料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#40

赤湯

文と写真・山本益博

 

赤湯「瀧波」米沢牛、置賜豚

 

 

 

赤湯温泉の宿「瀧波」
最高の温泉と豊かな味を味わう

 

TBSラジオの早朝人気番組「生島ヒロシのおはよう一直線」に、かれこれ15年以上「名店案内」で毎月レギュラー出演しています。今年の正月、生島ヒロシさんから直々に薦められたのが、赤湯温泉の宿「瀧波」でした。リニューアルして1年ほど、全室露天風呂で、料理もとても美味しいとのことでした。
ご紹介していただいて2か月ほどたった3月上旬、夫婦で出かけてゆきました。山形新幹線にはほとんど縁がなかったのですが、乗ってみると、東京―赤湯間はわずか2時間余りの旅でした。
「瀧波」は街の一番端の大きな敷地に建っていました。足を一歩踏み入れると、街の音は一切聞こえず別世界。1階の部屋には大きな石をくりぬいた露天風呂がついている、静寂にして、清潔な宿です。
夕方チェックインすると、16時30分からロビーで、山形名物「花笠踊り」の歓迎デモンストレーションがあり、さらに、そのあとカウンター席の食堂で、「そば打ち」の実演があります。見ているうちにお腹が空いてきて、一風呂浴びて、夕食となりました。
 

 

 

赤湯「瀧波」花笠踊り

「花笠踊り」でお出迎え
 

 

赤湯「瀧波」露天風呂

全室露天風呂付き

 

赤湯「瀧波」ふたり2

妻の美穂子と

 

コの字型のカウンターでの食事は、従来の旅館の部屋出しと違い、料理は出来立てでサービスされるので、冷めることがありませんし、料理人さんの調理する姿が見られるので、料理が一層美味しく感じられます。
山形・置賜の地場の野菜を巧みに使いこなし、置賜豚や米沢牛を主菜に、米どころ山形の美味しいご飯で食事を盛り上げてくれました。この赤湯のある南陽市で米作り農家の黒澤信彦さんは、20年前に秋田県大潟村で開かれた「米作り日本一コンテスト」で優勝され、そのコンテストの審査委員のひとりだった私は、それがご縁で、黒澤さんが作る米を我が家でもいただいています。そのご飯をいただけて、なんとも嬉しくなりました。
そして、最後は夕方打ったそばで食事の締めくくりです。
 

 

赤湯「瀧波」米沢牛、置賜豚

賜豚と米沢牛のステーキ

 

 

赤湯「瀧波」そば

打ち立てのそばで締めくくり

 

 

翌日の朝食もカウンターの食堂でいただきました。焼き魚に海苔に卵といった旅館定番の朝食でなく、焼き魚はこぶりな「めひかり」、ご飯は「つや姫」、自家製味噌の味噌汁は飛び切りの美味しさでした。
 

 

じつは、東京から早めの新幹線で来たため、昼食を赤湯のイタリア料理店で食べました。街道沿いにぽつんとあるトレーラーハウスのような可動式のレストランです。
その名を「IL LEGARE」。パスタランチをいただいたのですが、前菜のサラダからして出来合いの体裁だけのサラダと違い、野菜が生き生きとしかも美しく盛り付けられていました。カリフラワーのピューレで食べさせるそのサラダは目の覚めるような美味しさでした。鱈とからすみのスパゲッティも秀逸で、聞けば、オーナーシェフは、庄内・鶴岡の名店「アルケッチャーノ」で料理長を務めていた方でした。
 

 

赤湯;IL REGALEサラダ

みずみずしく美しいサラダ
 

 

赤湯;IL REGALEスパゲッティ

鱈とからすみのスパゲッティ

 

「瀧波」に来たら、必ずまた出かけたいと思ったのが、ランチの後に訪れた「狸穴焙煎所」という名の珈琲専門店です。赤湯の街中から車で30分走らせた現代版峠の茶屋風珈琲専門店。店内にはビートルズ、オードリー・ヘップバーンがコーヒーを飲む写真が飾られ、コーヒーを淹れる主人とサービスするマダムの粋でおしゃれな趣味を窺わせます。丁寧に淹れられたコーヒーをゆっくりと味わうひとときは至福の時間でした。

 

 

狸穴焙煎所;コーヒー

器も趣がある

 

狸穴焙煎所;写真

コーヒーを楽しむ往年のスター写真

 

狸穴焙煎所;外観

峠の茶屋風珈琲専門店

 

 

 

 

次回は、ベルギー・ゲントです。
 

 

 

 

 

■「山形座 瀧波」

 

 

住所/山形県南陽市赤湯3005


問い合わせ/0238-43-6111
 

 

http://takinami.co.jp

 

 

 

■「IL LEGARE」(イル レガーレ)」

 

 

住所/山形県南陽市若狭郷屋506-2


問い合わせ/0238-20-6282


営業時間/11:30~14:30 18:00〜22:00


定休日/月曜日、日曜日夜

 

 

■「狸穴焙煎所」

 

 

山形県上山市狸森1198-8


営業時間11:00~18:00  


定休日/月曜・火曜(祝日営業)

 

http://www.mujinamori-roasterie.com

 

 

*この連載は毎月25日に更新です。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」「立川談志を聴け」など著作多数。 最新刊は「東京とんかつ会議」(ぴあ刊)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー