料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#48

フランス・モンサンミッシェル

文と写真・山本益博

 

ル・コキャージュのオマール

 

 

 

世界遺産「モンサンミッシェル」と
カンカルのレストラン「レ・コキャージュ」に


 

 

 世界遺産の「モンサンミッシェル」へ行ってまいりました。
 と言っても、第1の目的は、「モンサンミッシェル」からほど近いカンカルにあるレストラン「レ・コキャージュ」です。
 パリからTGV(新幹線)で終点のサンマロまで行き、そこからカンカルまではタクシーです。かつて、このカンカルには「メゾン・ド・ブリクール」という3つ星のレストランがありました。ブルターニュのこの一帯は海の幸が豊かで、とりわけ「オマール・ブルー」と呼ばれるオマール海老は世界一と呼ばれるほど有名です。このオマール・ブルーや海の幸に香辛料を巧みに組み合わせたオーナーシェフ、ピエール・ロランジェの料理は世界中の食いしん坊を魅了しました。

 

カンカル港の牡蠣
カンカル港の牡蠣

 

 

 

 

 

 

 私も、30年前と15年前の2度ほどレストランへ伺い、活きの良い、青みがかった黒褐色のオマールが鮮やかな紅白の海老に変身した料理に舌鼓を打ちました。ところが、数年前、ロランジェさんが、「ミシュラン」の3つ星を返上して、惜しまれながら店を閉めてしまいました。3つ星を維持するのに疲れたとか、レストランより海洋の問題に乗り出し、世界を廻るのに忙しくなったとかの噂が立ちました。
 フランスの名店で修業した息子のユーゴーが、店を継ぐのではなく、同じカンカルで立ち上げたレストランが「レ・コキャージュ」です。その名も「甲殻類」で、前菜から主菜まで肉なしの魚介で構成されたメニューが売り物です。昨年「ミシュラン」にいきなり2つ星で初登場しました。「これは出かけなければ」と、早速、パリから足を延ばしたわけです。
 アミューズから貝を中心とした甲殻類の料理のオンパレード。主菜のオマール海老がココナッツと組み合わされて調理されていました。サービスも若い女性が中心で、ブルターニュの寒村とは思えぬほど颯爽としていてスマートでした。
 
 
ル・コキャージュの帆立貝
帆立貝
 
ル・コキャージュのオマール
オマール海老

 

 

 

 

 

 

 カンカルの海岸沿いのホテルに泊まり、翌日は、モンサンミッシェル観光です。じつは、15年前ここへやってきたとき、忘れ難い経験をしました。家族3人と姉と呼ぶほどの親しい知人の4人で出かけたのですが、レンタカーの車を野っぱらの駐車場にとめて、あの長い土手の道を歩き、モンサンミッシェルに着いたのはいいのですが、しばらくしているうちに、海の向こうに黒い雲がぽつんと見えると、みるみる大きくなって近づいてくるではありませんか。これはいけない、すぐに車に戻ろうと帰り始めたのですが、土手のところで土砂降りの雨にあってしまいました。駐車場に戻っても、雨の中、どこに自分たちの車があるのか分かりません。ずぶぬれになりながら、ようやくのことで車に戻りました。こういう思い出は決して忘れられないものです。

 

 

 

 

 

 
 今回は秋晴れの快晴です。ただし、駐車場は遠くに整備され、そこからモンサンミッシェルまでバスに乗って、土手ではなく桟橋を渡りました。今度は、時間をかけてくまなく見て廻りました。階段を上り、上層からのブルターニュの眺めは壮大でした。
 
 
モンサンミッシェルの桟橋
モンサンミッシェルの桟橋

 

 

 

 

 

 

モンサンミッシェル遠景
モンサンミッシェル遠景

 

モンサンミッシェルを背景に
モンサンミッシェルを背景に

 

昼ご飯をモンサンミッシェルの名物レストラン「メール・プーラール」で巨大なオムレツを食べました。当然、魚介の料理も豊富で、モンサンミッシェルのムール貝は、日本に輸入されるほど有名です。

 

 

メール・プーラールのオムレツ
名物のオムレツ
 

メールプーラールの前で
「メール・プーラール」の店頭で

 

次回は、東京です。

 

 

「Le Coquillage」(レ・コキャージュ)

問い合わせ/+33 02 99 39 64 76
住所/La Table des Maisons de Bricourt au Château Richeux,Le Buot – 35350 Saint-Méloir-des-Ondes

■「LA MERE POULARD(ラ・メール・プーラール)

住所/Grande Rue, 50170 Le Mont-Saint-Michel

https://lamerepoulard.com/en/home2/


*この連載は毎月25日に更新です。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」「立川談志を聴け」など著作多数。 最新刊は「東京とんかつ会議」(ぴあ刊)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー