料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#28

シンガポール

 

 

1516408427333

 

 

シンガポール最高峰のレストラン
「ANDRE」「Joel Robuchon」「CANDLENUT」を訪れる

 

 

 

■2月に閉店したレストラン「ANDRE」へ

 

 シンガポールのシンボル、マーライオンは時々「化粧直し」でお休みするらしい。昨年同じ時期に出かけたときは、像がシートで覆われていましたが、今年はいつものように口から元気に噴水です。やはり、マーライオンがいないとシンガポールへ来た気がしません。 
 さて、今回はある旅行会社(JTB)のツアーコンダクターになってのシンガポールのワーキングホリデーの旅であります。仕事ですから家内を同伴しておりません。 
 第1の目的は、レストラン「ANDRE」です。昨年暮れ、2018年2月に店を閉めてしまうとインターネットで告知したところ、世界中から予約が殺到しました。それでなくとも予約が困難の店ですが、ツアーを企画したのが昨年秋、それが功を奏して、8名ものグループがシェフズテーブルで食事をいただくことができました。「OCTAPHILOSOPHY」という8つのテーマを持った料理が出てくるテイスティングメニューは、アンドレ・チャンシェフのアイデア満載の料理とデザートで、時間を忘れて楽しみました。 
 もうひとつのお楽しみは「Joel Robuchon」です。世界に展開している「ジョエル・ロブション」ですが、シンガポールにもあり、セントーサ島のレストランは「ミシュラン」シンガポール篇で唯一3つ星に輝いている店です。 
 昨年秋から、シェフが交替し、新しいシェフはフランス国籍の韓国人。ロブションの信頼を得て、「清潔・繊細・優美」なロブションスタイルのフランス料理を展開しています。テーブルを囲んだ皆さんも大満足でした。 
 最後に出かけた「CANDLENUT」は、プラナカン料理が売り物のレストラン。プラナカンとは、マレー系と中華系の混在を示す言葉だそうで、シンガポールならではの郷土料理と言えばいいでしょうか? 
中華にインド料理の香辛料が添えられた料理の印象で、とても馴染み易いアジアンテイストでした。 
 あとは、来る度に訪れる中国料理の「利苑LeeGarden」インド料理の「SHISHMAHAL」チキンライスの「文東記」で、どこも安心してご案内できる店ばかりです。 
ツアーに欠かせないのは観光ですが、今回は天気にも恵まれたので動物園まで足を運びました。そこにいましたのがパンダです。東京では赤ちゃんが生まれて大騒ぎですが、シンガポールの動物園では、我々以外に誰もおらず、パンダを独り占めしました。 
「ANDRE」のアンドレ・チャンは故郷の台湾へ戻って店を開くそうです。この店が無くなってしまうと、私のシンガポールツアーも半減してしまうかもしれません。 

 

 

 

 

 

■「ANDRE(アンドレ)」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym28_2 ym28_4  

   シェフのアイデア満載の美しいデザート

アンドレ・チャンシェフ    

 

 

 

 

■「 ロブション」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

 

ym28_3 ym28_6  

 ロブションのDNAを受け継ぐ繊細で優美な料理
 

シンガポール唯一のミシュラン三つ星レストラン

 
 

 

 

 

■「CANDLENUT」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym28_7    

  香辛料の効いたアジアンテイストの料理
 


 

 
 

 

 

ym28_9    

     シンガポール伝統のプラナカン料理「CANDLENUT」
 

 
 

 

 

 

 

ym28_1 ym28_5 ym28_8

  ホテルの客室からベイサンズの眺め
 

 

      化粧直しされたマーライオン

シンガポール動物園「リバーサファリ」のパンダ
 

 

 

 

■「「ANDRE(アンドレ)」

 

2018年2月14日閉店
 

 

■「Joel Robuchon」

 

住所/8 Sentosa Gateway Hotel Michael Level1 Resorts World Sentosa, Singapore 098269
問い合わせ/+65-6577-6688
営業時間/18:00-23:00
定休日/日曜日・月曜日


https://www.joel-robuchon.com/en/restaurants-singapour-joelrobuchon.php

 

■「CANDLENUT」

 

住所/Block 17A Dempsey Road, Singapore 249676
問い合わせ/1800 304 2288 (Local calls only)
営業時間/12:00–15:00 18:00–22:00(日ー木曜日) 18:00–23:00(金、土曜日、祝日)
無休

http://comodempsey.sg/restaurant/candlenut

 

 

■「シンガポール動物園」

 

住所/80 Mandai Lake Road Singapore 729826
+65-6269-3411
営業時間/8:30~18:00
無休

https://www.wrs.com.sg/en/singapore-zoo/

 

 

*この連載は毎月25日に更新です。次回は香港へ。

 

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」「立川談志を聴け」など著作多数。 最新刊は「東京とんかつ会議」(ぴあ刊)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー