<時間旅行>戦前日本の日記

昭和8年:警察学校生として宿舎で同期生達と共同生活を送る男性に配属が決まった。#1933年4月26日

1933年(昭和8年)4月26日 10代後半もしくは20代前半の男性。警察学校に在学中。11月12日12月23日2月19日3月29日の日記と同じ人物。diary2016.4.26


ーーーー 朝より降り志きる降雨なり。 勤務甲なぞ学科は有りたるなれど餘り緊張して聞いて居る一もない様な有様だった。但し訓育は最後の時間なりとて皆な緊張して聞く。その後は荒部長殿の、赴任した警察に必要の挨拶の方法やら事故を起こさざる様になぞ種々の注意事項を承わる。 夕食後六時より総(ママ)別の茶話会を食堂に於いて開催す。予定よりも長く五ケ月も給わったものなれば教官殿や此の練習所に対する印象も殊に深ければ各自思い思いの自芸を出して非常に賑やかにして盛大に且つ非常に愉快で有った。午后九時三〇分盛会裡に解散す。配置署発表せられる。深川洲崎警察署勤務なり。 ーーーー


警察学校生として宿舎で同期生達と共同生活を送っている男性もついに卒業を迎えた。彼が配属されるのは深川洲崎警察署。洲崎は現在の東京都江東区東陽一丁目あたりで、この近辺は昭和33年の売春防止法成立まで吉原と並ぶ都内の代表的な遊廓があり歓楽街として知られた場所だ。深川洲崎警察署はその洲崎遊廓を管轄した警察署である。


【昭和8年の出来事】 1月 ヒトラーが独首相になりナチス政権樹立  2月 『蟹工船』の小林多喜二が特高警察により逮捕。拷問により殺される  3月 三陸地方大地震。津波により多くの被害が出る  9月 伊勢丹が神田から移転し新宿に出店

< 2016.04 >

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る