版出来のお知らせです。滋賀県近江八幡市にある賀茂神社の神主・岡田能正氏の著作『神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。』が第5刷の重版となりました。コロナ禍で世知辛い昨今ですが、自分を内面から見つめ直す機会でもあります。こんな時代だからこそ読んでいただきたい一冊です。

疫病の流行が続き国内が疲弊した奈良時代。災いを封じ込め、
人々を正しい道へと導くために創建された神社があった。

~1200年続く神社の神主が教える、神様との正しいご縁の作り方~

 

「苦しい時の神頼み」の前にやるべきこととは?

かばんを床に置かない/誰も見送ってくれなくても「行ってきます」と言う/朝シャワーを浴びる/お風呂から上がった後、自分の体をじっくり見る/「いただきます」は浄化の言葉/玄関に入る前に邪を祓う……など、神社に行かなくても日常生活の中で神様と上手に繋がれる方法。

世界一心配性と言われる日本人。そんな私たちを守るため、山、海、森…そして都会にも神様がいるのです。

奈良時代から続く滋賀県近江八幡市にある賀茂神社は、陰陽道の祖としても語られる吉備真備が「天上から光が柱のごとく降り注ぎ、大地の気を発する場所」として、国の災いを封じ込めるための神社を建てるにふさわしい場所を探し出したとされています。ここ賀茂神社の禰宜である著者が、かつての日本人は当たり前に知っていた「神様とつながる知恵」を紹介します。

『賀茂神社』
http://www.kamo-jinjya.or.jp/
 

 

 

●双葉社神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。

定価:本体1400+税 発行:双葉社

 

CoH1Jinjyaniittemo

 

 

『MASTERゴンザレスのクレイジー考古学』(丸山ゴンザレス) 12月18日発売‼

 

『MASTERゴンザレスのクレイジー考古学』
※一部地域を除く

TBS系列の旅番組『クレイジージャーニー』で人気を博し、今ではユーチューバーとしても活躍する危険地帯ジャーナリスト・丸山ゴンザレスが、これまでの取材を通じて見てきた「裏社会」と、学生時代に修士号を取得した「考古学」を融合させた「ハイブリッド考古学」の実証に挑む。國學院大學大学院で修士号(MASTER)を持つ著者が本連載に大幅に加筆修正を加えて単行本化。自身の半生を振り返りながら持論を展開する渾身の紀行エッセイ。

ご予約はコチラから↓

 

marugon_coverobi

発売日:2020年12月18日
予価:本体1,300円 + 税
判型:四六判
ISBN 978-4-575-31594-3

IMG_2515IMG_3787 IMG_9257 IMG_9357 IMG_5204 IMG_2523IMG_2516IMG_2520

 

 

 

 

『新・駅弁ひとり旅~撮り鉄・菜々編~②』発売‼‼

 

本日12月10日『新・駅弁ひとり旅~撮り鉄・菜々編~②』が発売になりました!
※一部地域を除く

1巻に引き続き2巻の舞台も九州が中心です。駅弁あり、観光列車ありの贅沢な内容となっています。読んでいると、駅弁が食べたくなりますよ。早くのんびり旅行に行ける日が来ることを願いながら、漫画で妄想グルメ旅にお出かけください。

 

 

jpg
【監修】櫻井寛 【作画】はやせ淳 定価[\650]+税

 

主人公・白鳥菜々はフリーの駅弁ライターで鉄道カメラマンを目指す女の子。【あらすじ】SL「やまぐち号」で津和野へ。そのまま益田まで抜け、山陰本線の萩からJR西日本の観光列車「○○のはなし号」で下関へ。関門海峡をフェリーで渡った後、直方へ向かう。平成筑豊鉄道のレストラン列車「ことこと列車」に乗車して極上ランチを堪能する。博多から長崎まで九州北部の名物駅弁を食べまくる鉄道グルメ旅。

 

②巻に登場する駅弁

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA 「山菜弁当 つわぶき」
【津和野駅】(弁当くぼた)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「うまか! 博多めんたい牛めし」

【博多駅】(博多松栄軒)

Shaomai 「長崎街道 焼麦弁当」
【鳥栖駅】(中央軒)
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「佐賀牛 極上カルビ焼肉弁当」

【武雄温泉駅】(カイロ堂)

D2S

「有田焼カレー」

【有田駅】(有田テラス)

E2S

「レモンステーキ弁当」

【佐世保駅】(匠庵)

F2S

「ながさき鯨カツ弁当」

【長崎駅】(くらさき)

 

②巻に登場する観光列車

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
JR西日本「〇〇のはなし」(萩~下関) 
OLYMPUS DIGITAL CAMERA 
平成筑豊鉄道「ことこと列車」(筑豊直方~行橋)

 

 

「ハマる輪泊」が合言葉。自転車を楽しむホテル

 

 2020年10月22日 星野リゾート BEB5土浦のグランドオープンプレス発表会に

参加してきました。

 

写真1
宮越俊輔 総支配人によるプレゼンテーション

 

 BEB5土浦の特徴をひと言でいうと「自転車を楽しむホテル」だそうです。

「ハマる輪泊」を合言葉に、サイクリング愛好家からそんなに自転車に興味のない人まで

 どんな自転車ニーズにも「ハマる」旅を提案するそうです。

 どんなもん?と、ちょっと興味が沸くでしょ?? これからご紹介させていただきます。

 

 場所は、JR土浦駅直結の駅ビル PLAYatre の3~5階部分。コレは便利!

 

写真2
ホテルエントランス

 

 客室数は90室。けっこう大きいです。2020年春にソフトオープンして、10月22日にグランドオープンを迎えました。今年の“コロナ禍”での開業、さぞやたいへんな船出?

 かと思いきや、ソフトオープンからここまで、GoToが始まる前から地元茨城や関東圏の人を中心にけっこう宿泊していただけたそうです。茨城初の星野リゾートブランドのホテルということで期待度も高かったようです。

 

 まずはフロント。設置してあるタブレットを操作して、人と接触せずにチェックインからチェックアウトまでできてしまう無人フロントが“withコロナ”の時代でもとっても安心!

写真3
無人フロント

 

 そしてフロントの前に拡がるのは、24時間利用可能な宿泊者専用のパブリックスペース「TAMARIBA」。みんなで自由に使える大きなテーブルやソファ。自転車好きには堪らない自転車関連の書籍や雑誌の蔵書があるマガジンラック。

写真4~6

 

また、24時間営業のカフェもあって、朝までコッチにいちゃうかも。ドリンクカウンターの生ビールサーバーには、なんとよなよなエールも!

 

写真7

 

そこは自転車愛に溢れた驚愕の!?

 

 なんと「TAMARIBA」には、ミキサーが付いていて自分で漕いで作動させ、スムージーとかが作れちゃうチャリもあります!(驚) 漕いで運動して、ヘルシーなスムージー飲んで。気分はもう中村アン?(記者が思う健康的イメージの有名人)

 

写真8
フェンダーブレンダー

 

 館内は自転車持ち込みOKなので、愛車といつも一緒にいられます。

 エントランスからフロント、TAMARIBA。そしてエレベーターから客室真ん前の駐輪ラックまで。人と自転車、共に宿泊客!?な扱いですね。

 

 そしてなんと、愛車を部屋まで持ち込んでもOKな「サイクルルーム」という特別な客室もあります。この部屋は、壁のラックに自転車をかけて置くこともできるので、いつ何時も愛車と離れ離れになることはありません!どんな高級車だって盗難の心配もなし!ってこんなホテルで誰も盗ったりしないと思いますが(笑)。

 

写真9

 

 さらにこの部屋は、「愛車と添い寝できる」もウリということで。。こんなこともOKだそうです!(この日はホテルスタッフの方々がお客さんに扮したモデル役をしてくれてました)

 

写真10
愛車と添い寝 ←ホントにこんなヒトいるんでしょうか?ww

 

 もうこの部屋は、とことん自転車愛好家(好事家?)にいたれりつくせりで、壁に掛けた愛車を眺めながらシャワーを浴びれてしまうガラス張りのバスルームも!!

 

IMG_4192-1
バスルーム

 

 そのほか随所に施された自転車好きの心をくすぐる数々の仕掛けも。

 

写真12
ギアを模した時計(今何時?というより何速??)

写真13
サイクルルーム特別の部屋着

 

 パブリックスペースには、整備もできるサイクルベースもあり。工具類も揃っているので、修理からチューンナップもできちゃいます。

写真14

 

 電車やクルマで来ちゃった。自転車持ってきてない。という“普通の旅行者”でも大丈夫。

 土浦周辺をサイクリングしたい人向けにレンタサイクルもあります。

 

写真15
ロードバイクからママチャリ、電動アシスト付きまで完備

 

 また、土浦は「サイクリングのまち 土浦」を掲げているだけあって、街から駅ビル、駅ビル内のお店に至るまで自転車愛に溢れています。

 

写真16
JR土浦駅改札

 

 駅ビルPLAYatreも自転車ユーザーにハートフルでユーティリティな設備がいっぱいでした!

 

写真17
収容台数も多く使い勝手の良さそうな駐輪場

写真18
駅ビル2階のお店の中まで愛車と一緒に入ることも!

 

 まち、駅ビル、BEB5土浦と、土浦は自転車天国! 

 チャリ好きは行くしかない!ゼッタイ!!

 

 

< 2021.05

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 
  • ANAファーストクラス採用の宮崎の高級生ハム

    ANAファーストクラス採用の宮崎の高級生ハム

    澄んだ空気と清冽な霧島山系の水をたたえる宮崎県小林市にて肉牛の肥育を祖父より3代続ける農場では、抗生物質を一切使わず、天然由来の飼料のみで育成を行っています。肥育に丹念に時間をかけ、均整の取れた立派な牛を仕上げているのです。
    安全安心への一つ一つの積み重ねが”牛養い”としての肝であり、確固たるプライドでもあります。
    宮崎牛の認定を受ける弊社の牛は、その食感、風味、後味まで、「牛肉」本来の美味しさを有しています。

ページトップアンカー