料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#23

台北・台中

 

 

MUME;甘鯛うろこ揚げ

 

 

夫婦お気に入りの台北へ4泊5日
日帰りで台中のフランス料理店へ

 

 

■台湾で最も予約の取れないレストラン「MUME」へ

  旅先の土地に友達ができると、その街が突然愛おしくなって、お気に入りの場所になります。台北がまさしく、そうした都市になりました。
きっかけは、台北の「愛飯團」という食いしん坊の仲間たちが東京へ食べ歩きにやってきて、私がご案内役をしているうちに、すっかり気の合う仲間になりました。その一人が「愛飯團」代表のCindy Hsuです。「ELLE」の元編集長で、ファッションと料理に長けた才女です。
  今回、彼女が選んでくださった宿が「Chez Nous」というデザインホテル。お洒落なうえに、どこへ出かけるにも便利な街の中心地にありました。ここを拠点に、今回は4泊5日、なか1日、台中まで日帰りで出かけてきました。
  夕食で出色だったのは「MUME」。
  ホテルから歩いて行ける距離にありました。いま台湾で最も予約の取れない1軒なのですが、客席数が少ないだけでなく、料理がインターナショナルなうえに洗練されていて、台湾にいることを忘れさせるほどでした。とりわけ、甘鯛のうろこ焼き、マンゴーのデザートなどは、久しく忘れがたい味でした。店の近くにラボを持っていて、そこでスタッフたちが試作を重ねて勉強するのだそうです。
 新幹線に乗って、台北から台中まで1時間足らず、目的はフランス料理店「Le Mout」です。何年も前から、噂には聞いていたのですが、出かけて見て、立派なグランメゾンのレストランにびっくりしました。料理、内装、サービスの3拍子が揃った、日本でもなかなかお目にかかれない店で、久しぶりにいい気分で食事をさせていただきました。料理はクラシックをベースに台湾、フランスの食材を巧みに組み合わせたもので、味わいは鳩をはじめ、どれも軽快、優美、デザートも盛り付けからしてエレガントでした。カルチャーショックに近い体験でした。
  そして、今回初めて「龍山寺」を訪れました。ご利益が多大ということで圧倒的な人気を誇る寺だそうです。台湾の人々の信仰心の深さを知る上でも、ぜひ出かけ欲しい名所です。
  Cindyにどうしてももう1度行きたいとお願いして、会員制のレストラン「世界貿易中心聯誼社」でも夕食をいただきました。膨大な手間暇かけたスープは久しく忘れられません。
  また、Cindyは新進気鋭のシェフの料理も食べてほしいと、市内から少し離れた板橋にある「望月樓」へも連れていってくださいました。
  シェフの料理はどれも溌溂としていて、焼き物から点心までオールラウンダーの料理人だそうです。デザートは豆腐を包丁で極細に賽の目にし、花を咲かせたもの。まるで、秘術を尽くした離れ業でした!
台北へ来て忘れてはならないのは「鼎泰豊」。名物小籠包や鶏のスープ、粽などをお腹いっぱいいただいて、松山空港を飛び立ちました。再会(ツァイツェン)台湾!

*次回はパリです。


 

 

 

 

■「MUME」  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym23mume1    
甘鯛のうろこ焼き
 
   


 

 

ym2memu2    

オーナーシェフRichie Linさん(左)と一緒に
 

   
 

 

 

 

 

■「 Le Mout」  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym23tamago ym23desart  
鳩のロースト
 
優美な卵料理
 
 

 

 

ym23desart2 ym23  
エレガントなパイナップルのデザート シェフのLanshu Chenさんと一緒に  


 

 

 

■「世界貿易中心聯誼社」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym23supe ym23with  

                        手間暇かけたスープ

Cindy Hsuさんとシェフと一緒に
 
 

 
 
 

 

 

 

■「望月樓」  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym23men ym23333 ym2321

                            野菜料理

見事なデザートの豆腐  
 

 
シェフのWilson Soさんと      
 

 

 

 

■「Chez Nous」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym23room3    

        スタイリッシュな外観


 
 
 
 

 

 

ym23room1 ym23room2  
デザインされたルームキー シンプルでモダンな室内  


 

 

 

■「 龍山寺」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym23tera    
台湾を代表するパワースポット
 

 
 

 

 

 

 

 

■「MUME」

 

住所/台北市四維路28號
問い合わせ/+886-2-2700-0901(予約)
営業時間/18:00〜24:00
定休日/なし


http://www.mume.tw   (日本語あり)
 

 

■「Le Mout」

 

住所/台中市西區存中街59號
問い合わせ/+886-4-2375-3002(予約)
営業時間/11:30~14:30 18:00~22:00
定休日/月曜日&火曜日


https://www.lemout.com (日本語なし)

 

 

■「世界貿易中心聯誼社」

 

住所/台北市基隆路一段333號33樓
問い合わせ/+886-2-2723-2939(会員制)


http://www.twtcclub.com.tw (日本語なし)

 

 

■「望月樓」

 

住所/新北市板橋區新站路16號百揚大樓48
問い合わせ/+886-2-7705-9703 (予約)
営業時間/11:30-14:30 17:30-22:00
定休日/なし


http://www.mega50.com.tw/ch/moonpavilion (日本語なし)

 

■「鼎泰豊」(本店)

 

住所/台北市信義路二段194號
問い合わせ/+886-2-2321-8927
営業時間/10:00~21:00(月~金)9:00~21:00(土日、祝日)
定休日/なし


http://www.dintaifung.com.tw/jp/  (日本語あり)

 

 

■「Chez Nous」

 

住所/台北市大安區信義路三段147巷18號
問い合わせ/+886-2-2701-8110


http://http://www.cheznoushotel.com/?lang=ja  (日本語あり)

 

 

■「龍山寺」

 

住所/台北市広州街211號
問い合わせ/+886-2-2302-5162
営業時間/6:00~22:00
年中無休


http://www.lungshan.org.tw/jp/  (日本語あり)

 

 

 

*この連載は毎月25日に更新です。次回はパリへ。

 

 

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」「立川談志を聴け」など著作多数。 最新刊は「東京とんかつ会議」(ぴあ刊)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る