<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

192

年(昭和3年)11月5日 30代の男性の日記

妻子あり。新潟県の温泉旅館が実家で会社勤めをしている

11.05h11.05


今朝は雨が降って居るので座敷の掃除をする。確執をきれいに清めて床飾や(?)道具を整頓する。斯うした時の気分は明るく実に晴れ晴れとして居る。 九時に会社に出勤する。田○君は使用で不在。○坂君は三條へ出張社内は至って寂しい。 正午休に山○君とお茶を飲みながら雑談をする。山○君は二日間軍隊の宿をしたそうだ。十数日の演習に疲れて居った軍人を大に歓待した處非常に感謝して行ったとのことだ。 昼間高田に入営して居る○田君が矢張(?)、演習に来て自分の処へ電話をかけた高田まで徒歩で帰るとのことだがずいぶん辛いであろう(後略)


昭和3年と言えば東京ではモボ・モガが闊歩していたころ。そんな時でも日本人にとっては軍隊は日常に中にあった。文中の高田とは陸軍の高田連隊区のことだろう。現在その地は陸上自衛隊の高田駐屯地になっている。


【昭和3年の主な出来事】 1月 大相撲ラジオ実況放送開始 5月 済南事件。日本軍が山東省済南で国民政府軍と衝突 6月 張作霖爆殺事件 8月 パリ不戦条約調印 10月 蒋介石が国民政府首席となる 11月 昭和天皇の即位の礼


 

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー