<時間旅行>戦前日本の日記

昭和5年: 前日に高等女学校を卒業し、寂しさを募らせる17歳くらいの女性。 #1930年3月22日 #戦前の日記

東京の多摩地区に在住しているようだ。10代の女性。独身。12月5日2月5日3月2日の日記と同じ人物。
diary2016.3.22


ーーーーー きょうになって心細い悲しさが急につのって来た。きょう学校にゆけるんだったらもっと思う存分泣けただろうに。私はきのうもっともっとあきたるまで泣いておけばよかったと思った。どうしても今一度学校へ先生の所へ伺わずには居られない様な気持ち。卒業生でなくては知らないであろうぼんやりとした気持ちで哲ちゃんの後をついてあるく。 ーーーー


日記を書いた女の子は前日の高等女学校を卒業した。日記によれば彼女は優秀だった様で答辞などを読んだりするなど、卒業までは非常に忙しい日々を送っていた。その卒業式が終わり喧噪が過ぎ去ると、ほっとしたのと同時に寂しさが募ってきてしまったようだ。


【昭和5年の出来事】 1月 鉄道省が全線でメートル法実施 ロンドン海軍軍縮会議  4月 上野駅に東洋初となる地下街の『地下鉄ストア』がオープン  5月 川崎武装メーデー事件  9月 浅間山爆発 11月 伊豆地方大地震

< 2016.03 >

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

 

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る