料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#25

パリ(後編)

 

 

IMG_8700

 

 

パリの日曜日、月曜日のレストラン選び
パリで一番お気に入りのお土産は「生ハム」

 

 

■日曜日は、プーレ・ロティ専門店「LE COQ RICO(コクリコ)」へ

パリに出かけて、食事で困るのは、日曜日です。私が出かけたいと思うレストランのほとんどは土曜日曜か日曜月曜が休みです。
5年ほど前に、年中無休で美味しい店を見つけました。それが「LE COQ RICO(コクリコ)」です。
プーレ・ロティ(鶏のロースト)専門店で、ブレスをはじめ名産地の鶏を揃え、ほろほろ鳥までメニューに載せています。一羽を二人で召し上がる食いしん坊を見受けますが、私たち日本人なら4人でいただくのが最良ですね。
はじめに、ミネストローネ、野菜のスープをいただき、ブレス鶏をいただくときの付け合わせはフライドポテトです。季節のきのこ、セップ茸のソテーもメニューにあれば必ず注文します。皆で物も言わずに手づかみで鶏のローストを分かち合う美味しさは格別です。
店はムーランルージュの横の通りリュー・ルピックの坂道を上り詰めたあたり、かつてルノワールが描いたムーランドゥラギャレットの向かいにあります。
パリに着いたその晩にもよく出かけます。頭を使わずにいただけるご馳走はとても貴重なんです。

月曜の昼に出かけるのは、ジョルジュサンクフォーシーズンズホテルのメインダイニング「Le Cinq(ルサンク)」か、7区ロダン美術館前にある「Arpege(アルページュ)」です。
「ルサンク」は洗練されたクラシック料理で、ひらめにキャビアをたっぷりのせた一皿は現代最高の魚料理の一品です。グレープフルーツ3段活用形のデザートも傑作です!
「アルページュ」は野菜尽くしのコースで、アラン・パッサールシェフの自家菜園の野菜を使って、目を瞠る料理、デザートが登場します。このコースは昼のみのメニュー。どちらのレストランもミシュラン3つ星、いまパリで私の一番のお気に入りです。
では、私の一番のお気に入りのお土産といえば、スペイン産の生ハム。かつてはパリのチョコレートでしたが、ほとんどの店は日本へ進出していて、お土産としての魅力がなくなってしまいました。
ジョルジュサンクからホテルのプラザアテネに向かって歩いていく途中にある「Bellota Bellota(ベジョータ・ベジョータ)」は、スペインでも滅多にお目にかかれない逸品の生ハムで、真空パックにして買い求めます。
 

*次回は東京です。

 

 

 

 

■「LE COQ RICO(コクリコ)」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym25paris9    

    見事な焼き上がりの鶏のロースト
 

   
 

 

 

ym25paris2 ym25paris3  
手づかみで分かち合う美味しさ
 
 
付け合わせにはフライドポテトを
 
 


 

 

■「Le Cinq(ルサンク)」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym25paris1    
ひらめにキャビアをたっぷりのせた一皿
 
   


 

 

■「 「Arpege(アルページュ)」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym25paris5 ym25paris4  
野菜尽くしの目を瞠る一品
 
自家菜園の野菜を使った鮮やかな一皿
 
 

 

 

ym25paris8    

  アラン・パッサールシェフと一緒に
 
 

   
 

 

 

■「Bellota Bellota(ベジョータ・ベジョータ)」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym25paris7    

    その場で真空パックに
 

   
 

 

 

ym25paris6    
パリ8区「ベジョータ・ベジョータ」
 
 

 
 


 

 

 

 

■「LE COQ RICO(コクリコ)」

 

住所/98 Rue Lepic, 75018 Paris
問い合わせ/+33-1-42-59-82-89
営業時間/ 12:00-14:30 19:00-23:00
定休日/年中無休


http://en.lecoqrico.com/    (英語)

 

■「Le Cinq(ルサンク)」

 

住所/31 avenue George V 75008 Paris
問い合わせ/+33-1-49-52-71-54 
営業時間/12:00-14:00 19:00-21:30 
定休日/年中無休


http://www.restaurant-lecinq.com/en/  (英語)

 

 

■「Arpege(アルページュ)」

 

住所/84, Rue de Varenne 75007 Paris
問い合わせ/+33-1-47-05-09-06
営業時間/12:00-14:30 19:00-22:30 
定休日/土・日曜日


http://www.alain-passard.com/en/ (英語)

 

 

■「Bellota Bellota(ベジョータ・ベジョータ)」

 

住所/18 rue Jean Nicot, 75007 Paris
問い合わせ/+33-1-53-59-96-96
営業時間/11:00-23:00
定休日/日曜日


https://www.bellota-bellota.com/en/  (英語)

 

*この連載は毎月25日に更新です。次回は東京へ。

 

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」「立川談志を聴け」など著作多数。 最新刊は「東京とんかつ会議」(ぴあ刊)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る