<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

192

年大正11年11月21日 20代の独身男性の日記。

熊本県にて農業を営んでいる。

 11.21h 11.21


ーーーー 昨夜午前二時頃雨が降り出して起こされたから今朝は少し眠かった。六時起床。 大変な雨だった。武君と二人でスグ藁の調整をした。僕は切り方をした武君が結束した。(中略) 二時半頃よりわら細工をした足覆製造した。三足製し夕食湯後今夜は伯父が海軍より帰られたから一支部青年で満期祝ひをスルから集会所へ向かった。 今夜より十一月台の理髪当番であった。 ーーーー


農作業をする日々が綴られている。「伯父が海軍より帰られた」とあるが徴兵より戻ったのだと思われる。当時は20歳以上の男性に対して徴兵による兵役が義務付けられていた。日記に出てくる「伯父」はおそらく3年間の兵役(陸軍は2年間)を終えて満期除隊したのだろう。


【大正11年主な出来事】 2月 ワシントン軍縮会議 3月 朝日新聞がラジオの実験放送を実施 4月 ヨシフ・スターリンがロシア共産党書記長に選出 9月 目黒蒲田電鉄(後の東京急行電鉄)設立。11月 アルベルト・アインシュタイン来日 12月 ソビエト社会主義共和国連邦(USSR)成立

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー