<時間旅行>戦前日本の日記

<時間旅行>戦前日本の日記

192

年(大正12年)11月18日 10代の男性。

11.18h11.18

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

独身。呉服屋に勤めながら明治大学の夜間部に通う。東京在住


ーーーー 今日は朝から雨が降って秋の淋しき呼吸を一層淋しくするのである。 お店も今日は永田君が休みなので忙しかったが、別に面白いこともないが○○○○は気持ち良く働いた。 帰りには早瀬君に会い懐かしいことを語り合い彼の恋人の受難のことを語ったが別に○感(?)した様子もなし。彼は○○彼女は美女で死んだだけ幸福だ言っていた。あゝ彼女も可愛想なことをしてしまった。うら若い生をしてこの度の大震災の為に○○○○○にて死せしか。本当に可愛相なことをしてしまった。 ーーーー


文中にある「この度の大震災」というのは言うまでも無く関東大震災のことである。9月1日11時58分、神奈川県相模湾を震源としてマグニチュード7.9の地震が関東地方を襲った。犠牲者のほとんどは東京府と神奈川県に集中し、190万人が被災、10万5千人余が死亡あるいは行方不明になったとされる。この日記でも、友人の亡くなった彼女を悼んでいるが、発生からまだ二カ月あまり。まだまだ地震の記憶や爪痕も生々しかったことだろう。


【大正12年の出来事】 6月 エトナ火山噴火  7月 ケマル・アタテュルクのトルコ政権が連合国とローザンヌ条約を締結  9月 関東大震災発生  10月 ウォルト・ディズニー・カンパニー創立。  12月 ネパールがイギリスから独立  12月 虎ノ門事件

 

<時間旅行>戦前日本の日記
バックナンバー

その他のJAPAN CULTURE

ページトップアンカー