わざわざ飛行機に乗って、麺を食べに行ってきます。

わざわざ飛行機に乗って、麺を食べに行ってきます。

#21

香川「讃岐うどん2019」

文と写真・高山コジロー

IMG_5005

 

 

 

わざわざ飛行機に乗って、香川にうどんを食べに行ってきました。

 

 

 

 今回は、奄美大島の予定だったが、台風21号で前日にキャンセル。

 年内残りのスケジュールはすべて決まっていて、ぽっかり空いてしまった。

 

 「さて、どこに行こう?」

 

 2019年麺の旅はラーメンの比率が高く、うどんを食べていない。

 うどんといえば、やはり、、、。

 そうだ、「讃岐うどん」を食べに行こう!

 

 羽田から高松に1泊2日。レンタカーを使って讃岐うどん巡りだ。

 行きは始発便、帰りは最終便を利用して、香川滞在は34時間。

 日程変更により直前に予約したので、JALツアーズ25,800円(宿泊費込)と少々お高め。

 ただし、ツアーから予約できるレンタカーは2,000円(1泊2日保険込)とリーズナブル。

 

 

 「羽田-高松」の往復2搭乗。合計43回。

 JALサファイア会員到達の50回まで、残り7搭乗に。

 

 

飛行機データ
●羽田-高松 07:40-09:00  JAL便 (普通席)ツアー 42搭乗

●高松-羽田 11:20-13:35  JAL便 (普通席)ツアー 43搭乗

合計/25,800円(※宿泊費込)別途レンタカー2,000円(1泊2日)

2019年搭乗実績/JAL43回、ANA1回、天草エアライン1回

 

【今回のマイル】 羽田-高松の通常マイルは「354」  

●羽田-高松

フライトマイル:354×50%(ツアー利用)=177マイル

ボーナスマイル:フライトマイル(177)×105%(サファイア会員)=186マイル

177+186=363マイル 
往復合計:726マイル

 

 


 

羽田から高松へ

 

 

 羽田空港へは30分前に到着。11月から保安検査場の締め切りが20分前になり、時間の余裕がない。

 朝食を買おうとマックに立ち寄るも行列、レンタカーの運転があるのでラウンジでビールも飲めず、保安検査場から直接搭乗口に向かう。しかも風邪気味で体調は、あまり優れず。

 

 機内は混んでいて、ほぼ満席だった。定刻通りに離陸。

 音楽を聴きながら睡眠。目がさめるとそこは、もう高松。(いつも寝ている)。

 天気は良く、ドライブ日和だ。

 

 

 2017年の麺の旅では、「須崎食料品店」「やまうちうどん」「純手打ちうどん よしや」「なかむら」、

 「釜あげうどん長田in香の香」「がもううどん」「手打ちうどん たむら」「山越うどん」という、

 そうそうたる名店を巡礼。

 今回は、まだ訪れていない、うどん店を中心に巡りたい。

 

 

 

「山下うどん」かけうどん小 芝海老のかき揚げ @坂出

 

 

【飛行機に乗って麺の旅】136杯目

 

 香川県には、約800軒の讃岐うどん店があるという。

 うどん店は、高松市周辺、丸亀市・坂出市方面、香川西部(西讃)の山間部と県内に広く点在する。

 09:30空港近くのオリックスレンタカーを出発して、まずは坂出市を目指す。

 日曜日の朝、道はすいていて快適なトライブ。

 一般道路を使い10:00には「山下うどん」に到着する。

 「山下うどん」という名のうどん店は数軒あり、こちらは地元では通称「坂出の山下」または「郵便局の山下」と呼ばれているという。(郵便局の集積所だったそう)。

 讃岐うどんの店のスタイルは、セルフ店・製麺所(セルフ)・一般店に分かれ、注文や会計方法も店によって微妙に異なる。

 こちらは、セルフ店。まずカウンターでうどんを注文し、トッピングは好みでのせる。天かすやネギは無料だ。会計は食べ終わった後に自己申告して払うスタイル。

 厨房の奥の大釜で薪を使ってうどんが茹でられている。

 朝のおめざは、温かいかけうどんを選択。

 「かけうどん温 小」(200円)を注文し、芝海老のかき揚げ(220円)をトッピング。

 

 

IMG_4917

 

 

細めの麺は、讃岐にしては柔らかめながら、モチモチとした食感がいい。

熱々のシンプルないりこ出汁が優しく、体に沁みる。

 

 

IMG_4922

 

 

地産の新鮮な大きな芝海老のかき揚げは、揚げたてでサクサクで絶妙な味わい。

ああ、ごはんが欲しい(笑)

おいしかったです。ごちそうさま。

 

 

IMG_4915
「山下うどん」/香川県坂出市加茂町147-1/8:00~14:00/月曜日休み

 

 

 

 

「白川うどん」釜揚うどん @善通寺
 

 

【飛行機に乗って麺の旅】137杯目

 

 

 いったん坂出を離れ20分ほど車を走らせ、善通寺市にある「白川うどん」に。

 駐車場の入り口を間違え細い路地に入ってしまい、ペーパードライバーはひと苦労だ。

 店内に入ると、厨房では小さめの釜で麺が茹でられている。

 2杯目は茹でたてが食べたく「釜揚げ1玉」(250円)を注文する。お揚(100円)と肉(100円)をとり、こちらは先に会計を済ませるスタイル。

 

 

IMG_4934

 

 

 少し時間がかかり15分ほど待ち、湯気立つ熱々のうどんの丼をカウンターで受け取る。

 濃いめのつけ汁につけていただく。

 麺を打つ、切る、すべて手作業による純手打ちの平たいうどん。ツルツル、モチモチでコシがあり

 釜揚ならではの旨さ。

 

 

IMG_4938

 

 

甘く炊き上げた分厚いお揚と、肉のトッピングもいい塩梅。

おいしかったです。ごちそうさま。

 

 

IMG_4944
「白川うどん」/香川県善通寺市櫛梨町500-1/9:30~15:00/火曜日休み

 

 

 

 

「日の出製麺所」温かいうどん 小 温泉卵 @坂出

 

【飛行機に乗って麺の旅】138杯目

 

 再び、坂出市まで車を走らせて、昭和5年創業の老舗「日の出製麺所」に向かう。

 途中、少し渋滞にはまり焦る。営業時間が、たったの1時間なのだ。

 ギリギリ間に合い入店する。その名の通り、製麺所に併設されたうどん店だ。

 そのため作業の合間の11:30から12:30までの1時間のみの営業。

 メニューはシンプルに「温か冷」、サイズは「小・中・大」。

 まずは「温かい 小」(120円)と温泉卵(70円)を注文する。小で普通の1人前はある。

 

 

IMG_4948

 

 

 小麦粉は香川産の「さぬきの夢」を使用。小麦の香りが素晴らしい。

 卓上のネギをハサミで切り、生姜のすりおろし、天かすをたっぷり入れて、温泉卵をインする。

 ポットから熱々のいりこ出汁をたっぷりかけていただく。

 これぞ「讃岐」という、強いコシ。噛むと旨味が溢れる麺とコクのある出汁が好相性で旨い。

 

 

 讃岐うどんの醍醐味は、「連食」(笑)。

 「冷たい 小」(120円)をお代わり。飛行機に乗って麺の旅139杯目。

 

 

IMG_4952

 

 

 きれいな麺姿。冷はさらに明確に麺の旨さがわかる逸品。

 歯ごたえ、喉越しよく、冷たい少し濃いめのぶっかけ用の出汁がよくあう。

 途中でネギをたっぷり刻み入れて、シンプルにネギと出汁のみで味わう。

 まさに至福のうどん。

 食べ終わった後、自己申告で会計。うどん2杯と温泉卵でたったの310円。コスパも最高。

 おいしかったです。ごちそうさま。

 

 

IMG_4955
「日の出製麺所」/香川県坂出市富士見町1-8-5/11:30~12:30

 

 

 あと2軒ほど回る予定だったが、12時で、すでに4杯。うどんは後からお腹が膨らむ。

 それに「日の出製麺所」のクオリティが凄すぎて、、、今日はもう、いいかと(笑)。

 

 

 日帰り温泉に立ち寄り昼寝。高松市内に車を走らせホテルに向かう。

 チェックイン時間を勘違いしていて1時間以上早めに到着。荷物だけ預けてビールでも飲みに行こうと思っていたのだが、アーリーチェックイン可能とのこと。シャワーを浴びて休憩。高松東急REIホテルの配慮に感謝。

 

 

 

「ゴッドハンド」カレーうどん 温 チキンカツ @高松
 

 

【飛行機に乗って麺の旅】140杯目

 

 

 夕方から高松駅前の繁華街で、名物の骨付き鷄をつまみにセンベロはしご酒。やっとビール!! 

 明日もレンタカー移動なので、早めにお酒は切り上げ。中締めはやはり、うどん。

 うどん店は昼のみの営業が多く、隣り合わせた地元客に、夜やっているうどん店でオススメを教えてもらい、繁華街から少し離れた「ゴッドハンド」に伺う。

 「讃岐にあって讃岐にあらず。」

 柔らかうどんが人気だという。都内でも増えている「柔らか讃岐うどん」、ちょっと興味深い。

 暖簾をくぐると食堂のテイスト。一般店ながら厨房のカウンターで注文するスタイル。

 飲み屋の客にススメられた、カレーうどん 小(470円)を注文する。

 カレールーは、そのまま、出汁で調整して割ることも可能とのこと。

 温かいうどん、出汁で少しだけ割ってもらう。どでかいチキンカツ(100円)をトッピング。

 注文が入ってから、うどんは茹でられる。10分ほどで着丼。

 

 

IMG_4973

 

 

麺だけつまんでみるとフワフワ(笑)。面白い。

もちろん茹ですぎたわけではなく、あくまで讃岐うどんであり、しっかりした食感もあり、旨い麺。

いりこ出汁で割ったマイルドなカレールーと青ネギ、うどんの相性がいい。

 

 

IMG_4965

 

 

 ビッグなチキンカツは、ミンチで大きなチキンナゲットといったところ。

 カレールーと合わないはずがなく、あっという間に完食。ああ、ごはんが欲しい。

 おいしかったです。ごちそうさま。

 

 

IMG_4975
「ゴッドハンド」/香川県高松市内町4-1/10:00~15:00 17:00~20:00/無休

 

 

 

「須崎食料品店」温ぶっかけ小 温泉卵 @三豊市
 

 

【飛行機に乗って麺の旅】141杯目

 

 

 翌日、朝のおめざは6時からオープンしているうどん店を予定していたが、結構な雨模様。

 そして珍しく寝坊。お腹は、まったくすいていない。徒歩で20分ほどかかる、、、断念。

 ホテルは朝食付きだったので、温かいうどんとコーヒー。うどんは、しっかり讃岐だった。

 ホテルをチェックアウトして、香川県西部、三豊市の住宅街にある「須崎食料品店」へ向かう。

 前回の麺の旅で衝撃を受けた讃岐うどんの名店。もう1度訪れたく、雨のなか車を走らせる。

 途中、雨脚強く50分ほどかかり到着。駐車場のアキは1台だけ。雨の月曜日だが、やはり混んでいる。

 スーパー併設の店内に入る。メニューは、「しょうゆうどん」のみ。

 店のお母さんに、「小・温」(1玉 230円)と注文を伝える。4、5人の待ち。

 奥の厨房では、大きな釜で豪快に麺が茹でられている。

 

 

IMG_4986

 

 

 順番に釜からあがったばかりのうどんが入った丼を渡される。

 小1玉でも他店に比べて麺の量が多い。
 アツアツの極太の麺に、ネギと生姜と入れ、温泉玉子(70円)をトッピング。

 だし醤油を、まわしかけて完成だ。雨がやんだので外の駐車場でいただく。

 

IMG_4993

 

 「うーん、旨い!」

 香り豊かで、コシがとても強い。これぞ、讃岐!

 太くエッジのある四角い麺は、滑らかなでもちもちしていてのびもよく、しっかりした歯ごたえで弾力が凄い。

 醤油が浸み込んだうどんの旨みが、噛めば噛むほどいっぱいに広がる。

 丼を返す時に自己申告して会計。300円なり。
 

 しょうゆうどんとは、斯くも旨いものなのか。

 

 2年前に呟いた言葉を思いだす(笑)。

 最高の讃岐うどん。おいしかったです。ごちそうさま。

 

 

IMG_4989
「須崎食料品店」/香川県三豊市高瀬町上麻3778/9:00~11:30ごろ/水曜日休み
 

 

 

 

「谷川米穀店」冷かけうどん @まんのう町
 

 

【飛行機に乗って麺の旅】142杯目

 

 

 店を出るとまた小雨が降り出す。まんのう町の山間部にある「谷川米穀店」を目指す。

 前回は店が終わってしまい行けなかった店。ナビでは40分ほど、今回はなんとか間に合いそう。

 ところが、山間部で突然のスコール。ワイパーを全開にしても前が見えない。とても走れるような状況ではなく、コンビニの駐車場で雨宿り。

 30分ほどすると突然、晴れ間が見えてきて運転再開。川沿いに佇む「谷川米穀店」に到着。

 行列を覚悟していたが雨の影響か、待たずに入れてテーブル席に相席する。

 厨房では、職人さんがうどんを打っている。その場でうどんを切り、絶えず大釜でうどんが茹でられている。いい雰囲気だ。

 メニューは、うどん(大・小)、(温・冷)のみ。

 あとは出汁、醤油、ネギ等お好みで調整して食べる、讃岐のセルフスタイル。

 冷小(150円)を注文する。茹が茹で上がるまで、しばし待つ。

 まずは麺だけつまんでみる。水で締められたうどんは、讃岐では細め。

 エッジがたった麺ではなく、なめらかで口当たりが優しい。

 ネギをたっぷり、そしてこの店の独自の青唐辛子漬けを多めに添えて、醤油でいただく。

 これは初体験の旨さ。ちょっと青唐辛子を入れすぎてしまったが、絶妙なバランス。

 途中、冷たい出汁を入れてみるが、いりこ感よく、麺と好相性だ。

 店内撮影禁止なので、写真がないのが残念!

 

飛行機に乗って麺の旅143杯目。

 

 1杯では帰れぬ、温かいうどんも食べねばと、カウンターで丼を返し、温小(150円)と生卵(50円)をおかわりする。

 うどんが茹で上がるまで、厨房の作業を眺めるのも楽しい。

 ふと張り紙に目を通すと、「店内撮影禁止、注文したうどんは可能」とある。

 しまった! 写真、、、。

 

 麺が茹で上がり、おかわりを受け取る。生卵の上に熱々のうどんがのせられている。

 

 

IMG_4998

 

 

 うどんはツルツル、モチモチ。醤油を垂らし一気に混ぜていただく。

 卵はダマにならず、卵かけごはんのよう。ほどよい温度感、麺と卵がよく絡まる。

 コクがあり、ふわふわで旨い。

 

 

IMG_5005

 

 

 あと会計なので、食べ終えてら自己申告して350円支払う。コスパも素晴らしい。

 いつの間にか、店の入り口には閉店が近いのにもかかわらず、かなりの行列ができていた。

 雨の影響か、待たずには入れてラッキーだった。

 おいしかったです。ごちそうさま。

 

 

IMG_5007S
「谷川米穀店」/香川県仲多度郡まんのう町川東1490/10:30~13:30/日曜日休み

 

 

 

 店をあとにして、うどん巡りを続ける予定だったが、もう、お腹いっぱい。

 「須崎食料品店」と「谷川米穀店」の名店を巡り、身も心も、大満足。

 

 

 飛行機発着まで時間があるが、無理をせず、のんびり観光をしながら高松方面に戻る。

 新たに日帰り温泉を見つけて、2日連続の温泉ざんまい。

 夕方、香川県内で評判のラーメン店で、飛行機に乗って麺の旅144杯目を食べる。

 コメントはありません。写真掲載もなし(笑)。ようするに書くことが何もない。

 

 

 レンタカーを返却し空港に向かう。1泊2日の走行距離は220キロ。けっこう走っている。

 空港に着き、やっとビールが飲める。うどんの出汁も飲める?

 

 

IMG_5025

 

 

 都市伝説だと思っていた「高松空港のうどん出汁サーバー」。本当にあった。もちろん無料。

 いい出汁で、うどんが食べたくなった。

 

 

 

マイラーの終わりなき麺の旅

 

この旅で、JALの搭乗回数は2019年43回。
福井から始まり、久留米、天草、尾道、福山、三原、松山、青森、山形、金沢、札幌、小樽、京都、三重、函館、大分、奈良、松本、小倉、久米島、大阪、香川、、、飛行機に乗って144杯。


オヤジマイラーの終わりなき麺の旅は、まだまだ続く。

2019年ラーメンを中心に、ただいま合計238杯完食!

 

次回は、飛行機に乗って兵庫県を横断してラーメンを喰らう。

 

2019年1月、連載とともにツイッターを始めました。
フォロワー470人超えました。ありがとうございます。

2019年ラーメンを中心に、ただいま合計238杯完食!


タカヤマコジローkojiro@takayama_kojiro
 


「飛行機に乗って、麺の旅」 ライブでつぶやき、
「飛行機に乗らない、東京麺旅」東京近郊での麺活をつぶやく。

 

 

 

 

*この連載は毎月第2第4月曜日に更新予定です。

顔

高山コジロー

編集者・旅人・たまにバーテンダー。大学卒業後、出版社にて男性ファッション誌、女性ファッション誌、漫画誌、トラベル誌、フリーマガジンなど20 年に渡り20 誌ほど編集長として携わる。現在は白黒の雄猫と共に気ままに暮らす。小学生の頃より極度の乗り物酔いだが、なにしろ飛行機が好きなので、生涯搭乗数は優に400回を超える。忘れられぬ旅はJAL ファーストクラス(特典航空券)で行ったパリ一人旅。酒好き、旨いものに目がない「食いしん坊」でもある。「KOJIRO(コジロー)」名義にて2017 年、『TABILISTA 』にてJALサファイア会員になるために年間50回飛行機に乗り、ついでに麺を食べに行く「マイル修行&麺の旅」を好評連載。本編はその続編にあたる。

 

 

 

わざわざ飛行機に乗って、麺を食べに行ってきます。
バックナンバー

その他の日本のこだわりグルメ

ページトップアンカー