<時間旅行>戦前日本の日記

昭和8年:警察学校を卒業。新人警察官として勤務を始めたばかりの男性。#戦前の日記 #1933年5月31日

10代後半もしくは20代前半の男性。警察学校を卒業し新人警官として勤務中。11月12日12月23日2月19日3月29日4月26日5月17日の日記と同じ人物。 diary2016.5.31


ーーーー 当番日なり。 訓授は貸座○(?)の取締まりの件云々なぞなり。 明日は富士浅見(ママ)神社の祭礼と云うので数矢の小学校付近に露店の出願有る。○○云々なるものの売却なるとのことなり。 芸妓営業出願中の上原マツなる者の身元調査を依命なので警邏中に調査に行きたるなれど仲々要領を得られず思う様にいかなかった。斯る調査は始めてなりき。 午後八時頃ニコニコ食堂より偽刑事類似らしき者云々の件を聴込みはおり方より私服を借りて行きたるも星さんの方との連絡悪くして失敗に終わって終った。惜しい事をした。 午后一時より佐藤部長の警邏監査有る。 ーーーー


日記中の富士浅見神社は、配属先から察すると富岡八幡宮内にある冨士浅間神社のことだろうか。冨士浅間神社は、富士信仰が最も盛んであった江戸時代に全国各地に創建された神社で、富士山山開きの6月1日(現在は7月1日)に、富士参りの出来ない人々が、各地元の浅間神社に参詣した。「明日の祭礼」とはこの祭礼のことだ。 そして「芸妓営業出願」とは明治6年(1873)に・芸妓渡世の者は出願の上、鑑札を申受くべき事・と定められた芸妓規則に則った出願だ。この鑑札を受ければ割合簡単に芸者になれるようになった。その影響により、全国各地に芸者のいる町、〈花柳界〉が出現したと言われている。この日、日記を書いた男性は、出願した女性の身辺調査もしていたのだろう。 新人警察官として勤務を始めたばかりの男性だが、日々、忙しく仕事をこなしているようだ。


【昭和8年の出来事】 1月 ヒトラーが独首相になりナチス政権樹立  2月 『蟹工船』の小林多喜二が特高警察により逮捕。拷問により殺される  3月 三陸地方大地震。津波により多くの被害が出る  9月 伊勢丹が神田から移転し新宿に出店

< 2016.05 >

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る