料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#47

パリのフォアグラと お鮨とホテル朝食

文と写真・山本益博

 

繝ェ繝・ヵ繧壹ヵ繧ゥ繧「繧ッ繧吶Λ

 

 

 

「ブラッスリー・リップ」のフォアグラ、
素敵な寿司屋「SUSHI-B」のにぎり、
「ホテル・ル・ブリストル」のクロワッサン

 

 今から46年前、1973年10月21日、生まれて初めてヨーロッパへ旅立ち、アムステルダム経由で、パリの地に着きました。25歳の時でした。

 その晩、出かけて行った店が、サンジェルマン・デ・プレにある「ブラッスリー・リップ」でした。「ブラッスリー」とはビール醸造所が語源で、アルザス地方の料理が売り物の高級食堂と言ったところです。

 なぜ、この店を選んだかというと、当時のわたしは日本からレストランの予約するすべを知らず、もちろんクレジットカードなどは持っておらず、パリに着いた当日は、いわゆる「ミシュラン」の星付きレストランへは出かけられなかったのです。もう一つの理由は、フランスへ出かけて最初に食べるのは「フォアグラ」と決めていて、「ブラッスリー・リップ」ならば、フォアグラの産地として有名なアルザスは「ストラスブールのフォアグラ」があるに違いないと、見当をつけていたからでした。

 ホテルからメトロを乗り継いで、サンジェルマン・デ・プレに着くと、大通りに面してある「リップ」はすぐに見つかりました。2階の席に案内され、手渡されたメニューを見ると、「ストラスブール産のフォアグラ」がありました。これを前菜に取り、主菜には「ソール・ムニエル(舌平目のムニエル)」を選び、パリで食べる本物のフランス料理に舌鼓を打ちました。フォアグラの持ち味は、鵞鳥の脂の香りだったのですね。それまで、日本で食べていたフォアグラは缶詰や陶器に詰められていて、酸化したフォアグラだったのでした。

 これがどうして「世界の三大珍味」と不思議でしょうがなかったのですが、本物に出会うと、いっぺんに謎が解けるのでした。

 

繝ェ繝・ヵ繧壹ヵ繧ゥ繧「繧ッ繧吶Λ
見事なフォワグラ

 

繝ェ繝・ヵ繧壼、冶ヲウ
「ブラッスリー・リップ」外観

 

繝ェ繝・ヵ繧夐」溷S・jpg
「ブラッスリー・リップ」店内

 

 
 その後は、ホテルのコンシェルジュにお願いして、レストランの予約をし、パリの「ラセール」リヨンの「ポール・ボキューズ」ヴィエンヌの「ピラミッド」など、連日、本物にして最高のフランス料理を食べ歩きました。
 
 パリへ戻ってくると、胃袋はバターやクリームではなく、御飯や醤油を恋しがるのですが、当時は、日本料理店はありましたが、どこも高価で、パリまで来たのにもったいなくて出かけられませんでした。
 
 今でしたら、すし、そば、うどん、ラーメンの専門店が数えきれないほどあります。今年、パリに出かけて、素敵な寿司屋を見つけました。酢めしにきちんと酢が利いていて、握りの形のよい立派なにぎりで、半世紀ほど前とは隔世の感です。その名を「SUSHI-B」。「すしびー」と呼んでしまいそうですが、フランス語では「B」は「べい」、つまり「鮨兵衛」。とても粋な名前ではありませんか。

 

 

SUSHI-B蛻コ霄ォ
お刺身

 

SUSHI-・「縺ォ縺阪y繧企ョェ
鮪のにぎり

 

SUSHI-・「縺ォ縺阪y繧企ーコ
鯵のにぎり

 

 そして、久しぶりにホテル「ブリストル」で朝食をとりました。25年ほど前、世界のホテルを泊まり歩いていた時、朝食のオレンジジュース、半熟ゆで卵、それにクロワッサンとカフェオレ(パリでは、カフェ・クレームと言います)を定点観測し、「ブリストル」のオレンジジュースとクロワッサンが出色でした。

 

繝輔y繝ェ繧ケ繝医Ν縺ョ譛晞」S・jpg
「ル・ブリストル」の朝食

 

繝輔y繝ェ繧ケ繝医Ν縺ョ繧ッ繝ュ繝ッ繝・し繝ウ
クロワッサン

 

 

 今回食べてみて、その感想はいまだに狂いがありません。クロワッサンは、手に持つとしっとりとしていて、食べるとはらりと崩れて、バターの香りが高く、小麦粉の味わいが格別です。こういうクロワッサンをいただくと、パリにやってきたなあといつも感じます。

 

次回は、上海です。

 

 

「Brasserie Lipp」(ブラッスリー・リップ)

問い合わせ/+33 01 45 48 53 91
住所/151, boulevard Saint-Germain 75006 Paris

https://www.brasserielipp.fr/ja/

■「SUSHI B Paris

住所/5 rue Rameau 75002 Paris
問い合わせ/+33 01 40 26 52 87

https://sushi-b-fr.com/index_japanese.html

 

■「Hotel Le Bristol」(ホテル・ル・ブリストル)

住所/112 RUE DU FAUBOURG ST.HONORE, Paris

*この連載は毎月25日に更新です。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」「立川談志を聴け」など著作多数。 最新刊は「東京とんかつ会議」(ぴあ刊)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー