<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

193

年(昭和7年)11月6日 教会に通う学生の日記。

年齢は20歳くらいだろう。文中のchoirは聖歌のこと。

11.06h11.06

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


ーーーーーO.T.を読む会をさぼってchoirの練習。続く青年会の委員会をすっぽかしてYMへ。而(しか)も説教の最中にProgram(一ケ月の音楽会の)を祈るに到っては最早教会破門に値しよう(中略) 操さんは時折チラリチラリとこちらを見る。気にしている区政に知らぬ顔をするから面白い。休憩時も終わってからも忙しくて結局誰とも話さず。ーーーー


この日記からは彼はあまり真面目なキリスト教信者ではないのが分かる。サークル活動の一環のような形で教会の催しに参加しているようだ。操さんという女性が、自分のことを好いているのではと思っているようで、彼女を気にしている様子が分かる。操嬢はその後また彼の日記に登場するが、それはまた別の機会に。


【昭和7年の出来事】 1月 大相撲春秋園事件  1月 第一次上海事変  2月 上海にて陸軍兵3名が爆弾を抱え的に突撃し爆死。爆弾三勇士と呼ばれる 3月 満州国が建国宣言  5月 五・一五事件。犬養毅首相が殺害される  11月 米大統領選挙で民主党ルーズベルトが現職フーヴァーを破り当選


 

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー