料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#38

鳥取・余呉

文と写真・山本益博

 

かに吉;かに寿し

 

 

 

 

鳥取「かに吉」から余呉「徳山鮓」へ
飛行機と列車を乗り継いだ贅沢な長旅

 

2018年10月、例年通り「ミシュラン京都・大阪2019」が出版されました。ただし、2019年版には「+鳥取」とついていて、今回のみ鳥取が加わりました。鳥取県庁が「ミシュラン」に陳情して、特別に「鳥取」篇をつけてもらったわけです。もちろん、お願いするだけではダメで、タダで実現できたわけでもありません。

この「ミシュラン京都・大阪+鳥取2019」で、鳥取の「かに吉」が2つ星に輝きました。(鳥取は3つ星なしで、2つ星が2軒のみ)この「TABILISTA」の第1回で「鳥取」を取り上げ、「かに吉」をご紹介しましたが、その時には夢にも思わなかったことで、これまで陽の当らなかった店に星の光を当ててくださった「ミシュラン」を褒めてさしあげたい、そして何より、鳥取県庁の平井知事に感謝です。

「ミシュラン」の2つ星の定義は「遠回りしてでも出かける値打ちのある料理」ということです。蟹は、東京から京都へ出かけて食べるより、遠回りしてでも鳥取でいただきなさいという訳です。

 

かに吉;ミシュランミシュラン2つ星に輝く

 

 

「かに吉」この3年で随分と進化しました。親蟹と呼ばれる雌の蟹の身を自分でほぐし、用意された酢飯に自ら盛り付けて作る「かに寿し」は、とても美味しい一皿です。さらに、トーストしたパンに蟹の身を挟んだ「クラブハウスサンドイッチ」は、「CLUB」と「CRAB」をかけた遊び心満載の逸品です。

 

 

かに吉;松葉蟹松葉がに

 

かに吉;かに寿しかに寿し

 

かに吉;クラブハウスサンドイッチクラブハウスサンドイッチ

 

「ミシュラン」では「蟹みそ」「焦げていない焼き蟹」「雑炊」が特記されていますが、それらは「かに吉」の蟹料理のスペシャリテです。東京、関西で蟹を召し上がって満足されている方、一度、鳥取まで足を運んでみてくださいまし。今まで食べてきた蟹は何だったのだろうか、と必ず思うはずです。

 

かに吉3・2かにみそ蟹みそ

 

かに吉;焼き蟹焼き蟹

 

かに吉3・2魂炊「魂炊」と呼ぶ雑炊

 

かに吉3人ご主人と一緒に


 

鳥取へは東京から全日空で日帰りできるほど便利ですが、せっかくなら泊りがけで出かけることをお薦めします。このところの定宿は、鳥取駅からほど近い、そして「かに吉」にも歩いていける距離にある「ホテルグリーンモリス」です。安全・清潔、格安で泊まることができます。

 

 

ホテルグリーンモリス鳥取グリーンホテルモーリスの外観

 

翌日は鳥取を朝早く出て、岡山で特急から新幹線に乗り換え、米原を経由して在来線で余呉まで、「徳山鮓」の熊鍋を食べに出かけました。「徳山鮓」は鮒ずしの名店ですが、夏は鰻、冬は熊鍋が名物。前菜は鹿、猪のテリーヌから始まり、続いて、目の前の鏡湖で釣れたわかさぎの天ぷら。

 

 

徳山鮓;前菜鹿、猪鹿、猪のテリーヌ

 

てんぷら徳山鮓;わかさぎのわかさぎの天ぷら

 

そして、お待ちかねの熊鍋です。しゃぶしゃぶにすると、ロースの脂身がたちまち溶けて、香り高く甘みの優しい肉に変身します。

いままで、前菜の次に出ていた名物鮒ずしが、今回は鍋のあとに出て、効果的でした。そして、最後は雑炊で締めです。
 

 

徳山鮓;熊鍋2熊鍋
 
 

徳山鮓;熊鍋香り高く甘みの優しい熊肉
 

 

徳山鮓;鮒すし名物鮒ずし


 

徳山鮓;玄関「徳山鮓」玄関

 

東京―鳥取―余呉―東京と飛行機と列車を乗り継いだ長旅でしたが、なんとも贅沢な「蟹熊倶楽部」となりました。

次回は、パリです。
 

 

 

 

■「かに吉」

 

住所/鳥取県鳥取市末広温泉町271
問い合わせ・予約/0857-22-7738
営業時間/17:30~22:30(要予約)
定休日/不定休
http://www.kaniyoshi.com

 

 

■「鳥取グリーンホテルモーリス」

 

住所/鳥取県鳥取市今町2-107
問い合わせ/0857-22-2331
http://www.hotel-morris.co.jp/tottori

 

■「徳山鮓」

 

住所/滋賀県長浜市余呉町川並1408
問い合わせ・要予約/0749-86-4045
営業時間/昼12:00~14:30 夜18:00~21:00
http://www.zb.ztv.ne.jp/tokuyamazushi

 

 

*この連載は毎月25日に更新です。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」「立川談志を聴け」など著作多数。 最新刊は「東京とんかつ会議」(ぴあ刊)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー