<時間旅行>戦前日本の日記

昭和7年:18歳の海軍の軍人。戦艦八雲の乗組員の軍隊日記。#1932年9月18日 #戦前の日記

1932年(昭和7年)9月18日 18歳の男性の日記。海軍の軍人で戦艦八雲の乗組員。
diary2016-9-18


ーーーーー 今日は比較的天気が良い。朝から洗濯をする者が多い。日課手入の後、洗面所にて、洗濯をする。十時頃迄に全部終わった。食事用意する。今日飛行が有ったため三卓のボーイがなかったため沫(あわ)を喰った。午後は被服を修理し後バスに行って、常在に手伝った。日曜のバス当番が始めてなので困った。夕食時に洗濯物を取り込んだがたくさんで弱った、別科はバスを掃除す。偵練の○○(?)募集出る、三十七名採用。 ーーーーー


下段の空欄に「満州事変一周年記念日」とあるように、前年の9月17日には、中華民国奉天(現瀋陽)郊外の柳条湖で、南満洲鉄道の線路を爆破されたことにより、日本軍は中華民国と戦争状態に陥った。この事件は満州事変と呼ばれ、ここから日本は日中戦争、太平洋戦争へと突き進んでいった。 この日記を書いた男性が乗船していた戦艦・八雲は、日露戦争時から活躍した船で日記が書かれた当時は、練習艦隊の一隻として少尉候補生の遠洋航海に従事していた。男性もそんな少尉候補生の一人だったのだろう。


【昭和7年の出来事】 1月 大相撲春秋園事件 1月 第一次上海事変 2月 上海にて陸軍兵3名が爆弾を抱え的に突撃し爆死。爆弾三勇士と呼ばれる 3月 満州国が建国宣言 5月 五・一五事件。犬養毅首相が殺害される 11月 米大統領選挙で民主党ルーズベルトが現職フーヴァーを破り当選

< 2016.09 >

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

 

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る