旅する&恋する! 韓国ドラマ

旅する&恋する! 韓国ドラマ

#48

韓流歴史紀行〈9〉政変の舞台となった徳寿宮

文と写真・康 熙奉(カン ヒボン)

  現在の徳寿宮(トクスグン)は、ソウル市庁舎の斜め前にある。かつては慶運宮(キョンウングン)と呼ばれていた。入ってみると、王宮としては敷地が狭い。実は、かつての敷地は現在の3倍もあったのだが、植民地時代に分割されたうえに売却され、今のように狭くなってしまったのだ。

 

9-1

徳寿宮の正殿となる中和殿(チュンファジョン)

1623年の政変

 慶運宮(現在の徳寿宮)はもともと、9代王・成宗(ソンジョン)が兄のために造った離宮だった。

 1592年、正宮の景福宮(キョンボックン)が豊臣軍との戦乱の中で焼失すると、近くにあった慶運宮が行宮(ヘングン/仮の王宮)となった。

 この慶運宮が歴史的に重要なのは、15代王・光海君(クァンヘグン)が廃位になるときに、主要な舞台となったからだ。

 話は1623年3月13日のことだ。

 王族の綾陽君(ヌンヤングン)が率いたクーデター軍が王宮に入り込んだ。

 綾陽君は光海君の甥だが、弟が光海君に殺されていた。あまりに優秀すぎて、王位を奪いかねないと警戒された結果だった。綾陽君は復讐を決意した。

 彼は用意周到に準備を重ねて決起した。すでに内通者の協力を得ており、王宮の護衛兵たちも光海君に反旗を翻した。

 光海君は捕らえられた。綾陽君は私憤によって政変を起こしたのだが、現実的には誰もが納得する大義名分を掲げる必要があった。

 そこで、綾陽君は慶運宮に幽閉されていた仁穆(インモク)王后のもとに使者を送った。彼女から光海君の廃位を公式的に認めてもらうためだった。

 

9-2

徳寿宮の正門は大漢門(テハンムン)と呼ばれる

 

 もともと仁穆王后は、光海君の父であった14代王・宣祖(ソンジョ)の晩年の正室だったが、王位継承問題がもつれて、息子を光海君によって殺害されていた。そして、自らも慶運宮に軟禁されたのだ。

 仁穆王后にとって光海君は、この世に2人といない仇だった。

 しかし、意外なことが起こった。仁穆王后が使者を叱り飛ばしたのだ。

復讐を果たした仁穆王后

 慶運宮に仁穆王后の怒声が響き渡った。

「10年間も幽閉されていたのに、今まで誰も見舞いに来なかった。いまさら何のために、お前たちはのこのこやってきたのか」

 使者は追い返された。

 あわてて、綾陽君が慶運宮にやってきて、中庭でひれ伏した。

 その真摯な姿に仁穆王后の怒りも解けた。

 綾陽君は感極まって号泣した。そこへ仁穆王后が現れた。

 

9-3

正殿の前に建つ中和門(チュンファムン)

 

「泣くのをやめてください。大きな慶事を成し遂げたのになぜ泣くのですか」

 そう声をかけた仁穆王后はさらに続けた。

「逆魁(ヨククェ/光海君のこと)は私の幼い息子を殺害して私を別宮に幽閉しました。まさか、今日のような日がくるとは、夢にも思いませんでした」

 復讐を遂げた仁穆王后は、高揚感を抑えきれず、さらに続けた。

「私が直接、逆魁の首を斬り落としたい。10年間の幽閉生活を生きのびてこられたのは、ひとえにこのときを待っていたからです」

 綾陽君に付き添っていた臣下が答えた。

「昔から追放された君主について、臣下の者たちがあえて刑罰を論じることはありませんでした。今まさに下された命令を受け入れることは難しいのですが……」

 仁穆王后の表情が変わった。

 

9-4

中和殿は1904年の大火で焼失したが1906年に再建された

 

「私にはかならず晴らさなければならない怨みがあり、これだけは絶対に譲ることができないのです」

 仁穆王后は執拗に光海君の斬首を主張した。しかし、廃位にした王をさらし首にすることだけは、綾陽君も絶対にできなかった。

落日の徳寿宮

 辛抱強く綾陽君は仁穆王后を説得した。

 最終的には仁穆王后が折れた。彼女は不本意ながら綾陽君の言うことに従った。

 こうして光海君は斬首を免れて島流しとなった。

 一方、綾陽君は光海君に代わって16代王・仁祖(インジョ)として即位した。クーデターを起こすまでは行動力が卓越していたのに、国王になってからの仁祖は失政続きであった。そういう意味では、朝鮮王朝にとって仁祖の即位は慶事ではない。

 19世紀末に慶運宮は再び歴史の表舞台となる。

 朝鮮王朝は国号を1897年に「大韓帝国」に改めたが、その皇帝即位式を行なったのが慶運宮であった。

 しかし、大韓帝国は国力の衰退が激しかった。

 慶運宮も王宮としての威厳を示すこともできず、1904年には大火に遇って主要な建物を焼失した。

 

9-5

敷地内では貴重な文化財も展示されている

 

 不運続きを改めようとして、1907年に縁起がいい「徳寿宮」に改められた。しかし、名称だけを変えても、どうしようもなかった。

 その末に、徳寿宮は植民地時代に敷地を大幅に削られてしまったのである。

 

 

*筆者・康 熙奉のプロフィール&近況はtwitterをご覧ください→https://twitter.com/kanghibong

 

*本連載は月2回配信(第1週&第3週木曜日)予定です。次回もお楽しみに!

 

 

●『韓国TVドラマガイド』最新号86号、好評発売中‼

『韓国TVドラマガイド』最新号86号の表紙&巻等特集には待望のユン・シユンが登場。貴重な過去のインタビューエピソードや写真もまじえながら、デビュー10年の軌跡をたっぷり紹介。さらに最新主演作『サイコパス・ダイアリー(原題)』情報もお届けします。

 ドラマ特集では、パク・ボゴム『ボーイフレンド』、ナム・ジヒョク『まぶしくて―私たちの輝く時間―』、ソ・ガンジュン『キミはロボット』、ヤン・セジョン『私の国(原題)』他をインタビューや詳細相関図とともに紹介。

 さらに、チョン・ヘイン、チャン・ギヨンなど、今大注目の俳優特集、「2019年韓ドラ振り返り!」対談や年末番組表など、冬休みにじっくり楽しめる内容盛りだくさんです。ぜひお近くの書店やインターネット書店でお買い求めください!!

 

韓国86表1_4NK2OL

 P01_contents_2018

発行:双葉社 定価:本体1200円+税

 

 

●『韓国TVドラマガイド別冊保存版 相関図ガイド2020』好評発売中!!

 韓国ドラマは相関図が面白い! 詳細相関図146作、全話魅どころ徹底解説、Pick Up Starインタビューは、チ・チャンウク、パク・ボゴム、エル(キム・ミョンス)、チョン・ヘイン、ナム・ジュヒョク、ヤン・セジョン、ソ・ガンジュンほか。大好評!『韓国TVドラマガイド』別冊保存版、最新2020年版。

 発行:双葉社 定価:本体1600円+税

 

別冊相関図ガイド2020_表1_4N

978-4-575-45821-3_1

978-4-575-45821-3_2

 

 

★講座のお知らせ

 読売・日本テレビ文化センター「よみうりカルチャー」錦糸町センターにて、『韓国TVドラマガイド』編集部スタッフ・高橋尚子が講師を務める講座『韓国ドラマの魅力を深く味わう』が開講中です。講座は月1回、第4週土曜日13時30分~15時。話題の韓国ドラマの見どころをわかりやすく紹介していきます。講座の詳細は以下の「よみうりカルチャー」のホームページをご覧ください。期の途中からの受講も可能です。ぜひ皆さまのご参加をお待ちしております。

https://www.ync.ne.jp/kinshicho/kouza/202001-08800060.htm

 

 

『韓国TVドラマガイド』編集部

韓国のTVドラマ、映画、K-POP総合情報誌『韓国TVドラマガイド』(双葉社スーパームック・偶数月20日発売)編集部。本誌では人気スターのインタビューやドラマの詳しい解説、DVDリリース情報、テレビ番組表、現地エンタメの最新情報も掲載。編集部公式ツイッターはこちら→https://twitter.com/kankoku_tvguide

双葉社スーパームック好評発売中!

ISBN978-4-575-45815-2

韓国TVドラマガイド   vol.85

ISBN978-4-575-45805-3

韓国TVドラマガイド vol.84

ISBN978-4-575-45799-5

韓国TVドラマガイド vol.83

ISBN978-4-575-45786-5

韓国TVドラマガイド vol.82

 

 

 

旅する&恋する! 韓国ドラマ
バックナンバー

その他のWORLD CULTURE

ページトップアンカー