旅する&恋する! 韓国ドラマ

旅する&恋する! 韓国ドラマ

#50

韓流歴史紀行〈11〉屈辱の象徴「三田渡の碑」

文と写真・康 熙奉(カン ヒボン)

  ソウル・ロッテワールドの近くの公園に「三田渡(サムチョンド)の碑」というものがある。これは、朝鮮王朝の最大の屈辱を今に伝える石碑だ。果たして、その屈辱とは何なのだろうか。

 

11-1

ソウルの蚕室(チャムシル)にある「三田渡の碑」

厳寒期の籠城生活

 それは、1636年12月のことだった。

 旧満州(現在の中国東北部)を支配した強力な「後金」が、国号を「清」と変えたあとに10万人を越える大軍で朝鮮半島に攻めてきた。

 当時、朝鮮王朝の国王は16代王の仁祖(インジョ)だった。

 彼は清の強さを恐れて、都の王宮を逃げ出し、漢江(ハンガン)の東南側にある南漢山城(ナマンサンソン)に籠城した。

 ここは、古代の百済(ペクチェ)の初代王が城を築いたとされている。以後も歴代王朝によって改築されてきた。

 一緒に城にこもったのは官僚たちと兵士の1万3千人だった。彼らは、食糧も満足になかったので、飢えに苦しんだ。

 しかも、厳寒期で寒さが生半可ではなかった。

 

11-2

碑の表側にはモンゴル文字と満州文字で歴史的な経緯が書かれてある

 

 籠城しているときの仁祖は、食べるものもわずかで、固い床にムシロを敷いて寝ていた。国王ですらこの有様なので、兵士に至っては最悪の生活ぶりだった。

 確かに、南漢山城は防御に適した城なのだが、籠城するだけでは清に対抗することはできない。

三田渡の屈辱

 城の中では意見が真っ二つに分かれた。

「降伏すべきだ」

「徹底抗戦しなければならない」

 高官たちは激しく言い争った。

 最後はあまりの飢えと寒さで籠城が不可能になって、40日あまりで仁祖は降伏せざるをえなくなった。

 1637年1月、清の皇帝の前に引っ張りだされた仁祖は、地面に額をこすりつけて何度も謝罪をした。

「国王があんなぶざまな姿になって……」

 そばにいた官僚たちは慟哭(どうこく)したという。

 このとき、仁祖が謝罪した場所が漢江(ハンガン)のほとりの三田渡であった。歴史的には「三田渡の屈辱」と言われる。

 ただし、屈辱は謝罪だけでは終わらなかった。

 

11-3

碑の裏側には漢字が刻まれている

 

 清は朝鮮王朝に対し、石碑を建てて歴史的な経緯を形で残すことを要求した。

 それを朝鮮王朝は拒むことができず、碑は1639年12月に建立された。

 正式名称は「大清皇帝功徳碑」と言う。

めまぐるしく変わる石碑の運命

 碑の文章は、清に降伏した経緯や、清の皇帝を讃える内容となっている。

 碑の表側の左にモンゴル文字、右に満州文字、裏側には漢字が刻まれた。

 これだけの文字が刻まれているので、碑は17世紀における3つの言語を研究するうえで重要な第一級の史料となっている。

 

11-4

「三田渡の碑」の案内板

 

 1895年、日清戦争で清は日本に敗北して朝鮮半島での影響力を失った。

 当時の朝鮮王朝を統治していた26代王・高宗(コジョン)は、碑文の屈辱的な内容に我慢できなかった。

 そこで、石碑を地面に埋めるように王命を発した。

 こうして、せっかく地中に埋まった石碑だが、植民地時代の1913年に日本の指示で掘り返された。

 さらに、1956年には韓国政府の指導によって再び石碑は地面に埋められた。

 このあたりは、石碑の扱いがめまぐるしく変わっている。

 結局、石碑は1963年に洪水が起こったときに再び地上に姿を現したので、最終的に史跡第101号に指定された。

 2010年、石碑は本来あった位置に最も近い場所に移設されて、現在に至っている。その場所はソウルの蚕室(チャムシル)で、ロッテワールドの近くである。

 

11-5

「三田渡の碑」のすぐ近くに555メートルのロッテワールドタワーがそびえている

 

*筆者・康 熙奉のプロフィール&近況はtwitterをご覧ください→https://twitter.com/kanghibong

 

*康 熙奉の新刊『韓国ドラマ&K-POPがもっと楽しくなる! かんたん韓国語読本』(双葉社)が、3月19日に発売になります。ただいま予約受付中! 詳しくはこちらをご覧ください→https://www.futabasha.co.jp/booksdb/book/bookview/978-4-575-31537-0.html

 

*本連載は月2回配信(第1週&第3週木曜日)予定です。次回もお楽しみに!

 

 

●『韓国TVドラマガイド』最新号87号、好評発売中‼

『韓国TVドラマガイド』最新号87号の表紙&巻等特集には久々にヒョンビンが登場! 新作ドラマ『愛の不時着』についてのインタビュー&超!素敵な胸キュン写真をたっぷりお届けします。ヒョンビンの大ヒット作『シークレットガーデン』『私の名前はキム・サムスン』など過去作品から最近の出演映画まで、過去作品も一挙に紹介。

 ドラマ特集では、パク・ボゴム主演作『ボーイフレンド』全話魅どころをネタバレご免で徹底解説。ドラマインタビューでは、チ・チャンウク『僕を溶かしてくれ(原題)』、ヤン・セジョン&ウ・ドンファン『「私の国(原題)」、ソン・スンホン『偉大なショー(原題)』他、今号もスターが勢ぞろい。ぜひお近くの書店やインターネット書店でお買い求めください!!

 

韓国87表1_4comp02ok

 P001_contents087NK2020

発行:双葉社 定価:本体1200円+税

 

 

●『韓国TVドラマガイド別冊保存版 相関図ガイド2020』好評発売中!!

 韓国ドラマは相関図が面白い! 詳細相関図146作、全話魅どころ徹底解説、Pick Up Starインタビューは、チ・チャンウク、パク・ボゴム、エル(キム・ミョンス)、チョン・ヘイン、ナム・ジュヒョク、ヤン・セジョン、ソ・ガンジュンほか。大好評!『韓国TVドラマガイド』別冊保存版、最新2020年版。

 発行:双葉社 定価:本体1600円+税

 

別冊相関図ガイド2020_表1_4N

978-4-575-45821-3_1

978-4-575-45821-3_2

 

 

★講座のお知らせ

 読売・日本テレビ文化センター「よみうりカルチャー」錦糸町センターにて、『韓国TVドラマガイド』編集部スタッフ・高橋尚子が講師を務める講座『韓国ドラマの魅力を深く味わう』が開講中です。講座は月1回、第4週土曜日13時30分~15時。話題の韓国ドラマの見どころをわかりやすく紹介していきます。講座の詳細は以下の「よみうりカルチャー」のホームページをご覧ください。期の途中からの受講も可能です。ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

https://www.ync.ne.jp/kinshicho/kouza/202001-08800060.htm

 

 

『韓国TVドラマガイド』編集部

韓国のTVドラマ、映画、K-POP総合情報誌『韓国TVドラマガイド』(双葉社スーパームック・偶数月20日発売)編集部。本誌では人気スターのインタビューやドラマの詳しい解説、DVDリリース情報、テレビ番組表、現地エンタメの最新情報も掲載。編集部公式ツイッターはこちら→https://twitter.com/kankoku_tvguide

双葉社スーパームック好評発売中!

ISBN978-4-575-45825-1

韓国TVドラマガイド vol.86

ISBN978-4-575-45815-2

韓国TVドラマガイド   vol.85

ISBN978-4-575-45805-3

韓国TVドラマガイド vol.84

ISBN978-4-575-45799-5

韓国TVドラマガイド vol.83

 

 

 

旅する&恋する! 韓国ドラマ
バックナンバー

その他のWORLD CULTURE

ページトップアンカー