編集部通信

「ハマる輪泊」が合言葉。自転車を楽しむホテル


 

 2020年10月22日 星野リゾート BEB5土浦のグランドオープンプレス発表会に

参加してきました。

 

写真1
宮越俊輔 総支配人によるプレゼンテーション

 

 BEB5土浦の特徴をひと言でいうと「自転車を楽しむホテル」だそうです。

「ハマる輪泊」を合言葉に、サイクリング愛好家からそんなに自転車に興味のない人まで

 どんな自転車ニーズにも「ハマる」旅を提案するそうです。

 どんなもん?と、ちょっと興味が沸くでしょ?? これからご紹介させていただきます。

 

 場所は、JR土浦駅直結の駅ビル PLAYatre の3~5階部分。コレは便利!

 

写真2
ホテルエントランス

 

 客室数は90室。けっこう大きいです。2020年春にソフトオープンして、10月22日にグランドオープンを迎えました。今年の“コロナ禍”での開業、さぞやたいへんな船出?

 かと思いきや、ソフトオープンからここまで、GoToが始まる前から地元茨城や関東圏の人を中心にけっこう宿泊していただけたそうです。茨城初の星野リゾートブランドのホテルということで期待度も高かったようです。

 

 まずはフロント。設置してあるタブレットを操作して、人と接触せずにチェックインからチェックアウトまでできてしまう無人フロントが“withコロナ”の時代でもとっても安心!

写真3
無人フロント

 

 そしてフロントの前に拡がるのは、24時間利用可能な宿泊者専用のパブリックスペース「TAMARIBA」。みんなで自由に使える大きなテーブルやソファ。自転車好きには堪らない自転車関連の書籍や雑誌の蔵書があるマガジンラック。

写真4~6

 

また、24時間営業のカフェもあって、朝までコッチにいちゃうかも。ドリンクカウンターの生ビールサーバーには、なんとよなよなエールも!

 

写真7

 

そこは自転車愛に溢れた驚愕の!?

 

 なんと「TAMARIBA」には、ミキサーが付いていて自分で漕いで作動させ、スムージーとかが作れちゃうチャリもあります!(驚) 漕いで運動して、ヘルシーなスムージー飲んで。気分はもう中村アン?(記者が思う健康的イメージの有名人)

 

写真8
フェンダーブレンダー

 

 館内は自転車持ち込みOKなので、愛車といつも一緒にいられます。

 エントランスからフロント、TAMARIBA。そしてエレベーターから客室真ん前の駐輪ラックまで。人と自転車、共に宿泊客!?な扱いですね。

 

 そしてなんと、愛車を部屋まで持ち込んでもOKな「サイクルルーム」という特別な客室もあります。この部屋は、壁のラックに自転車をかけて置くこともできるので、いつ何時も愛車と離れ離れになることはありません!どんな高級車だって盗難の心配もなし!ってこんなホテルで誰も盗ったりしないと思いますが(笑)。

 

写真9

 

 さらにこの部屋は、「愛車と添い寝できる」もウリということで。。こんなこともOKだそうです!(この日はホテルスタッフの方々がお客さんに扮したモデル役をしてくれてました)

 

写真10
愛車と添い寝 ←ホントにこんなヒトいるんでしょうか?ww

 

 もうこの部屋は、とことん自転車愛好家(好事家?)にいたれりつくせりで、壁に掛けた愛車を眺めながらシャワーを浴びれてしまうガラス張りのバスルームも!!

 

IMG_4192-1
バスルーム

 

 そのほか随所に施された自転車好きの心をくすぐる数々の仕掛けも。

 

写真12
ギアを模した時計(今何時?というより何速??)

写真13
サイクルルーム特別の部屋着

 

 パブリックスペースには、整備もできるサイクルベースもあり。工具類も揃っているので、修理からチューンナップもできちゃいます。

写真14

 

 電車やクルマで来ちゃった。自転車持ってきてない。という“普通の旅行者”でも大丈夫。

 土浦周辺をサイクリングしたい人向けにレンタサイクルもあります。

 

写真15
ロードバイクからママチャリ、電動アシスト付きまで完備

 

 また、土浦は「サイクリングのまち 土浦」を掲げているだけあって、街から駅ビル、駅ビル内のお店に至るまで自転車愛に溢れています。

 

写真16
JR土浦駅改札

 

 駅ビルPLAYatreも自転車ユーザーにハートフルでユーティリティな設備がいっぱいでした!

 

写真17
収容台数も多く使い勝手の良さそうな駐輪場

写真18
駅ビル2階のお店の中まで愛車と一緒に入ることも!

 

 まち、駅ビル、BEB5土浦と、土浦は自転車天国! 

 チャリ好きは行くしかない!ゼッタイ!!

 

 

日本の美しい村 四季を堪能する絶景に出会う旅

★takato_001 S
長野県伊那市高遠町

 

 フジテレビが運営するWEBサイト「フジテレビュー‼」×「タビリスタ」のコラボ企画第4弾がアップされました! 新型コロナウイルスの影響で旅行ができない今、旅への欲求を高め、次の旅を妄想する期間に充てたい方にお届けするシリーズ企画【達人に聞く!次に旅するならココでしょ】、略して「ツギタビ」。4回目となる今回は弊社発行のムック『日本で最も美しい村オフィシャルガイド』から、本誌に掲載されている、「日本で最も美しい村」連合に所属する全国63町村の中から、春夏秋冬に分けてフジテレビュー!!が選りすぐりの絶景をピックアップ! 日本の美しい村の自立支援を行うNPO法人「日本で最も美しい村」連合事務局にお話を伺い、日本の村の魅力や活動についても紹介されています。ぜひチェックしてみてください!

 

【達人に聞く!次に旅するならココでしょ】
Vol.4
日本の美しい村 四季を堪能する絶景に出会う旅

 

 

 

無題

 

「日本で最も美しい村」連合とは?


 2005年、失ったら二度と取り戻せない日本の農山漁村の景観・文化を守りつつ、最も美しい村としての自立を目指す運動を支援するために、「日本で最も美しい村」連合は発足しました。

 自然と人間の営みが長い年月をかけて作り上げた本当に美しい日本を未来に残したい、小さくてもオンリーワンの輝きを持つ日本の美しい村を。―――それを理念に7つの町村からスタートし、2020年3月現在64までその数を増やしています。

 本書では、そんな村々にある“絶景”を中心に、郷土芸能やイベント、スポット情報など、それぞれの魅力を豊富なヴィジュアルとともに紹介しています。

 『TABILISTA』でも加盟市町村の情報を発信していくことになりました。詳細はこの「編集部通信」内でまたお知らせいたします。こちらもお楽しみに!

 

『日本で最も美しい村オフィシャルガイド』

監修 NPO法人「日本で最も美しい村」連合
編集 NPO法人フォトカルチャー倶楽部
仕様:A4 160ページ
定価:1300円+税
発売日:2020年3月23日

発行:双葉社

美しい村カバー修正0305

 

『日本で最も美しい村オフィシャルガイド』3/23発売!!

無題

 

「日本で最も美しい村」連合とは?


 2005年、失ったら二度と取り戻せない日本の農山漁村の景観・文化を守りつつ、最も美しい村としての自立を目指す運動を支援するために、「日本で最も美しい村」連合は発足しました。

 自然と人間の営みが長い年月をかけて作り上げた本当に美しい日本を未来に残したい、小さくてもオンリーワンの輝きを持つ日本の美しい村を。―――それを理念に7つの町村からスタートし、2020年3月現在64までその数を増やしています。

 本書では、そんな村々にある“絶景”を中心に、郷土芸能やイベント、スポット情報など、それぞれの魅力を豊富なヴィジュアルとともに紹介しています。

 『TABILISTA』でも加盟市町村の情報を発信していくことになりました。詳細はこの「編集部通信」内でまたお知らせいたします。こちらもお楽しみに!

 

『日本で最も美しい村オフィシャルガイド』

監修 NPO法人「日本で最も美しい村」連合
編集 NPO法人フォトカルチャー倶楽部
仕様:A4 160ページ
定価:1300円+税
発売日:2020年3月23日

発行:双葉社

美しい村カバー修正0305

 

茨城県のお土産、何買う?

文/編集部

 

 

 東京から近くて、美味しいものがたくさんある食材の宝庫、茨城県。東は太平洋に面していて海の幸に恵まれ、名産のあんこうは有名ですね。内陸部は関東平野が広がり、豊富な農産物の産地でもあります。生産量日本一を誇る作物も多く、平成29年度の農林水産省の統計では陸稲、蓮根、白菜、小松菜、青梗菜、水菜、レタス、ピーマン、メロン、栗、鶏卵…など、日本一だけでもすごい数ですね。では、茨城のおみやげというと、どんなものを連想しますか?

納豆? メロン? さつまいも?

 食材の宝庫である茨城県ですが、地理的に東京から近いということもあって、おみやげというと、これといった定番が見当たりません。そんな状況を打破するべく、県が主催して「茨城おみやげ大賞」という催しが行われるようになったのです。3年に1度開催され、“いばらきの「おいしい」をより多くの人にしってもらいたい”という想いが込められています。

 

 2019年の7月に第3回「茨城おみやげ大賞」が発表されました。この時から、新たに【旅みやげ部門】【いえみやげ部門】という2つのカテゴリーに分けられて、それぞれの部門ごとに3商品ずつ6商品が大賞に選出されるようになり、特別賞として「女子みやげ賞」「外国人OMIYAGE賞」が各2商品に授与されました。お土産に悩んだひとにとっては、ありがたい指標となっています。編集部ではそんな「茨城おみやげ大賞」について取材してみました。

 

【旅みやげ部門】大賞に選ばれたのは、以下の3品。

1561444425茨城めろんの片思い・茨城いちごの初恋・茨城さつまいもの出逢い
農業法人深作農園有限会社

1561447003木内梅酒
木内酒造合資会社

1561446850すいーとまろん
有限会社ナガタフーズ

 

 友人や職場に配りたい持ち運びしやすいということで選出された商品です。生産量日本一を誇るメロンは茨城県の名産品ですが、お土産にはしづらいですよね。でもメロンを使ったスイーツなら喜ばれること請け合いです。「茨城めろんの片思い・茨城いちごの初恋・茨城さつまいもの出逢い」は、メロンだけでなく、イチゴ、サツマイモという茨城自慢の産品を贅沢に使った逸品スイーツです。深作農園のある鉾田市は「食材の宝庫」茨城県の中でも、メロン、サツマイモの生産量が日本一であり、イチゴは生産額で全国2位という食材王国。そんな鉾田市で愛情いっぱいに育てられた食材そのもののおいしさを存分に味わえます。

 「木内梅酒」は、常陸野ネストビールで有名な木内酒造がつくるこだわりの梅酒。常陸野ネストビールNIPPONIAは、日本で開発されたビール麦の原種「金子ゴールデン」と、同じく日本で育種されていたホップ「ソラチエース」という2つの日本オリジナルの原料から醸造した、黄金色の輝きを持つビールで世界50ヵ国以上で親しまれているそう。その常陸野ネストビールを蒸留したスピリッツに梅の実を漬け込んだ味わい深い逸品です。梅の名所、偕楽園を有する茨城県だけに、酒好きの人にはお土産として重宝されそう。木内酒造がある那珂市は、水戸市やひたちなか市に隣接していて都市圏へのベッドタウンとして人口も増加しているそうですが、クラフトビールブームに沸く近年、注目のスポットでもあるのです。

 笠間市というと笠間焼が有名ですが、日本有数の栗の生産地で作付面積はなんと日本一なんです。そんな笠間で採れた美味しい栗を贅沢に使った焼き菓子「すいーとまろん」が誕生したのは、平成25年のこと。笠間では高品質な栗がたくさん収穫されているんですが、そのほとんどが原料栗として他県へ出荷されているそうです。地元産の栗を全国に紹介したいとの思いを込めて、つくられたのがこの「すいーとまろん」。ペースト状にした栗にブランデーが練り込まれ、ひとくち食べると、栗の風味が贅沢で上品で、栗がもつ素材の魅力を存分に堪能できます。栗自体が持つ甘さと職人の技が融合した焼き菓子なのです。食べやすい一口サイズなのも嬉しいですね。

 

【いえみやげ部門】大賞に選ばれたのは以下の3品。

1561449316「奥久慈卵のとろ~りクリームパン」
パン工房ぐるぐる

1551919899だるまわら納豆1本束
だるま食品株式会社

1561449532でせ~るふらん
株式会社小美玉ふるさと食品公社

 

 家族や自分に買って帰りたいということで選出された商品です。鶏卵の生産量でも日本一の茨城県。「パン工房ぐるぐる」は、茨城県食材を使用したご当地パン工房として人気のお店。「奥久慈卵のとろ~りクリームパン」は、地鶏で有名な奥久慈の卵を使用した自家製カスタードクリームはほっぺたが落ちるほどの美味しさ。牛乳も県内産のものを使用していて、同じく県内産小麦ゆめかおりを100%使用したパンとの相性はもちろん抜群です。いえみやげ部門で受賞していますが、手土産として喜ばれそうなおしゃれなギフト箱もあります。

 そして茨城といえば、やっぱり納豆ですよね。納豆一筋70年の老舗がつくるこの「だるまわら納豆1本束」は、県産の小粒大豆にこだわったわらつと納豆。「わらつと」とは「藁苞」と書き、稲わらを束ねて中にものを包むようにしたもののこと。古くからの伝統的な製法である「わらつと」に直接豆を包んで発酵させているので、わらの香りが風味を引き立て、パックの納豆にはない味わいを堪能できます。個包装になっているので持ち運びやすく、納豆の本場ならではのお土産として最適です。

 茨城空港がある小美玉市は起伏が少なく穏やかな気候で酪農が盛んで、生乳の生産量は県内1位です。「でせーるふらん」はそんな小美玉産の濃厚な生乳と鮮度の良い朝採り卵にこだわった窯出プリン。添加物や香料・保存料を使っていないので、素材の美味しさを引き出しています。クリームライン、カスタード層、カラメル層の3層構造になっていて、それぞれの美味しさを味わえるのも嬉しい。とことん小美玉産にこだわったちょっぴり贅沢な茨城のスイーツです。

 

 

 

1551961171-200x200
りんごまるごとバウムクーヘン」(豊田りんご園 未来工房
【女子みやげ賞】を受賞したこのバウムクーヘンは、文字通り本当にりんごが丸ごと入ったインスタ映えする逸品でボリューム満点!

 

【外国人OMIYAGE賞】には、茨城名物の干し芋を使った2品が選ばれた。どちらも県民に愛された伝統食の魅力を外国の方々にアピールできるおみやげです。

 


1552028187-1-200x200
茨城県ひたちなか特産ほしいも食べ比べセット」(株式会社クロサワファーム


1551617427-200x200
ほしいもグラノーラ 味噌味/りんご味」(ホテルクリスタルパレス[大成女子高等学校/一般社団法人i.club共同開発]

 

 

旅行や出張で茨城を訪れた際に、おみやげの候補として参考にしてみてください。
「茨城おみやげ大賞」

 

 

 

 

新刊文庫『台湾一周‼ 途中下車、美味しい旅』発売‼

7泊8日、気ままな台湾列車旅

 

『TABILISTA』でコラム「台湾の人情食堂」を連載中の光瀬憲子さんの新刊文庫、『台湾一周‼ 途中下車、美味しい旅』が、3月12日に発売されます。

 食の都・高雄から出発して、台湾を鉄道でぐるっと一周する7泊8日の列車旅。知らない町で途中下車して、ローカル食堂や市場、屋台で絶品料理&スイーツを味わう、そんな気ままなグルメ散歩を綴った紀行エッセイガイドです。早くのんびり旅行に行ける日が来ることを願いながら、春休みの読書にぴったりの1冊です。読んでいると、美味しいものが食べたくなりますよ。

 

『台湾一周‼ 途中下車、美味しい旅』

著・光瀬憲子 双葉文庫 本体700円+税

カバーA04

 

延岡テロワール(7)料理とは理(ことわり)を料(はか)ること。「きたうら善漁。」

取材・高山コジロー

 

 

 延岡市の「きたうら善漁。」の料理人 吉田善兵衛さんを訪れる。

 「TABILISTA」連載の第5回で山本益博さんが訪れているお店だ。

 『カウンターで展開される料理は、食材に最大の敬意を払った「のべおかテロワール」の日本料理の醍醐味を満喫できるはずです』。(連載より抜粋)

 

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 漁師をされていた吉田さんが、延岡の地に『きたうら善漁。』を開いたのは2008年。店を始めたのは、「お店を持ちたい」とか、「料理人になりたい」とかではないという。

 

 「漁師だったので、採ってきた魚をみなさんと分かちあいたい。そのためには、料理が絶対必要になる。それを自分がやっている」。

 「魚を一番美味しく食べさせることができるのは漁師さん。好みとかおいしさを超えた、真のおいしさがそこにはある。延岡の魚の真のおいしさを一番知っているのは、自分で魚を採っている延岡の漁師さん。だから誰かが、料理しなくてはいけない。料理人は、その真のおいしさに、お客さんをご案内するのが本来やるべきこと」。

 

 吉田さんは、料理とは、理(ことわり)を料(はか)ることだという。

 真のおいしさとは、時代の流行とか、人の好みではなくなく、本当の「真のおいしさ」だ。

 良いとか悪いとか、好きとか嫌いとかがなくなり、絶対的な価値観が、明確になるのではないか。だから驚きや面白さもいらない。

 味はきっかけであり、人と人との縁、出会いを大事にしているという。

 

 「魚の仕入れは自分で漁に行くこともあるが、自分の価値観を理解してくれている漁師さんが市場に出す前、まさに泳いでいるときから、自分のために選別してくれている。真においしい延岡の魚は、延岡に来ないと食べられない」。

 

 料理とは、理(ことわり)を料(はか)ることの意を再び問う。

 「不自然なことはしない。必要なことを必要なだけやる。料理とは決まっている。創作することではなく伝えること。自然の恵みをみなさんと分かちあいたい」。

 

 時代や流行は関係ない。あくまでも料理を究極する吉田さんは、自分の中の世界観のなかで、延岡でも人が寄り付かないところ、何にもない世界で新たに店をかまえたいという構想もあるという。

 

 「料理人とはなにか。真の自然の恵みをみなさんと分かちあう。パフォーマンスではなく、必然的な料理。お客さんのためではなく、その素材を分かち合う。それは家でやっていたこと。だから本来あるべき価格帯 10,000円ぐらいでやりたい。そして一年に一度でもいい。延岡の人、日本全国の人、世界中の人が来てくれるような店にしたい」。

 

 お話しを伺いながら、吉田さんの料理が食べてみたくなった。残念ながら予約でいっぱいかなわなかった。その吉田さんが「東九州バスク化構想」のイベントに参加する。

 「延岡の魚がおいしく食べられるのは、東京ではなく延岡。舌先は一緒だけど、本当は違う、ということをイベントで知ってもらいたい」。

 吉田さんの料理とは、理(ことわり)を料(はか)ること。期待が膨らむ。

 

 

IMG_7995

日本料理 きたうら善漁。

 

http://zenryomaru.jp

住所/宮崎県延岡市本町1-3-14

問い合わせ/0982-31-0051

営業時間/18:00~22:00 (L.O. 21:30)※要予約 定休日/日曜日

 

 

< 2020.11

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 
  • オランダ王室御用達の塩漬けニシン

    オランダ王室御用達の塩漬けニシン

    オランダ王室御用達の「クラウンマッチェス」が日本に上陸したとの報を受け、漁港めぐり編集部のスタッフが噂の「生ニシンの塩漬け」の試食取材を敢行してきました。スケベニンゲン港のとろニシン試食レポート!

  • 「韓国ドラマの魅力を深く味わう」講座開講中!

    「韓国ドラマの魅力を深く味わう」講座開講中!

     読売・日本テレビ文化センター「よみうりカルチャー」錦糸町センターにて、TABILISTAでも連載中の『韓国TVドラマガイド』編集部スタッフ・高橋尚子が講師を務める講座『韓国ドラマの魅力を深く味わう』が開講中です。

     講座は月1回、4月~6月期は第2週土曜日13時30分~15時、7月~9月期は第4週土曜日13時30分~15時。話題の韓国ドラマの見どころなどをわかりやすく紹介していきます。

     講座の詳細は以下の「よみうりカルチャー」のホームページをご覧ください。期の途中からの受講も可能です。ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

ページトップアンカー