東南アジア全鉄道走破の旅

東南アジア全鉄道走破の旅

#46

ミャンマー国鉄の迷路〈番外編6〉

文・下川裕治

 本連載のタイ・ミャンマー編は、好評発売中の双葉文庫『東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編』に収録されています。連載#41からはミャンマー鉄道旅の特別番外編として、取材時の写真と動画を数回にわたって掲載しています。ぜひ、文庫とあわせて、臨場感たっぷりの写真と動画で東南アジアローカル鉄道旅をお楽しみください。(編集部より)

 

 

ヤンゴンからダウェイへ

 

 ヤンゴン駅からのびるコンピュータ大学線に乗車。そのあと、飛行機でダウェイに飛行機で飛んだ。ダウェイからダウェイポートまで列車に乗るはずだったが……。

 

 

ヤンゴン駅を発車した列車は、しばらく環状線区間を進む。ヤンゴン市内の線路脇はゴミ捨て場?

 

前半1

コンピュータ線はこれまで乗ったミャンマーの列車とは客層が違う。終点のコンピュータ大学以外に主だった駅はない

 

前半2

終点のコンピュータ大学に着いた。駅から大学へ行ってわかったが、学生の大半はバス通学。列車は1日2本しかないから、しかたないか

 

前半3

ヤンゴンから南部のダウェイまでは飛行機を使った。ミャンマー国内ではじめて乗るジェット機だった

 

前半4

線路の先はみごとな草むら。ここを列車が走るはずなのだが。

顛末は『東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編』で……

 

 

*ミャンマー番外編は今回で終わりです。次回からは、新編がスタートします。

 

 

●好評発売中!!

双葉文庫『東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編』

発行:双葉社 定価:本体639円+税

 

東南アジア全鉄道制覇1cover


 

 

*2012年のミャンマー鉄道旅行記は、双葉文庫『不思議列車がアジアを走る』に収録されています(第三章ミャンマー ヤンゴン環状線「窓ガラスのない木造列車は、南国のスコールも吹き込む」)。そちらもぜひお読みください。

 

 

*本連載は月2回(第2週&第4週木曜日)配信予定です。次回もお楽しみに!

 

 

se-asia00_writer

著者:下川裕治(しもかわ ゆうじ)

1954年、長野県松本市生まれ。ノンフィクション、旅行作家。慶応大学卒業後、新聞社勤務を経て『12万円で世界を歩く』でデビュー。著書に『鈍行列車のアジア旅』『不思議列車がアジアを走る』『一両列車のゆるり旅』『タイ語の本音』『世界最悪の鉄道旅行 ユーラシア横断2万キロ』『「裏国境」突破 東南アジア一周大作戦』『週末バンコクでちょっと脱力』『週末台湾でちょっと一息』など、アジアと旅に関する紀行ノンフィクション多数。『南の島の甲子園 八重山商工の夏』で2006年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。WEB連載は、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週日曜日に書いてるブログ)、「クリックディープ旅」(いまはユーラシア大陸最南端から北極圏の最北端駅への列車旅を連載)、「どこへと訊かれて」(人々が通りすぎる世界の空港や駅物)「タビノート」(LCCを軸にした世界の飛行機搭乗記)。

紀行エッセイガイド好評発売中!!

東南アジア全鉄道制覇1cover

東南アジア全鉄道制覇の旅

タイ・ミャンマー迷走編

se-asia00_book01

鈍行列車のアジア旅

se-asia00_book02

不思議列車がアジアを走る

se-asia00_book03

一両列車のゆるり旅

東南アジア全鉄道走破の旅
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る