2017年自腹でマイル修行&麺の旅

2017年自腹でマイル修行&麺の旅

#23

宮崎 2017麺の旅フィナーレ


 

旅人・KOJIRO(コジロー)

IMG_6780-1

宮崎 2017麺の旅フィナーレ
文/写真(iPhone 6s)/KOJIRO

12月19日 搭乗49回目
伊丹空港から宮崎空港へ

12月19日 11:35
出雲空港から伊丹空港に到着し、乗り換えで目指すは宮崎。

12:45 JAL2437便 宮崎空港行きは、出発が少し遅れるようだ。
乗り継ぎまで時間がある。
乗り継ぎの場合、いったん空港外に出ることも可能だ。
南ターミナルにある551蓬莱の「飲茶CAFÉ」で、アツアツの豚まんを食べようかとも考えたが、
再び荷物検査を通らなくてはいけないし、昼時の混雑では無駄足になる可能性もある。
そのため、空港内出発ロビーで時間を潰す。
こんな時こそ、ラウンジが使えると便利で楽なのだが、
キャンペーンでラウンジを使用できるのは羽田空港サクララウンジのみ。
伊丹のラウンジは残念ながら使えない。まだ48回、あと2回搭乗が必要だ。

搭乗49回目、伊丹-宮崎 ウルトラ先得7,700円
12:55 JL2437便は10分ほど遅れて出発。
J-AIRの運航で機体はボーイングでもエアバスでもなく、珍しいブラジル産の「エンブラエル190」。
小型機ながら余裕のある構造、本革シートで居住性に優れている。
今回も非常口前席で足元広く、機内は快適。
ただ機内Wi-Fiが使えず、熱っぽいのですぐに眠りにつく。

13:55 定刻より少し遅れて、宮崎空港に着陸。
49回目の搭乗も無事に完了。あと1回だ。

宮崎 麺の旅
『栄養軒』ラーメン #89
『ラーメンマン』こってりトンコツ #90
『宮崎うどん ふくや』焦がしチーズカレーうどん #91

宮崎① 麺の旅
「栄養軒」ラーメン

宮崎空港から市内へは利便性がよく、バスばかりでなく、JRも利用できる。
飛行機が少し遅れたためか、バスは時刻表通りに出発してしまう。
そのため2、3分ほど歩きJR宮崎空港駅へ向かうが、電車は40分遅れとのこと。

結局、25分遅れに変更になり、わずか8分で宮崎駅に到着。

駅前のホテルにチェックインし、宮崎神宮・一の鳥居そばの「栄養軒」へ向かう。
南国・宮崎は午後の日差しが暖かい。駅から25分ほど歩いて到着。
平日の夕方16時前だが、お客が続々と訪れる。

創業1964年の老舗、宮崎ラーメンの原点といわれ、現在は三代目とのことだ。
600円とリーズナルな価格設定が嬉しい定番の「ラーメン」を注文する。

大きな厨房は、とても清潔で好感が持てる。
カウンター席で待つこと5分、ラーメンがやってくる。

IMG_6787

モヤシを境にして、スープの色が白と薄茶に分かれている。
まずはスープの白い部分からいただく。豚の豚骨ベースの淡い醤油味。
一見こってりしているが、あっさりしたまろやかな味わいで旨い。
薄茶のスープの正体は、ネギとニンニクの効いた焦がしラードで、とても香ばしい。
別々に味わってから、スープ全体と混ぜて麺と絡めていただく。
コシの強い中太ストレートの自家製麺とスープがよく絡んで美味しい。

宮崎ラーメンの特徴の細い黒豆モヤシは、シャキシャキの歯ごたえで麺とスープとの相性がいい。
スープの味の決め手にもなっているチャーシューは、たっぷり4枚もトッピング。
薄口の醤油で、じっくり炊かれていて肉の旨味がぎっしり。

スープまで飲み干し完食。
白と薄茶の2段構えの豚骨スープと焦がしラードは秀逸。
噂にたがわぬ宮崎ラーメン、レベルが高い!

IMG_6612

「栄養軒」
宮崎市江平2-1-6
0985-22-7758
10:30~23:30 10:30〜24:00(土)
月曜日休み
ラーメン600円

宮崎 麺の旅②
「ラーメンマン」

宮崎のラーメン屋は、宮崎神宮周辺や郊外の街道沿いに集中している。
2軒目は15分ほどバスに乗り、さらに徒歩で20分かけて郊外の人気店「ラーメンマン」へ。
全国屈指の濃厚豚骨ラーメンが売りだ。

17:30 郊外にあるので店舗も駐車場も大きい。
平日の夕方、店内は比較的空いている。入り口で食券を買い店内へ。

店の看板メニューの「こってりトンコツ」に、無料の焦がしニンニクをトッピングしてもらう。

カウンターで待つこと5、6分でラーメンがやってくる。

IMG_6782

まずはスープからいただく。
宮崎産の豚の頭骨、ゲンコツなどを毎日継ぎ足して丁寧に炊いているというスープは、
舌の上にずっしりと重みを感じるほど濃厚だ。
とろとろのスープが旨い。
今まで食べたラーメンの中でも、類を見ない屈指の濃厚さ。
しかし、トンコツの臭みはなく脂っぽいわけでもなく、餡かけでもない。
あくまでスープなのだ。イメージは豚骨を液状化したスープだ。

自家製の麺は、かなり細いストレートで博多ラーメンのようだが、
パサパサ感はなくしっかりモチモチしていて、濃厚スープにあっている。
しっかり煮込まれたチャーシューも柔らかく、肉汁たっぷりで旨い。
黒豆モヤシ、きくらげのトッピングも歯ごたえよし。
汁まで飲み干して完食。ボリュームもあり、満足な一杯だ!

濃厚とかこってりラーメンって、一見ジャンクなイメージがあるが、
そんな思いを払拭する全国屈指の絶妙なこってりラーメンだった。

IMG_6643

ラーメンマン(拉麺男)
宮崎市村角町坪平1221-1
0985-27-7277
営業時間/6:00~11:00(朝ラー)11:00~23:00
こってりトンコツ780円

宮崎 麺の旅③
勘を頼りに3軒目

ラーメンマンからホテルに戻るには、バスに乗っても1時間はかかる。
思えば遠くに来たもんだ(笑)
バスの乗り合わせが悪く、ひたすら歩く、歩く、歩く。

途中、ラーメン屋が何軒もあり、勘を頼りに3軒目に入ってみたが、大ハズレ。
残念だが、麺&スープともに、まったくいただけない。

無駄打ちをしてしまった。
お腹が膨れてしまい、これ以上は食べられずに終了。なんとも勿体ない。
結局、ホテルまで1時間以上歩く。
この日、寒空の下18,000歩突破。ちょっと疲れた。

宮崎 麺の旅④
「ふくや」焦がしチーズカレーうどん

ホテルをチェックアウトして、宮崎駅前商店街の「宮崎うどん ふくや」を訪れる。
最近、都内ではちょっとした宮崎うどんブーム!?
讃岐うどんとは真逆の細くて柔らかいうどんだ。

「宮崎うどん ふくや」は、うどんだけでなくそばもあり、街の蕎麦屋さんといった佇まい。
しかし、うどん、そばとも自家製麺はもちろんのこと、
調味料に至るまで、食材は完全無添加といったこだわりの店だ。

うどん、そばともに種類は豊富。
シンプルに麺と出汁が楽しめる、かけうどん(330円)も魅力なのだが、
店の看板メニューの「焦がしチーズカレーうどん」を注文する。

カウンター越しにバーナーで焼かれたチーズの香りが店内に漂う。
待つこと5、6分で提供される。

IMG_6780

アツアツのカレーうどんの上にたっぷりのチーズと青ネギ。
丼に顔を近づけてみると、焦げたチーズとカレーのいい香りがする。

まずはスープからいただく。
甘めの和出汁に牛肉と玉ねぎが煮込まれたカレー汁が旨い。
トロトロのチーズもスープに溶かして一緒にいただくと、さらに香ばしく濃厚な旨味が広がる。
これはアイデア勝ち! カレーとチーズってそもそも合う。

うどんは柔らかい口当たりだが、つるつる麺でしっかり歯ごたえがある。
宮崎うどんの特徴のようだ。
多めの青ネギが香り、食感良く、いいアクセントになっている。

麺、出汁、カレー、チーズが絡まってスペシャルなカレーうどん。
あっという間に麺を食べ尽くし、
おにぎり1個(70円)を追加で頼み、最後はカレーリゾットにして完食!

2017 麺の旅、これにて終了。
実に91杯。未掲載も含めると年間100杯オーバー!

我ながら、よく食べたものだ。

IMG_6652

宮崎うどん ふくや
宮崎市広島2丁目5-30
0985-25-1833
営業時間/11:00~17:00
日休み、祝日の月曜日
焦がしチーズカレーうどん680円

2017.12.20 搭乗50回目
ついにVIP会員到達!

昨日の遅れもあったのでJR宮崎駅前に早めに着くが、
宮崎空港行きは30分以上の遅れとのこと。
本来予定していた列車だと、最後の最後で飛行機に乗り遅れた可能性が、、、。
結局、15分遅れで出発し無事に宮崎空港へ。

搭乗50回目、宮崎-羽田 ウルトラ先得11,790円
14:25 JAL698便は、定刻通りに羽田へ出発。

J-AIRの運行で、昨日と同様に機体は小さな「エンブラエル190」。
Wi-Fiも使えないので、珍しく機内で本を読む。
沢木耕太郎の「深夜特急1」香港・マカオ編。僕の旅の原点。
何度、香港・マカオを訪れたことか、、、。

いつの間にか、眠りにつき気づくともう降下をしていた。
窓からは羽田手前の東京湾の海ほたるが見える。
しばらくして、羽田の滑走路が見える。

IMG_6680IMG_6684

15:55 定刻通りに羽田に到着する。

50回目の搭乗完了。
ついにVIPサファイア会員達成!

熱っぽく体調は悪いが、気分は爽快だ!

2018年は、アジアへ麺の旅にでも行くか。

マイルデータ、搭乗合計50回。

【伊丹-宮崎】
搭乗カウント49回
フライトマイル
292(基本マイレージ)×75%(運賃倍率)=219マイル
FLY ONポイント
フライトマイル×2(国内線倍率)=438
【宮崎-羽田】
搭乗カウント50回
フライトマイル
561(基本マイレージ)×75%(運賃倍率)=421マイル
FLY ONポイント
フライトマイル×2(国内線倍率)=842

搭乗回数/50回
FLY ONポイント累計/32,838

宮崎へのお値段は
飛行機代 19,490円!

飛行機/7,700円(伊丹-宮崎)11,790円(宮崎-羽田)
交通費/700円 (宮崎空港-宮崎往復)
麺の旅/2,060円(3食)
宿泊費/4,500円
合計/26,750円

次回は、2017麺の旅 総括

※次回掲載は、2018年2月12日(毎月2回、第2、第4月曜日連載)

 


顔

 

 

KOJIRO(コジロー)

1964年生まれ。大学卒業後、出版社にて男性ファッション誌、女性ファッション誌、漫画誌、トラベル誌、フリーマガジンなど20誌ほど、編集長として携わる。現在は気ままなフリーランサー。小学生の頃より極度の乗り物酔いだが、飛行機大好き。JALの生涯搭乗数は209回。忘れられぬ旅は、JALファーストクラス(特典航空券)で行ったパリ。麺好きの「食いしん坊」でもある。 

 

 

 

2017年自腹でマイル修行&麺の旅
バックナンバー

その他の日本のこだわりグルメ

ページトップアンカー