2017年自腹でマイル修行&麺の旅

2017年自腹でマイル修行&麺の旅

#18

讃岐うどん巡礼 1泊2日 250㎞走破!



旅人・KOJIRO(コジロー)




IMG_6015

讃岐うどん巡礼 1泊2日 250㎞走破!
文/写真(iPhone 6s)/KOJIRO

10月29日 搭乗37回目
羽田空港から高松空港へ


前回の徳島に引き続き、四国・香川への旅である。
香川で麺といえば、うどん。
うどんは満腹感が強く、食べ歩き、連食には向かないのだが、
本物の讃岐うどんが食べたい!

雑誌の特集ができるぐらい、
1泊2日レンタカーを使って、気力・体力が可能な限り巡ってみるか。

今回も、JALダイナミックパッケージのツアーを利用する。
タイムセール期間中の申し込みのため、レンタカーは1日500円。
標準25,400円(飛行機代+宿泊費)+1,000円(レンタカー)=26,400円。
ホテルを「ロイヤルパークホテル高松」にしたのでプラス2,300円。
フライトは、羽田始発高松行き、高松発最終羽田行きを利用。
1泊2日、香川の滞在時間は、実に34時間だ。

10月29日、台風22号、日本縦断。
2週続けての台風の影響で、全国的に空の便は大荒れ。
早朝に沖縄に上陸した台風は、四国、近畿方面に北上中。
四国には12:00ごろ最接近するとの予報だ。

羽田空港にはギリギリの25分前に到着。
荷物検査を経て、JALサクララウンジに寄る間もなく、搭乗口へと向かう。

7:40発の高松行きは、台風の影響で雨、風が強く、視界不良のため、
着地できない場合は引き返す、条件付きの運航だ。

JAL475便、高松空港行きは、定刻の07:40 に離陸。

事前に確認したシートマップでは、ほぼ満席だったが、
キャンセルした乗客もいるのか、機内はまばらだった。
左右3席-3席のシート構成だが、一人で独占だったので、ゆったりできた。

高松に近づくにつれ少し揺れた程度で、
台風の影響はあまり感じられず、5分遅れの9:05、高松空港に着陸。
ただ機内から見える景色は、横なぐりの雨、木が激しく揺れ、まさに嵐。

37回目の搭乗無事に完了。



讃岐うどん巡礼
【1日目】
『須崎食料品店』うどん小(温)+温泉玉子 #64
『やまうちうどん』あつあつ小+げそ天 #65
『純手打ちうどん よしや』讃岐もち豚の肉うどん小(温)450円 #66
『なかむら』かけうどん小(冷)+ちくわ天 #67
『釜あげうどん 長田in香の香』釜あげうどん小 #68
『川福 高松本店』ざるうどん #69

【2日目】
『がもううどん』うどん小(温)+あげ #70
『手打ちうどん たむら』うどん小(冷)+オリーブ豚 #71
『山越うどん』 かけ小(熱)+卵の天ぷら+ちくわ天 #72


讃岐うどん巡礼①
「須崎食料品店」


香川県には、約800軒の讃岐うどん屋があるという。
うどん屋は、高松市周辺、丸亀市・坂出市方面、香川西部(西讃)の山間部と県内に広く点在する。

店のスタイルは、セルフ店・製麺所・一般店に分かれ、注文や会計方法も店によって微妙に異なる。

讃岐うどん巡りをする場合、
セルフ店や製麺所は、11:00-13:30 昼のみの営業がほとんどなので、
営業時間、待ち時間(行列)、移動距離などに注意し、
車で効率良く回らないとならない。

讃岐うどんの人気店は、平日でも行列必至。日曜日定休の店が多いため、
日曜日に営業している店は、異常に混むとのことだ。

09:35 オリックスレンタカー空港店

麺の旅、四国は3県目になる。
そういえば、村上春樹「海辺のカフカ」で、僕(少年)が深夜バスを高松で降り、そこから四国をまわっている。
空海の生まれ故郷は、讃岐だ。弘法大師も四国一周行脚している。
多くの人が訪れる香川県、その魅力を探ってみたい。
中年オヤジも、大型台風にもめげず、讃岐うどん巡礼スタートだ。

10:15 須崎食料品店

香川県西部、琴平町の奥、三豊市の住宅街にある「須崎食料品店」に40分ほどで到着。
台風にもかかわらず、店の前の駐車場は地元ナンバーの車でいっぱいだ。
雨のため車の中で食べている人も多い。
スーパー併設の店内に入ると7、8人並んでいる。

メニューは、しょうゆうどんのみ。
大(2玉 320円)、小(1玉 200円)の温・冷。
トッピングは生玉子(30円)と温泉玉子(60円)。
天ぷらはスーパーで買うこともできる。

セルフの店なので、店のお母さんに、まずは小・温と注文を伝える。
麺が切れ、新たに麺を茹でているところなので、5、6分待ちとのこと。
奥の厨房では麺が、豪快に茹でられている。

しばらくして順番に、釜からあがったばかりのうどんが入った丼を渡される。
アツアツの極太の麺、1玉とはいえ結構なボリュームだ。
自分でネギと生姜と入れ、さらに温泉玉子をトッピング。
だし醤油を、まわしかけて完成だ。

IMG_6006

まずは、うどんをひと口いただく。記念すべき讃岐うどん1杯目!
香り豊かで、コシがとても強い!
滑らかなうどんは、もちもちしていてのびもよく、
しっかりした歯ごたえで弾力が凄い。
だし醤油が浸み込んだうどんの旨みが、噛めば噛むほど広がる。
衝撃的に旨い!
しょうゆうどんって、こんなに旨いの!?

ネギ、生姜、温泉玉子と麺、だしをよく絡めて食べる。
太麺なので、中まで温度が下がることなくアツアツのままで、いただける。
温玉とだし醤油、うどんの相性が、抜群にいい。

あっという間に完食。
もう1杯食べたい。もう1杯食べたいが、、、。
丼を返す時に自己申告して会計。うどん小+温泉玉子で260円。

しょうゆうどんとは、斯くも旨いものなのか。

IMG_5720

須崎食料品店
香川県三豊市高瀬町上麻3778
0875-74-6245
営業時間 9:00~11:30頃
水曜日休み
うどん小(冷)200円 温泉玉子60円





讃岐うどん巡礼②
「やまうちうどん」



10:55 やまうちうどん

山に向かう。かなりの山奥だ。
横殴りの雨の中、車を30分ほど走らせて、
静かな山あいの「やまうちうどん」に到着。

外はかなり冷えているが、店内に入ると暖かい。
それもそのはず、薪を焚べた大きな釜で、うどんが茹でられているからだ。

茹で上がった麺を山の清水でしめるのが、こちらのスタイル。
そのため冷たいうどんを注文する客が多いが、冷えるので温かいつゆが飲みたい。

あつあつ小を注文する。ようするに、かけうどんだ。
しめた麺を再び湯どうしして温めてくれて丼に。
そこにネギを入れ、温かいつゆをかけてくれる。

完成した丼を受け取り、生姜は自分でトッピング。
目の前にある天ぷらの山から、げそ天をもらい、事前にお会計を済ませる。
あつあつ小+げそ天で300円だ。

IMG_6008

透き通ったつゆからいただく。
イリコだしが、ドカンと主張する。
関東では味わったことない、イリコの強さだ。
最初は少ししょっぱくも感じるが、舌が慣れてくるとこれがいい塩梅で、旨い。
さらに、生姜を少し溶かしてみると、マイルドでちょうど好みのお出汁に。

うどんは、少し細め。細かったり太かったり、多少ばらつきがあるが、
それも手打ちならではのアジ。

IMG_6007

天ぷらは自家製ではなく、讃岐の名店「藤原屋」のもの。
揚げたてではないが、特大のげそ天は、そのまま食べても旨い。
つゆにつけると絶妙なハーモニーで美味しさが増す。

水が違うのか。麺、だしとも旨い。あっという間に完食。

山の中にあるお店の雰囲気は最高。天気が良かったら、外で食べたかった。

IMG_5733


やまうちうどん
香川県仲多度郡まんのう町十郷字大口1010
0877-77-2916
営業時間 9:00~麺終了次第
木曜日休み
あつあつ小 200円 げそ天 100円




讃岐うどん巡礼③
「純手打ちうどん よしや」


11:40 純手打ちうどん よしや

台風はちょうど高知あたりか、風は強いが雨は小雨になる。
西讃の山間部から30分ほど車を走らせ、丸亀市の純手打ちうどん よしやへ。
2009年開店の新しいうどん屋。すべての工程、機械を使わずに手作り、
小麦粉は香川の地産、讃岐の夢や讃岐すずらんを使用するという、こだわりの店だ。

店内は明るくとてもきれい。
セルフというよりほぼ一般店に近く、豊富なメニューからカウンターで注文し、
薬味のみ好みでトッピングするスタイル。

小麦粉の香りを楽しむためには、かけか、ぶっかけなのだが、
こだわりの店の地産地消を食べてみたいので、
季節限定メニューの讃岐もち豚の肉うどん小(温)を注文する。

IMG_6013

肉があふれんばかり、たっぷりとのっている。
透明のつゆからいただく。最初の印象はイリコが強いが、少し甘めで旨い。
うどんは、温かいつゆなので柔らかめながら、もちもちでツルツル。
喉越しがいい。

そして、甘めに煮あげた讃岐もち豚が、ジューシーで旨い!
つゆの甘み、肉の甘み、肉からしみ出た脂、そこにネギの苦味がいいアクセントになり、
中太のうどんとはベストバランス。

毎日でも食べたい、スペシャルな肉うどん!

IMG_5753


純手打うどん よしや
香川県丸亀市飯野町東二343-1
0877-21-7523
営業時間 7:00~15:00
火曜日休み
肉うどん小(温)450円





讃岐うどん巡礼④
「なかむら」


12:10 なかむら

同じ丸亀市内の老舗のなかむらへ向かう。雨はまだやむ様子はない。
土器川沿い、土手の道を少し走らせると、警備員が駐車場を案内してくれる。
よしやからは5分ほど、古い民家の外観のなかむらに到着する。

小さな入リ口の暖簾をくぐって店内に入り、そこで注文する。

前客は4、5人ほど、待つことなく、かけうどん小(冷)を頼む。
冷たいうどんに冷たいつゆ。地元では、ひやひやと表記する店もある。
初体験の冷たいかけうどんだ。

冷水で締められたうどんを丼に入れてもらい、天ぷらを選ぶ。
1本丸々きれいに揚げられた、美味しそうなちくわ天が目に止まる。
かけうどん小(冷)とちくわ天で320円。
なかむらは、完全セルフの店。
丁寧に食べ方やつゆの場所などの説明をしてくれる。温かいつゆも、冷たいつゆも自分で注ぐ。
また、温かいうどんの場合は、自分で麺を温める。
お会計を済ませて、ネギ、生姜、天かすをトッピングし、
冷たいつゆをたっぷりかけて、店の奥のテーブル席に移動する。

IMG_6014

まずは、うどんからいただく。
讃岐にしてはやや細めで、透明感がありツヤツヤで美しい。
食感はつるつるしていて滑らか。しかし、コシはしっかりある。
独特な喉越しがとてもいい。

冷たいつゆが旨い。
冷たいつゆは、温かいつゆより食材のかどやえぐみなどが出そうだが、
淡くやわらかな味わい。
イリコだけでなく、カツオやさば節なども感じられる。つゆだけごくごく、飲んでしまう。
つゆがなくなってしまったので、少し追加する。つゆのセルフっていいな。

冷たいつゆにちくわ天を浸して、ひと口。
冷かけに天ぷらって、思っていた以上にあう。


冷たいかけうどんって、美味しい。これ、病みつきになる。

IMG_5765


なかむら
香川県丸亀市飯山町西坂元1373-3
0877-98-4818
営業時間 9:00~14:00 ※麺がなくなり次第終了
火曜日休み(祝日の場合は翌日)
かけうどん小(冷)220円 ちくわ天100円





讃岐散策
「丸亀市猪熊弦一郎美術館」



次はどこに行こう。
「なかむら」の店主の弟が営む、同じく丸亀市にある「中村」で食べ比べを予定していたのだが、、、。
さすがにお腹がいっぱい。満腹では味がわからない。
他にも「松岡」「宮武うどん」「彦江」など近郊に行きたい店はあるのだが、
麺の旅、美味しく食べられなければ意味がない。食休みも必要だ。

そうだ、美術館に行こう!

丸亀駅前にある「丸亀市猪熊弦一郎美術館」を訪れることにした。
三越の包装紙・紙袋などデザイナーとしても名高い、画家・猪熊弦一郎の作品・所蔵品を常設公開している。
美術館を設計したのは、ニューヨークMoMAで知られる建築家・谷口吉生。
25年前の1991年に建造されたのだが、大きなスケールで空間が気持ちいい。
駅前という立地なのに、モダンでありながら周りとも調和がとれていて、
内観も外観も素晴らしかった。

IMG_5806IMG_5793





讃岐うどん巡礼⑤
「釜あげうどん 長田in香の香」



14:30 釜あげうどん 長田in香の香

美術館を出ると雨はやんでいた。台風は四国を過ぎたのだろうか。
お腹は戦闘態勢なのだが、
丸亀、坂出方面の讃岐うどん屋は、ほとんど13:30には終わってしまう。
美術館を後にして、ホテルのある高松市内に向かうが、
明日予定していた「釜あげうどん 長田in香の香」に立ちよってみる。
日曜日はかなりの行列と聞いていたのだが、台風の影響か並ばずに入れた。

讃岐でも珍しい、釜揚げうどんだけの店。
普通の讃岐うどんは、コシを出すために必ず冷水で麺を締めるが、
こちらは締めないで茹でたてを提供する。
メニューはシンプルに釜揚げうどんと冷やしうどんだけ。天ぷらもない。

釜揚げうどん(小)を注文し番号札をもらい、空いている席につく。

ほどなくして、茹でたてのうどんと、出汁の入った大きな徳利が提供される。
丼いっぱいに盛られた、きれいなうどんだ。

IMG_6015

徳利から、あつあつの出汁を自分で、器に注ぎ準備万端。
醤油のいい香りが、ふわっと広がる。
まずは麺だけいただく。小麦の香りが豊かだ。
口に含むとふんわり溶けるような柔らかな食感なのだが、
噛みしめると、しっかりとした柔軟なコシがある。

出汁につけて食べてみる。
先代から50年続くという秘伝の出汁は、イリコと昆布、カツオがきいていて、
かえしの醤油とのバランスが絶妙で麺にあう。
シンプルイズベストなうどん。薬味すら必要ない。
麺の香りと出汁の香りのハーモニーも素晴らしい。

IMG_6016

一気に食べ尽くす。
食べることに集中し過ぎて、器と徳利の写真を撮り忘れてしまった!

こんなうどん、食べたことない。また、食べたい。

IMG_5819

釜あげうどん 長田in香の香
香川県善通寺市金蔵寺町本村1180
0877-63-5921
営業時間9:00~17:00
水曜・木曜日休み(祝日の場合は営業)
釜揚げうどん小250円






ロイヤルパークホテル高松
クラブラウンジ「シルク」



ホテルにチェックイン後、夜は外には行かず、ラウンジ「シルク」で過ごす。
すべて宿泊客が使えるラウンジは、朝食ばかりでなく、15:00〜18:00まではティータイムとして、18:00〜22:00まではバーとして利用でき、お酒ももちろんフリーだ。
プレミアムビールやスパークリング、国産の赤白ワインもレベルが高く、
ローストビーフやピンチョンなど、つまみも充実している。
地方での飲み歩きも楽しいのだか、静かで落ち着いた空間で酒を飲むのもいい。
2016年に改装されたロイヤルパークホテル高松は、ロイヤルパークホテルズのグループとの提携はなく、
地元のホテル&観光業の穴吹エンタープライズが経営する。
ラウンジだけでなく部屋もモダンで落ち着いていて、
アメニティーは今治タオルが使われているなど、
わずか70室のスモールラグジュアリーな快適なホテルだった。
IMG_6021IMG_6022




讃岐うどん巡礼⑥
「川福 本店」



23:00 川福 本店

明日も運転があるので、ラウンジでの酒宴は21時で切り上げるが、小腹が空いてしまった。
締めは、やはり麺かな(笑)

ホテルから5分ほどアーケードを歩き、高松市の繁華街にある「川福 本店」へ繰り出す。
無休営業で24時までやっている、呑んべいには貴重な讃岐うどんの老舗だ。
23時、店に入ると客でいっぱいだ。
セルフ店ではなく一般店なので、カウンターでメニューを眺める。
軽くうどんをいただくつもりが、米が恋しくなり、天丼セットを注文。
セットのうどんは、こちらの名物、ざるうどんを選ぶ。

IMG_6017IMG_6020

天丼はボリュームがあり、セットのミニざるうどんも1玉はありそう。
天ぷらは揚げたてなのが嬉しい。深夜にもかかわらず油の切れもいい。
セルフ店のトッピングの天ぷらは美味しいのだが、
どうしても作りおきなので、揚げたてが食べたかった。

ざるうどんは、讃岐としては、かなりの細麺だが、
きっちり冷水で締められていて、コシが強い。
さすが、ざるうどん発祥の店だ。

薬味はネギ、ごまに山葵。
出汁もそばつゆに近く辛めなので、生姜より山葵があうのも納得。
細麺が出汁とよく絡んで、美味しい。
東京人にとっては、馴染みのあるうどんだ。
でも、東京で食べるうどんとは、喉越しも食感も違い、やはり旨いのだ。

讃岐うどん、恐るべし。

IMG_5837

川福 高松本店
香川県高松市大工町2-1
087-822-1956
営業時間11:00〜24:00
無休
天丼セット(ミニざるうどん付き)920円





讃岐うどん巡礼⑦
「讃岐うどん がもう」


10:30 讃岐うどん がもう

ホテルでのんびりしていて、予定より大幅に出発が遅れる。
今日は日曜日定休の店をまわる。
まずは、車で40分ほど、坂出市にある「讃岐うどん がもう」を訪れる。

田植えを終えた田園風景の中に、プレハブ小屋のお店が出現する。
いかにも讃岐うどんという、情緒あふれる雰囲気だ。
15人ほど並んでいるが、地元客が多そうだ。
セルフ店なので、順番が来たらうどんのサイズと温か冷かを伝える。

うどん小(温)と伝えて、温かいうどんが入った丼を受け取る。
ひたひたに煮込まれたあげが気になり、トッピング。
大き過ぎてはみ出してしまう。
先に会計を済ませる。うどん小は150円!あげと合わせても250円だ。

つゆは自分でセレクトする。
店の奥に進み、寸胴に入ったあつあつのつゆを、お玉ですくってたっぷり入れる。
かけうどんの完成。

IMG_6023

店の外に出てベンチで、うどんをすする。
ああ、旨い。体に沁み渡る。
うどんの舌触りはやさしい。硬くもなく柔らかくもなく、でもコシはある。
つゆもマイルドだけど、味わいは深い。

うどんとつゆのバランスがとてもいい。
甘めのあげも、うどんとつゆとの見事な三重奏。

奇を衒うのではなく、おいしさを追求していくと、
誰が食べても旨いと思う、マイルドな味になる。

至福のきつねうどん!

IMG_5873


讃岐うどん がもう
香川県坂出市加茂町420-1
0877-48-0409
営業時間8:30~13:30頃 ※麺がなくなり次第終了
土、日、祝日休み
うどん小(温)150円 あげ100円





讃岐うどん巡礼⑧
「手打ちうどん たむら」



11:20 手打ちうどん たむら

坂出市から西讃に向かい、車で20分ほど綾歌郡綾川町の「手打ちうどん たむら」に到着。
看板もなく入り口がよくわからない。中に入ってみると真ん中に灰皿があり、
囲むようにカウンターがあり、客がうどんをすすっている。

完全セルフで後払い。メニューは、うどん大・小のみ。
うどん小を注文して、奥の厨房に入り、丼を受け取る。
気さくな店主が、いろいろ解説してくれる。
「初めてなら、うどんを味わってほしいから、冷で食べてみて」
とのことだったので、冷たいつゆを注ぐ。
「うどんを打ち、釜で茹で、水で締める。」
という一連の作業が行われている厨房の中にいるので、
なんとも不思議な気分だ。

店内の冷蔵庫から、ここでしか食べられないというオリーブ豚を取りだし、
ネギと生姜もトッピングして、ひやかけ肉うどんの完成。

IMG_6025

麺は太麺。讃岐うどん8杯目だが、一番太い。
香川県産の小麦粉にこだわり、配合しているとのこと。
弾力のある凄いコシだ。小麦粉の香りがとても豊かで強い。
噛めば噛むほど、うどんの旨み、甘みが広がる。

冷たいつゆは、イリコ! パンチの効いたイリコ。
雑味、苦味があるが、あえてそこが旨い。
これぞ、讃岐うどん。

冷蔵庫で冷やされたオリーブ豚は、冷たいつゆなので、なかなかほぐれない。
そのままかぶりつく。口の中で脂が溶けて、特有の甘みが広がる。
地元の綾川町産のブランド豚は、かなり量があるのだが、100円だ。
太麺のうどん、パンチの効いたイリコ出汁にも負けない旨みがある。
どっしりとしたうどんなので腹持ちもいいが、もう1杯食べたかったな。

あと会計なので自己申告し、うどん小(冷)とオリーブ豚で300円の支払い。
肉うどんが300円なんて安すぎる。

讃岐うどんは、どれだけ引き出しがあるのだろう!

IMG_5900


手打うどん たむら
香川県綾歌郡綾川町陶1090-3
087-876-0922
営業時間9:00ごろ~13:00
日曜・祝日休み
うどん小(冷)200円 オリーブ豚100円






讃岐うどん巡礼⑨
「山越うどん」



11:50 山越うどん

今日の目標はあと2軒。
讃岐うどんファンから、絶大な人気を誇る「山越うどん」と「谷川米穀店」。
同じ綾歌郡綾川町の「山越うどん」へ向かう。町内は広い、20分ほどかかる。
大きなメインの駐車場はいっぱいで、店から3分ほど離れた駐車場にとめて、店に向かう。

店に着くと、なんと50〜60人の長蛇の列。
ちょうどお昼時のピークの時間とはいえ、想像以上の行列だ。
飯を食うために、こんなに並んだことはない。

IMG_5906スクリーンショット 2017-11-09 8.03.58

営業時間の短い「谷川米穀店」が間に合わなくなってしまう可能性がある。
セルフの大型のうどん店なので、列はどんどん流れる。
それでも20分ほど待っただろうか。やっと店内に入る。
ほとんどの客が名物の「かまたま」を注文している。

卵は大好きなのだが、生卵はちょっと苦手。
かまたまを回避して、かけ小(熱)注文する。
卵の天ぷらとちくわ天を取って、お会計を済ませる。
お盆に麺の入った丼と天ぷらをのせて、広い飲食スペースに向かう。
うどんが少し冷めてしまったので、たっぷりと温かいつゆを注ぐ。

IMG_6027

表面がなめらかな太麺は、ふっくらしていて、もちもちした心地よい食感が楽しめる。
喉越しがよいので、ずるずると、すすれる。
温かいつゆも、出汁のバランスよく、うどんにあう。

卵の天ぷらとちくわ天を、つゆにひたひたと浸して食べてみる。
天ぷらも申し分ない。卵の天ぷらのトロトロ感がたまらない。

まさに、讃岐うどん王道の旨さ。

IMG_5924


山越うどん
香川県綾歌郡綾川町羽床上602‐2
087-878-0420
営業時間 9:00~13:30
日曜日休み
かけ小(熱)200円 卵の天ぷら100円 ちくわ天100円






讃岐うどん巡礼⑩
「谷川米穀店」


13:30 谷川米穀店

急いで、まんのう町の「谷川米穀店」へ向かう。
山越うどんからは、40分ほどなので計算上はなんとか間に合う。
しかし、ここで痛恨のミス。
ナビで「谷川米穀店」ではなく「谷川製麺所」を選んでしまう。
逆の高松方面に向かってしまう。

途中で気づいたが、後の祭り。
「谷川米穀店」に到着した時には、もう店は閉まっていた。
なんとも残念。

まんのう町はかなりの山間部なので、移動に時間がかかる。
14時を過ぎてしまうと、西讃や丸亀・坂出市のうどん屋の営業は終わっている。

うどんは諦めて、琴平町の金毘羅宮さんをお参りすることにした。
30分ほどかけて、785段の階段を登り御本宮に到着。結構、きつい。
ここから、最終1368段のパワースポットとして人気の奥社を目指すが、
なんと台風21号の影響で、通行止めだった。
御本宮でお参りをして、お守りを購入し下山する。
IMG_6043



10月30日 搭乗38回目
高松空港から羽田空港へ



一旦、高松市内に戻る。
時間があったので高松駅周辺をぶらぶらしていたが、
夕方のラッシュにあたり、高松市内は交通渋滞で動かない。
急いでレンタカーの返却に向かうが、市内から1時間以上かかった。
讃岐うどん巡礼の旅、2日間の走破距離は、実に250キロを超えていた。

早めに空港に着くと、乗るはずの飛行機が、“まだ羽田を出発していない”
というアナウンスが流れてくる。

そのため定刻の20:05より35分遅れて、20:40出発予定とのことだ。
缶ビールでも飲みながら、到着を待つしかない。
メールを確認すると、JALから出発遅延のお知らせメールが届いていた。
4月の但馬から伊丹へのフライトでは、大幅な遅延の電話連絡をもらい助かった。
飛行機が遅れるのは仕方ないことなので、このようなサービスは嬉しい。

空港内の飲食店やお土産屋は閉まってしまい、平日の最終便ということもあり、人はまばらだ。

20:40  35分遅れて、JAL486便は無事に出発。
東京へ向かう最終便は機内も空いていて、帰りも3列シートを一人で独占。
羽田に着陸する瞬間まで、爆睡だった。
2日間でレンタカー250キロの運転は、さすがに疲れた。

21:50 定刻より35分遅れて、羽田に到着する。

38回目の搭乗完了。

目標のVIPサファイア会員になるまで、あと12回搭乗だ。


マイルデータ、搭乗合計38回。


スクリーンショット 2017-11-07 13.33.06
スクリーンショット 2017-11-07 13.30.50
【羽田-高松】
搭乗カウント37回
フライトマイル
354(基本マイレージ)×50%(運賃倍率)=177マイル
FLY ONポイント
フライトマイル×2(国内線倍率)=354
【高知龍馬-羽田】
搭乗カウント38回
フライトマイル
354(基本マイレージ)×50%(運賃倍率)=177マイル
FLY ONポイント
フライトマイル×2(国内線倍率)=354

搭乗回数/38回
FLY ONポイント累計/25,414



高松1泊2日旅のお値段は
JALツアーズ27,700円


1泊2日ツアー/27,700円
交通費/レンタカー1,000円 ガソリン代 約2,000円
麺の旅/3,450円(讃岐うどん8食2,530円 天丼セット920円)
合計/34,240円(※宿泊費含む)

次回は、福岡・博多へ。

※次回掲載は11月27日(毎月2回、第2、第4月曜日連載)


顔

KOJIRO(コジロー)

1964年生まれ。大学卒業後、出版社にて男性ファッション誌、女性ファッション誌、漫画誌、トラベル誌、フリーマガジンなど20誌ほど、編集長として携わる。現在は気ままなフリーランサー。小学生の頃より極度の乗り物酔いだが、飛行機大好き。JALの生涯搭乗数は197回。忘れられぬ旅は、JALファーストクラス(特典航空券)で行ったパリ。麺好きの「食いしん坊」でもある。 

 

2017年自腹でマイル修行&麺の旅
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る