料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#20

津別・常呂・網走

チミケップ;夕景

 

 

昨夏に続きチミケップ湖へ!
都会の日常とはまるで別世界。

 

 

 

■満天の星とフランス料理を求めて

 

 昨年に続き、再び、チミケップ湖へ!鏡のような湖面、それを包むようにしてある物音ひとつしない森林。都会の日常とはまるで別世界です。
 昨年は、ただし、台風の季節で天気には恵まれず、満天の星が見られませんでした。これが再訪の理由のひとつ。いまひとつは、「ミシュラン」の北海道2017年特別版で「チミケップホテル」が1つ星に輝いたからです。昨年いただいた、目の醒めるような料理は、決してフロックではなかったのですね。
 羽田から女満別空港へ飛び、そこから車で約1時間の距離にチミケップ湖はあります。今回、湖畔の道に車が何台も並び、大勢の人がカメラを構えていました。聞けば「クマゲラ」が巣を作っているとのこと、クマゲラは最も大きなキツツキだそうです。
 それでも、チミケップホテルに着くころには、周囲は静寂の世界です。電話は通じず、テレビも地上波は見ることができません。久しぶりに忙しい日常とはお別れです。テラスに出て、くつろいでいると、昨年同様、都会の垢がみるみる落ちてゆきました。
 夕暮れ時から始まったディナーは、北海道の食材を巧みに使い、それにフランス料理のご馳走のフォアグラ、トリュフを組み合わせ、人里離れた森の中にいることを忘れさせる夢心地のフルコースを堪能いたしました。
 食事が終わって、真っ暗闇の戸外に出て、見上げると今夜は満天の星です!北斗七星、カシオペア、それに流れ星。人工衛星までしっかりと見えました。この星空を見るだけでも、チミケップへやってくる価値があるのではないかしらん。
 翌日は、オホーツク海の常呂までレンタカーを飛ばし、サロマ湖の帆立貝の養殖を見学させてもらい、さらには、網走まで足を延ばしました。「網走監獄」では玄関で記念撮影のみとし、「オホーツク流氷館」でオホーツクの海を眺めながらひと休みです。
1泊ではもったいないので、今回も2泊しましたが、網走からチミケップへ戻る途中、湖畔のキャンプ場近くで、蝦夷鹿にもキタキツネにも出逢いました。まるで、自然動物園ですね。熊だけには出逢わずに済みました。
 2日目のディナーも、昨日にまして素晴らしいフルコース、同じ料理がひとつとして出てきません。
 満天の星も2日連続の幸運です。
 翌日は、昼にシーフードカレーをいただき、テラスのハンモックで昼寝し、名残を惜しみながらチミケップを後にし、女満別空港へと向かいました。
 今度は、冬のチミケップの雪景色を観に来ることにいたしましょう。

 

 *次回は京都です。
 

 

 

 

 

■「チミケップホテル  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym20chimi2 ym20chimi4 ym20chimi3
ホテルの湖畔にて妻の美穂子と テラスにはリスが顔を出す

                         都会の喧騒を忘れる静寂の世界

 

 

 

ym20chimi5 ym20chimi1  
子羊のロースト
 
アスパラガスと時鮭  

 

 

 

■「 網走 」  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym20abashiri2 ym20abashiri1  
「網走監獄」の玄関で記念撮影
 
網走のオホーツク流氷館にて購入
 
 

 

 

■「 常呂・サロマ湖 」  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

 

ym20hotate1 ym20hotate2  

              サロマ湖の帆立貝の養殖

常呂港の土産センターにて購入  
 

 

 

 

 

■「チミケップホテル」

 

住所/北海道網走郡津別町字沼沢204
問い合わせ・予約/0152-77-2121


http://www.chimikepphotel.com

 

*この連載は毎月25日に更新です。次回は京都へ。

 

 

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」など著作多数。 最新刊は「立川談志を聴け」(小学館文庫)。

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る