編集部通信

『琉球島猫百景』日めくりカレンダー予約受付中!

 タビリスタにて連載中のコラム『琉球島猫百景』から、日めくりカレンダーが誕生しました!
「世知辛い世の中をしなやかに、たくましく、水のようにゆるりと生きている琉球・沖縄の島猫たちからのメッセージ」が、31 枚の美しい写真と島猫言葉で綴られた短冊形の日めくりカレンダーです。(撮影・デザイン/仲程長治)

 

島猫日めくり


 美しくも厳しい自然の中で暮らす、島猫たちの佇まいと「生き抜く哲学」が、毎日の暮らしをぴりっと引き締めてくれます。
 琉球の陰翳美あふれる大人の島猫写真集として、31日間繰り返し眺めて、じわじわとお楽しみください。
 2018年7月8日の発売に先駆けて、下記の映画公式ショップで特典付きで予約受付中です!

*島猫映画Nyaha!公式ショップ→https://nyaha.official.ec/

 

 

『神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。』発売!

 6月の新刊書籍発売のお知らせです。滋賀県近江八幡市にある賀茂神社の神主・岡田能正氏の著作が、双葉社より発売になりました。

 タイトルは『神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。』~1200年続く神社の神主が教える、神様との正しいご縁の作り方~ぜひ、お読みください。

「苦しい時の神頼み」の前にやるべきこととは?

かばんを床に置かない/誰も見送ってくれなくても「行ってきます」と言う/朝シャワーを浴びる/お風呂から上がった後、自分の体をじっくり見る/「いただきます」は浄化の言葉/玄関に入る前に邪を祓う……など、神社に行かなくても日常生活の中で神様と上手に繋がれる方法。

世界一心配性と言われる日本人。そんな私たちを守るため、山、海、森…そして都会にも神様がいるのです。

奈良時代から続く滋賀県近江八幡市にある賀茂神社は、陰陽道の祖としても語られる吉備真備が「天上から光が柱のごとく降り注ぎ、大地の気を発する場所」として、国の災いを封じ込めるための神社を建てるにふさわしい場所を探し出したとされています。ここ賀茂神社の禰宜である著者が、かつての日本人は当たり前に知っていた「神様とつながる知恵」を紹介します。

 

●双葉社神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。

定価:本体1400+税 発行:双葉社

 

CoH1Jinjyaniittemo

 

 なお、著者・岡田氏のイベントも予定されています。お近くの方、ぜひ奮ってご参加ください。

 

●新刊『『神社に行っても神様に守られない人、行かなくても守られる人。』』刊行記念!
著者・岡田能正氏 によるイベントも全国各地で開催予定です。

詳しくは『賀茂神社』
http://www.kamo-jinjya.or.jp/
にてご確認ください。

 

「TABILISTA」では、近日中に賀茂神社のある滋賀県近江八幡市を含む、日本有数のパワースポット琵琶湖を巡る旅をお届けします。先行して発売された女性ファッション誌『Luana』とのコラボレーションで、彦根・近江八幡・坂本・比叡山を巡り、歴史と自然に癒される女子旅。今秋に近江八幡市を拠点に開催される国際芸術祭「2018 BIWAKOビエンナーレ」の最新情報も加えながら、知られざる滋賀県の魅力をご紹介します。お楽しみに!

 

BB18 Beyond
古民家再生アート 「BIWAKOビエンナーレ」
公式サイト https://energyfield.org/biwakobiennale/

 

よみうりカルチャー講座『韓国ドラマの魅力を深く味わう』開講中!

 

*講座のお知らせ

 読売・日本テレビ文化センター「よみうりカルチャー」錦糸町センターにて、TABILISTAでも連載中の『韓国TVドラマガイド』編集部スタッフ・高橋尚子が講師を務める講座『韓国ドラマの魅力を深く味わう』が開講中です。

 講座は月1回、4月~6月期は第2週土曜日13時30分~15時、7月~9月期は第4週土曜日13時30分~15時。話題の韓国ドラマの見どころなどをわかりやすく紹介していきます。

 講座の詳細は以下の「よみうりカルチャー」のホームページをご覧ください。期の途中からの受講も可能です。ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

http://www.ync.ne.jp/kinshicho/kouza/201804-08800060.htm

 

 

*TABILISTA連載『恋する!旅する!韓国ドラマ』↓配信中!

http://tabilista.com/cat/global5/korea-drama/

 

 

『韓国TVドラマガイド』Vol.76 好評発売中!

『韓国TVドラマガイド』は隔月(偶数月)22日発売。最新号76号(4月22日発売)の表紙はナム・ジュヒョク。若手注目スターのジュヒョクの魅力を、主演作『ハベクの神話』の紹介とともに、たっぷり紹介しています。そのほか、最新情報やインタビュー、ドラマ解説など、今号も内容盛りだくさん。内容詳細は目次をご覧ください。全国の書店、ネット書店で好評発売中!!

韓国76表1_4comp03

 

 なお、次号『韓国TVドラマガイド』vol.77は、6月22日発売です!

 

『韓国TVドラマガイド別冊保存版 最新ドラマ相関図ガイド好評発売中!

韓国TVドラマガイド別冊_最新

 

 

餃子消費量・全国5位! 宮崎県・三股町の特産餃子を食べてみた!

 40年間人口が増え続ける町のニューフェース
 

 

  3月某日、度々、日本全国の食のイベントが開催される日本橋CAFESTで・宮崎県三股町の特産餃子の試食会が開催されると聞きつけ、行ってきました! その名も「町の特産品ギュギュっと餃子メディア試食会」。

 試食の前に、三股町副町長や実際に移住した方からの三股町の紹介、「TABILISTA」の現地取材報告、各地で餃子イベントを開催している焼き餃子協会会長の話などが続いていき、知られざる三股町や餃子の魅力が集まったメディア関係者に伝えられました。

 宮崎県の南西部・都城盆地に位置する三股町は、日本全国の市町村で過疎化が進んでいる中、なんと40年間人口が増え続けている町とのこと、中でも年少人口は県内一という。
 また、宮崎県は餃子の消費量が全国5位(ちょっと前までは3位)で、県民にとって餃子は県民食みたいなものらしいのです。そんな中、三股町の餃子店「生餃子製造直売831(ハチサンイチ)」が、地元の野菜と肉にこだわったオリジナル餃子を開発&販売したところ、「美味しい!」「おしゃれ!」と地元で大評判になり、今回の東京での試食会となったのでした。
 

 そんな話を聞きつつ、会場の厨房を覗いてみると、見たこともないビジュアルの餃子が!ピンクに、飛び出した葉物…!? 

 

IMG_9179

 

 

IMG_9181

写真上/鮮やかな色合いの「梅しそ餃子」、飛び出した葉物の餃子は「プチヴェール餃子」。下/餃子は831のスタッフが実際に焼いてくれました。

 

 

 いよいよ試食タイム。とりあえず、餃子が焼かれている間に、他ブースの見学へ。

 三股町役場の人たちも、おおわらわでカレー専門店「トプカ」のチキン南蛮カレーを盛り付けしています。頭には三股町の特産ごま「みまたんごま」を模したかぶり物が! ちなみに国産のごまは、0.1%しか流通していないというから、かなり貴重なごまなのです。

そして、「プチヴェール餃子」が焼き上がりました。プチヴェールは、ケールとキャベツの交配でできた栄養満点な野菜らしいです。まさかこのオシャレ野菜が餃子になるとは! 評判になるわけです。


 

IMG_9178

 

IMG_9183

写真上/三股町役場の人たちが大奮闘。カレーコーナーには、宮崎和牛やジビエの猪カレーなど美味しそうなカレーが揃っていました。下/焼きたてのプチヴェール餃子。皿に並んでもすぐになくなる人気ぶり!

 

 

 餃子と相性バツグンな三股町の極上どぶろく

 

 今回の試食会では、三股町のどぶろくも振る舞われました。「みやむら」は麹の粒が残ったドロドロの濃厚などぶろくで、どぶろく好きにはたまらないはず。もう一種、こちらも三股町のどぶろぐ「百姓の微笑み」は黒米を使用しているため、美味しそうなピンク色に。
餃子の油っぽさには、どぶろくの酸味・甘み・濃さがすごく合い、餃子もどぶろくもいくらでもいけそうです!  

 

 

IMG_9174

 

IMG_9184

写真上/「百姓の微笑み」は、白もある。下/餃子とどぶろくは最高のペアリング!

 


デザートで出されたのはよく冷えた「どぶろく大福」と「どぶろくジェラート」。「どぶろく大福」は、大福の皮にどぶろくのもろみが練り込んであり、中にホワイトチョコが入っていました。この日本初の「どぶろく大福」は全国からお取り寄せが殺到しているとか。「どぶろくジェラート」は、餃子の後口にぴったりなスッキリとした味わいです。

 

 

IMG_9193

 

IMG_9194

写真上/三股町で生まれた「どぶろく大福」。下/アルコール0.8%以下の大人のデザート「どぶろくジェラート」。

 

 

 

美味しい食べ物とお酒、朗らかな三股町の人たちとの会話で、楽しい試食会の時間はあっという間に終了となりました。

 

 

ところで、三股町に隣接するのは、ふるさと納税額で日本一を誇る都城市。その特産物の質の高さで有名ですが、三股町だって負けてはいません。

これまでも高品質な農畜産物を生み出してきた三股町ですが、本格的な全国区へのデビューはこれからとか。

今回のお披露目会を機に、年末には日本中に「三股町」の名を轟かせることになっている予感が…!

ここでは伝えきれない三股町の魅力は、現地取材レポートで近日中にお届けします。どうぞお楽しみに!

 

IMG_9195

 

 

 

島猫映画『Nyaha!Part#0』(ニャハ!パートゼロ)上映のお知らせ

TABILISTA連載『琉球島猫百景』の写真家・仲程長治さんが監督を務める島猫映画『Nyaha!』。映画の情報は連載でも紹介してきましたが、プロローグ編にあたる『Nyaha!Part#0』が、今週沖縄で開催される『島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭』にて、いよいよお披露目されます。「島猫の楽園」と呼ばれる南の島・ニャハ島に暮らす猫たちの物語、上映は4月20日、那覇・桜坂劇場にて。

 上映の詳細は下記↓の映画祭公式サイトをご覧ください。

*作品情報 http://oimf.jp/movie/detail/62/

*チケット情報 http://oimf.jp/ticket/?id=free

 

shimaneko

©シマネコキネマ 2018

 

 TABILISTA編集部スタッフも島猫大使(シマネコ・ニャンバサダー)の一人として、桜坂の上映会に行ってきます。追ってレポートをお届けしますので、お楽しみに!

『ブーツの国の街角で』執筆・田島麻美さんが出演するTⅤ番組が放映されます

NHK BSプレミアム『二度目のローマ』は超ローカル編! 
 

SAMSUNG DIGITAL CAMERA


ローマ、ニューヨーク、香港など、誰もが知っている有名な観光地を二度目に旅するなら? 一度目ではなかなかできなかった、ディープな穴場を巡ったり、その土地ならではの体験がしたいですよね。
そんな疑似体験型の旅番組に、毎回知られざるイタリアの魅力を発見できると評判の『ブーツの国の街角で』執筆・田島麻美さんが、「ローマの案内人」として出演! ローマの暮らしがわかる裏道やローマっ子に人気のスポットなどを紹介していきます。
なんと、田島さんのご自宅もでてきて、イタリア人の旦那さんも出演されるそうです!!
これは見逃せない! ぜひともご覧下さいね!!

 

■番組  NHK BSプレミアム『二度目のローマ』
■放映日 2月13日(火)22:00〜   *再放送 2月20日(火)8:00~

■番組HP http://www4.nhk.or.jp/2ndvisit/x/2018-02-13/10/24790/2475145/

 

 

< 2018.06

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

  • オランダ王室御用達の塩漬けニシン

    オランダ王室御用達の塩漬けニシン

    オランダ王室御用達の「クラウンマッチェス」が日本に上陸したとの報を受け、漁港めぐり編集部のスタッフが噂の「生ニシンの塩漬け」の試食取材を敢行してきました。スケベニンゲン港のとろニシン試食レポート!

  • 「韓国ドラマの魅力を深く味わう」講座開講中!

    「韓国ドラマの魅力を深く味わう」講座開講中!

     読売・日本テレビ文化センター「よみうりカルチャー」錦糸町センターにて、TABILISTAでも連載中の『韓国TVドラマガイド』編集部スタッフ・高橋尚子が講師を務める講座『韓国ドラマの魅力を深く味わう』が開講中です。

     講座は月1回、4月~6月期は第2週土曜日13時30分~15時、7月~9月期は第4週土曜日13時30分~15時。話題の韓国ドラマの見どころなどをわかりやすく紹介していきます。

     講座の詳細は以下の「よみうりカルチャー」のホームページをご覧ください。期の途中からの受講も可能です。ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

ページトップアンカー