料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#27

鳥取

 

 

1517707609508

 

 

冬の鳥取へ蟹の旅
「かに吉」の松葉蟹フルコースを堪能

 

 

■今回は娘と一緒に親子旅

  ここ数年、毎年必ず鳥取の「かに吉」へ出掛けています。多いときは、12月に1回、年開けてシーズンが終了する3月末までに2回ほど仲間を誘っては出掛けています。それほどに「かに吉」は魅力的です。この連載でも1度取り上げていますが、再登場です。前回は妻の美穂子と出掛けましたが、今回はロンドンから帰国中の娘を連れて出掛けました。 
「かに吉」の松葉蟹のフルコースは、「蟹みそ」にはじまり、刺身、焼き、フライと続きます。まず誰しもが「蟹みそ」でいきなりノックダウン。濃厚で濃縮した蟹のエキスの結晶とでも言いましょうか。えぐみがなく、舌と脳髄がしびれます。酒が最高に活きる一品です。生の蟹の脚には、醤油をつけすぎると味が台無しになるということで、スポイドで醤油を数滴垂らします。焼きといっても、焦げ目が全くありません。香ばしいのはよしとしても、焦げ臭は禁物。 
  そうして、鍋となります。(12月中ですと親蟹といって雌の小さい蟹も食べられ、この身やみそを使って蟹すしも作ってくれます)蟹を存分に楽しんだあとは「魂炊」と呼ぶ雑炊が待っています。「かに吉」の2時間半は、東京からわざわざ飛んでくる価値のある「至福の時間」です。毎年、「かに吉」詣でが欠かせないわけです。 
  翌日、昼のでかけには、そばの「かわぐち」が打ってつけ。まず、冷たい「もり」を手繰り、温かい「かけ」をいただくと、お腹も心も大満足です。「もり」そばの香り、「かけ」のつゆのうまさは逸品です。 
 もう1軒おすすめがあります。「かに吉」並びのイタリア料理店「レオーネ」。この店の薪釜で焼かれるピッツアは本格の味で、いつも焼き立ての「マルゲリータ」を、我先にといただいてしまいます。 
  宿は「かに吉」から歩いて5分ほどの「鳥取グリーンホテルモーリス」、格安で温泉つきで、至極快適です。 次回はシンガポールへ。

 

 

 

 

■「カニ吉」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym2704 ym2706  

   朝山陰浜坂漁港から直送の極上の松葉蟹

蟹すき    

 

 

ym2705 ym2707  

     脂の乗った松葉蟹の蟹みそ
 

          蟹すし

 
 

 

 

ym2702    
娘とご主人と一緒に
 

 

 
 

 

 

 

■「 かわぐち」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym2703    
香り豊かな「もり」
 

 

 
 

 

 

ym2710 ym2709  

     つゆがうまい「かけ」
 

   古材と波板ガラスを使ったモダンな外観

 
 

 

 

 

■「 レオーネ」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym2708    

    イタリアから取り寄せた石窯
 

 

 
 

 

 

 

 

 

■「かに吉」

 

住所/鳥取県鳥取市末広温泉町271
問い合わせ・予約/0857-22-7738
営業時間/17:30~22:30(要予約)
定休日/不定休
 

 

■「かわぐち」

 

住所/鳥取県鳥取市栄町204
問い合わせ/0857-30-5705
営業時間/11:00~14:00 18:00~21:00 (日祝日11:00〜14:00のみ)
定休日/月曜日


https://ja-jp.facebook.com/sobakawaguchi321/

 

■「レオーネ」

 

住所/鳥取県鳥取市末広温泉町159-7
問い合わせ/050-5593-8950
営業時間/11:30~14:00 18:00~24:00(水木18:00~24:00のみ)
定休日/火曜日

http://www.pizza-leone.com

 

 

■「鳥取グリーンホテルモーリス」

 

住所/鳥取県鳥取市今町2-107
問い合わせ/0857-22-2331

http://www.hotel-morris.co.jp/tottori

 

 

*この連載は毎月25日に更新です。次回はシンガポールへ。

 

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」「立川談志を聴け」など著作多数。 最新刊は「東京とんかつ会議」(ぴあ刊)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー