料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#58

第56回 「東京・下町篇」

文と写真・山本益博

天ぷらやぐち穴子海老天丼1500円

 

 


浅草、上野、根岸、根津、南千住、人形町

「美味しいものを食べるのではなく、ものを美味しく食べること」

 


   私が生まれ育ったのは、正確に言うと台東区永住町(現在の元浅草)で、落語家の古今亭志ん生、作家の池波正太郎、それに永六輔ゆかりの、典型的な東京の下町です。 

 

1浅草;助六 (1)浅草「助六」にて

 

   日曜日になると、家族で外食、出かけるのは、もっぱら浅草で洋食の「ヨシカミ」かとんかつの「河金」でした。たまに連れて行ってもらえたすし屋が、創業慶応2年の「弁天山美家古寿司」でした。浅草で最も古いすし屋の1軒で、ここの四代目の親方にすしの食べっぷりが気に入られ、十代の後半、浅草の老舗はじめ、東京の洋食や中華の名店に誘ってもらい、「美味しいものを食べるのではなく、ものを美味しく食べること」を教わったのでした。「味覚」だけでなく、「食べ方」の特訓を受けたのですね。
 

 

3浅草弁天山鐘撞き堂浅草「弁天山鐘撞き堂」

 

2 浅草弁天山美家古寿司慶応2年創業「弁天山美家古寿司」

 

 そばは辛いつゆで有名な「並木藪蕎麦」鰻は肝吸いがわずか50円の「初小川」でした。
 親方は「並木藪」では、「そばは喰うとか啜るとか言わない、手繰るっていうの」とか、「東京っ子は、天ぷらそばや鴨南蛮など温かいそばは注文しない、冷たいもりそばを手繰るんだ」と少々やせ我慢の台詞を言うのでした。後年、「並木藪」に一人で出かけた折、禁を破って「鴨南蛮」を注文し、あまりの美味しさにびっくりしたものでした。今でも、私の「鴨南蛮」の一番は「並木藪」です。

 

5浅草並木藪ざる1

「並木藪蕎麦」のもりそば

 

4浅草並木藪

「並木藪蕎麦」

 

「どぜう(どじょう)」は「飯田屋」へ連れていかれましたが、私の好みは「駒形どぜう」。あの、籐敷の大広間の雰囲気は下町浅草ならではで、どじょうは夏の風物詩、独特の空気が漂っています。冬には通称「蹴とばし」、吉原の馬肉の「桜なべ中江」は、お酉様の晩、真夜中に連れて行ってもらいました。
 

 

8駒形どぜう;まるなべ「駒形どぜう」のまるなべ

 

7駒形どぜう;店内「駒形どぜう」の店内

 

6駒形どぜう玄関

「駒形どぜう」浅草本店

 

 20代になって、一人で出かけるようになって知ったのが、上野の洋食「ぽん多」です。上野にはとんかつ御三家と呼ばれる「双葉」「蓬莱屋」「ぽん多」があり、どちらも子供が食べられる値段のとんかつ、カツレツ、ひれかつではありませんでした。なかでも「ぽん多」は明治38年創業の老舗で、令和になっても「カツレツ」は東京最高レベルです。「タンシチュー」も名物ですが、忘れてはならないのがフライもので、「きす」「あなご」とりわけ「はしら」のフライは傑作です。
 先年「双葉」がなくなりましたが、御三家のほかにも「平兵衛」というとんかつ専門店も忘れることができない名店でした。
 

 

10ぽん多;タンシチュー「ぽん多」のタンシチュー

 
9ぽん多;はしら3「ぽん多」のはしら

 

11ぽん多;経木しながき「ぽん多」のしながき

 

 

 根岸の「香味屋」も忘れてはなりません。洋食というより、西洋料理。コンソメ、ステーキ、ムニエル、グラタンなど、フランス料理の下町版で、いまはジューシーなメンチカツで評判をとっています。

 

 

12香味屋;メンチカツ2「香味屋」のメンチカツ

 

   根岸を取り上げるのならば、ついでに根津の「釜竹」のうどんを紹介しましょうか。
  10年ほど前に大阪・羽曳野市からやってきたうどん専門店で、釜揚げうどんが人気ですが、私は、細打ちの冷たいざるうどん一本鎗。日本一のうどんと言って間違いありません。
   現在、ロンドンにいる娘の絵理が帰国すると、必ず、家族で出かける店がこの「釜竹」です。
 

 

13釜竹1 (1)

「釜竹」のざるうどん


 あとは、日比谷線の入谷駅から5分ほどの南千住の鰻の「尾花」。大串の蒲焼が名物です。
 

 

15尾花;蒲焼「尾花」蒲焼

 

14尾花;玄関「尾花」

 

 最後は、人形町に7月1日開店したばかりの「天ぷらやぐち」。開店早々に家内と出かけました。江東区福住のてんぷらの名店「みかわ是山居」出身の職人さんが、昼は天丼のみですが、夜はリーズナブルな値段で、見事なてんぷらを揚げています。
 

 

  天ぷらやぐち穴子海老天丼1500円

「天ぷらやぐち」昼の穴子海老天丼

 

18人形町天ぷらうにの大葉包み揚げ

「天ぷらやぐち」の大葉包み揚げ

 

17人形町天ぷらやぐち稚鮎

「天ぷらやぐち」の稚鮎

 

19人形町天ぷらやぐち矢口さん

「天ぷらやぐち」のご主人矢口さん

 

 

次回は、赤湯です。
 

 

 

 

 

■「弁天山美家古寿司」

 

住所/台東区浅草2-1-16

 

問い合わせ/03-3844-0034

 

http://www.bentenyama-miyakosushi.com/ja/

 

 

■「並木藪蕎麦」

 

住所/台東区雷門2-11-9

 

問い合わせ/03-3841-1340

 

 

■「「ぽん多 本家」

 

住所/台東区上野3-23-3

 

問い合わせ/03-3831-2351

 

 

■「香味屋」

 

住所/台東区根岸3-18-18

 

問い合わせ/03-3873-2116

 

http://www.kami-ya.co.jp/honten/

 

 

■「根津 釜竹」

 

住所/文京区根津2−14−18

 

問い合わせ/03−5815−4675

 

http://kamachiku.com

 

 

■「尾花」

 

住所/荒川区南千住5-33-1

 

問い合わせ/03-3801-4670

 

 

■「天ぷらやぐち」

 

住所/中央区 日本橋人形町 2-9-7 大江戸アクセス2 1F

 

問い合わせ/03-3527-3701

 

 

*この連載は毎月25日に更新です。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」「立川談志を聴け」など著作多数。 最新刊は「東京とんかつ会議」(ぴあ刊)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー