<時間旅行>戦前日本の日記

昭和8年: 警察学校に在学中の10代後半もしくは20代前半の男性。妻は子供を妊娠中。1933年2月19日

11月12日12月23日の日記と同じ人物。
diary2016.2.19


ーーーー 五時頃、非常呼集と叫んで廊下を駆るものあり。素早く跳ね起きて自習室まで帯剣取りに来て見ると、他部署の者は静かに休んで居るのでので一杯喰わされた。誰が飛ばしたデマやら?…… 第一第二審室の者ばかりなので一堂憤慨する事おびただしい。けれど誰の飛ばしたデマとも解らず結局犯人なしだ。日曜なれど外出はせず洗濯をしに於いてより休んで居る。新聞を見る位らい(ママ)所で学科等自習出来ない。時たま屋上をぶらつく位らいの所で有るのだ。 午後にはゆっくり休まんと昼食を済ますと直ぐに寝室行き床に就いたが飯○君や池○君の不ざけて居るのがうるさくなってそれに釣り込まれては誰もが騒ぎ出すので餘りに熟睡出来得ずに終わった。 外出せねば日は長い様な気がする。然し是れにも一興有りだ。 ーーーー


日記の主は妊娠中の妻を残し、警察学校生として宿舎で同期生達と共同生活を送っている。毎日、座学から武道、銃器の訓練まで厳しいカリキュラムをこなしている。しかし、そこは若い男性たちが集まっているだけに、お互い、いたずらしたりふざけたり。意外と楽しそうではある。


【昭和8年の出来事】 1月 ヒトラーが独首相になりナチス政権樹立  2月 『蟹工船』の小林多喜二が特高警察により逮捕。拷問により殺される  3月 三陸地方大地震。津波により多くの被害が出る  9月 伊勢丹が神田から移転し新宿に出店

< 2016.02 >

 

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

 

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る