2017年自腹でマイル修行&麺の旅

2017年自腹でマイル修行&麺の旅

#17

徳島麺の旅 23,000円



旅人・KOJIRO(コジロー)




IMG_5613

徳島麺の旅 1泊2日 23,000円
文/写真(iPhone 6s)/KOJIRO

10月10日 搭乗35回目
羽田空港から徳島空港へ


10月である。
12月末日までに50回搭乗するには、まだ16フライトも必要である。
10月4フライト、11月6フライト、12月4フライトを考えているが、
海外取材の予定があり、なかなかタイトなスケジュールだ。

10月10日、06:00 羽田空港、サクララウンジ。
ラウンジは、平日ということもあり、出張のサラリーマンでいっぱい。
今回はレンタカー移動なので、朝からビールというわけにはいかず、
コーヒーを飲みながら軽く朝食をとる。

カメラ代わりのiPhone 6sのバッテリーのもちが悪く、ラウンジでフル充電。
最近は空港内も無料の充電スポットが充実してきたが、
ラウンジは電源が豊富で、のんびりビールやコーヒーを飲みながら充電できるので便利だ。

平日火曜日、1泊2日徳島への旅。
前々回の高知同様に、JALダイナミックパッケージのツアーを利用。
タイムセール期間中だったので、レンタカーは1日500円。
23,000円(飛行機代+宿泊費)+1,000円(レンタカー)=24,000円!
リーズナブルな旅だ。

出発15分前、搭乗口にカードをかざしゲートを通過すると、
カードを認識する音が、他の乗客と微妙に違うことに気づく。
よく見ると係員のモニターにクリスタルと表示されている。
「いつもご搭乗、ありがとうございます」と挨拶される。
なんだか、ちょっと恥ずかしい。
だってクリスタル、たった30回乗っただけ(笑)。

JAL453便、徳島空港行きは、定刻の07:05 に離陸。

機内では、6月まで配布されていた「千社札シール」に変わり、
全国の都道府県、各地を代表する名勝を描いたシール「JAL TODOFUKEN SEAL」が配布されていた。

IMG_5626

『栃木』を1枚ゲット。
忙しそうに働く客室乗務員に、
「シールください」と声がけする中年オヤジ。
コンプリートしたいのだが、ちょっと恥ずかしい。

いつもながらの快適な空の旅。定刻の8:20到着。
35回目の搭乗無事に完了。

徳島空港は、徳島阿波踊り空港とも呼ばれる。
7年前に作られた新ターミナルは、シンプルなデザイン、コンパクトな導線でわかりやすい。
空港入り口の印象的なモニュメントは、阿波踊りのブロンズ像だった。

IMG_5599




徳島 麺の旅
『王王軒』支那そば #59
『西食』特製煮玉子入り中華そば #60
『堂の浦 駅前店』鯛の塩らーめん #61
『セルフうどん やま 徳島駅前店』かけうどん #62
『焼きそば専門店 突貫亭』ソース焼きそば #63



伝統的な茶系、徳島ラーメン
「王王軒」支那そば


徳島といえば、ご当地ラーメンとしてブームになった、
濃い茶色のスープの「徳島ラーメン」が、全国に広く知れ渡っている。
調べて見ると徳島ラーメンは「茶系」「黄系」「白系」に分類され、
それぞれ素材、製法などが異なるようだ。

さっそくレンタカーで、徳島市内からは少し離れた、徳島ラーメンの老舗「王王軒」へと向かう。

空港から国道を走るが、ラーメン店が多い。
隣県の香川の讃岐うどん、また鳴門のやわらかうどんの店も多く点在する。
徳島の人は、麺好きなのだろう。

空港から30分ほどで、「王王軒」に到着。開店と同時に入店する。
すでに地元客で、席は半数ほど埋まっている。
平日の午前中、観光客はさすがにいないようだ。

支那そば(小)と、トッピングの卵の食券を購入する。
徳島は、ラーメンという表記ではなく、支那そばか中華そばである。
また、小が普通サイズ(1玉)になる。

ほどなく、ラーメンがやってくる。
濃い茶色のスープに、チャーシューではなく豚バラ肉がいっぱい盛られている。
もやしとネギに加えて、生卵のトッピングでかなりのボリューム。
まさにイメージ通り、茶系の徳島ラーメンだ。

IMG_5608

アツアツのスープをひと口いただく。
濃厚なとろりとした甘辛い豚骨醤油ベースに、鶏ガラと鰹節の合わせスープ。
コクがあり奥深い味わいで、旨い。

店舗の裏の駐車場にある、八心製麺所で打たれた
中細ストレートの自家製麺は、小麦の香りが豊か。
加水が少なめでパキッとした麺は、喉越しよく、濃厚なスープにあう。

たっぷりの豚バラ肉はちょうどいい甘辛さで、スープ、麺との相性良し。
ご飯にのせて食べたくなる。

生卵を潰しながら、麺に絡めるとよりマイルドな味わいに。
あっという間に、スープまで完食。
濃厚でパンチがありながら、子供も大人も、誰が食べても美味しいといえる1杯だった。

IMG_5508

王王軒
徳島県板野郡藍住町徳命牛ノ瀬446-15
088-693-0393
営業時間 11:00~20:00
木曜日休み
支那そば(小)550円 生卵50円





こだわりの中華そば
「西食」特製煮玉子入り中華そば


徳島の中心街に戻る途中にある、中華そばの「西食」を訪れる。
豚骨をベースとしているが、トッピングは豚バラ肉ではなく、チャーシュー。
玉子は、生卵でなく煮玉子と、徳島ラーメンとは一線を画す。

まだ午前中で、待つことなくカウンターに通される。
特製煮玉子入り中華そばを注文する。

IMG_5610

4、5分で提供される。スープたっぷりで麺が見えない。
最近の都内有名店はスープ少なめなラーメンが多いが、
スープも麺も冷めず、スープもじっくり味わえるので嬉しい。
スープの色は、徳島ラーメンの茶系より黄系に近い。

スープをひと口いただく。
国産豚の丸骨とロース骨を使用しているとのことだが、
臭みはなく、旨み溢れる。
香り豊かな醤油とのバランス、脂の加減もよく丁寧に作られたスープである。

中細のストレート麺は、自家製麺ではないが製麺所に細かい指示をしているようで、
こだわりのスープにとても合う。

スープに埋もれていたチャーシューは、大ぶりな豚バラ肉。
よく煮込まれていて、醤油が浸み込み、スープより濃い味付けで、ほどよい。

煮玉子は少し甘めで、黄身の半熟具合い、とろみが絶妙だ。
スープ、チャーシューとのハーモニーが面白い。

多めのスープも、すべて飲み干して完食。
こだわりの徳島の中華そば、旨かった。

IMG_5540


西食
徳島市川内町榎瀬629-4
088-666-2246
営業時間11:00~15:00 17:00~21:00
月曜日休み
特製煮玉子入り中華そば 680円






ふくよかな鯛の出汁溢れる
「堂の浦 駅前店」鯛の塩らーめん


ホテルにチェックイン後、3軒目、駅近くの徳島ラーメン店を訪れる。
残念ながら、スープ・麺ともに「王王軒」「西食」を超えるものは感じられなかった。

ホテルで休憩後、18時過ぎに歩いて、4軒目「堂の浦 駅前店」を訪れる。
駅から近いのだが、大きな看板はなく、少しわかりづらい。

長いカウンター席の奥に通される。
鯛の香ばしい、いい匂いが鼻をくすぐる。
メニューは、鯛の塩らーめんと雲丹らーめん。
鯛の塩らーめんを注文する。

酒のツマミもあり、夜は飲み客も多そうだ。
客は絶えず、待つ間にカウンターはほぼ満席になる。

IMG_5617

5、6分で香り豊かな、鯛の塩らーめんが提供される。
トッピングは鯛の皮をあぶったもの。
斬新なアイデアで丼は優美なスタイルだ。

透き通ったアツアツのスープを、ひと口いただく。
鯛だ、鯛!!! 
口の中いっぱいに、ふくよかな鯛の旨みが広がる。
まろやかで濃厚な鯛の出汁が、旨い。
インパクトのあるスープだが塩加減はちょうどよく、魚の臭みはない。

このスープに、この麺あり。
極細のストレート麺がスープと絡まって、美味しい。

トッピングは、チャーシューではなく、鯛の皮と白髪ねぎとカイワレと白ゴマ。
香ばしく焼かれた鯛の皮は、パリッとしてよい食感で、アクセントになる。

麺をスルスルと食べつくし、そのままスープを飲み干すか迷うが、
十五穀米に塩昆布がのった替飯を、追加注文する。

IMG_5615

そのままスープに替飯インすると、鯛出汁の旨みたっぷりの鯛雑炊に変身する。

本日4杯、完食。
鯛らーめんに魅了されてしまった。

徳島の再訪は難しいだろうから、
もう1杯、おかわりするかな(笑)

IMG_5562

堂の浦 駅前店
徳島市寺島本町西1丁目45-1
088-652-5112
営業時間12:00~14:00 18:00~23:00
鯛の塩らーめん600円、替飯(塩昆布)200円






朝7時オープン
「セルフうどん やま 徳島駅前店」かけうどん


朝8時、徳島城跡の散歩帰りに、駅近くにうどん屋を発見した。
徳島は、早朝営業の店がとても少ないが、
「セルフうどん やま 徳島駅前店」は、朝7時からオープンしているようだ。
店名の通り、セルフの讃岐うどん系だ。
お得な朝のうどん定食もあったが、シンプルにかけうどんをいただく。
徳島名物の鶏もも天をトッピング。

さっと麺を湯がいてくれて、アツアツの出汁をたっぷり注いてくれる。

セルフなので、取り放題の天かす、ネギ、大根おろし、おろし生姜をたっぷりのせる。

IMG_5616

何も期待ぜずに、徳島5杯目(笑)
スープとうどんをひと口いただく。
あれ!? 旨い。

失礼ながら220円のかけうどん。讃岐ではなく、ここは徳島。
もちもちでしっかりした歯ごたえのうどん。
天かす、ネギ、大根おろし、おろし生姜が出汁にしみ込んだスープは絶妙な味わい。

わずか120円の鶏もも天は、外はサクサクで、中はジューシーで美味しい。
朝から汁まで飲み干して、まさかの完食。

コスパ最高のうどんだった。

IMG_5621


セルフうどん やま 徳島駅前店
徳島市寺島本町東3-12-7
088-611-3622
営業時間7:00~21:00
年中無休
かけうどん220円 鶏もも天120円






珍しい焼きそば専門店
「突貫亭」焼きそば



ホテルをチェックアウトし、空港方面に向かう途中にある、
珍しい焼きそば専門店「突貫亭」に向かう。
徳島で一軒だけの焼きそば専門店である。
開店まもない11時過ぎに到着するが、すでに半分ほど席は埋まっている。

メニューはいたってシンプル、麺(太麺か細麺)、味付け(ソースか醤油)、好きなトッピングを選ぶ。
普通(600円)、太麺、ソース、肉入り(100円)、おとし卵(50円)を注文する。

店内は香ばしい焼きそばのいい匂いで、いっぱいだ。

鉄鍋に盛られた焼きそばが、提供される。
別添えのおとし卵を、自分でインして焼きそば完成だ。

IMG_5619

太麺はモチモチで旨い。キャベツはシャキシャキ。
豚肉は地元のブランド豚阿波ポークを使用とのこと。
臭みもなくしっかりした味わいで、肉はダブルに増量してもいい。

濃厚なオリジナルソースと太麺の絡み具合がよく、
ソースと麺の焦げた香りが、食欲をそそる。
普通(1玉)は、あっという間に完食。

12時過ぎには、かなり混みあうとのことだ。
ジャンクな焼きそばの味わいは、クセになる。
地元のリピーター客が多いというのもわかるな。

シンプルながら、旨い鉄板焼きそばだ。

IMG_5593


焼きそば専門店 突貫亭
徳島市金沢2-2-37
088-664-0423
営業時間11:00~24:00
年中無休
焼きそば(普通)600円 肉入り100円 おとし卵50円






10月11日 搭乗36回目
徳島空港から羽田空港へ


レンタカーを返す前に、もう1杯、徳島ラーメンを食べようと車を走らせるが、
12時をまわり、どこの店も混んでいて駐車場がいっぱいで止められない。

徳島の人って、ほんとラーメンが好きなのね。

7軒目を諦め、レンタカーを返して空港へ向かう。

徳島空港は休憩スペースがあって、出発まで過ごしやすい。
13:45 JAL458便は、定刻通りに出発。
平日の昼、東京へ向かう便は空いていて、
3列のシートを一人で独占。クラスJより快適だ。

帰りの便でもシールを1枚もらう。
年内あと14回の搭乗で、何枚集められるだろう。

14:55 定刻通りに羽田に到着する。

36回目の搭乗完了。

目標のVIPサファイア会員になるまで、あと14回搭乗だ。


マイルデータ、搭乗合計36回。


【羽田-徳島】
搭乗カウント35回
フライトマイル
329(基本マイレージ)×50%(運賃倍率)=165マイル
FLY ONポイント
フライトマイル×2(国内線倍率)=330
【高知龍馬-羽田】
搭乗カウント36回
フライトマイル
329(基本マイレージ)×50%(運賃倍率)=165マイル
FLY ONポイント
フライトマイル×2(国内線倍率)=330

搭乗回数/30回
FLY ONポイント累計/24,706

徳島1泊2日旅のお値段は
JALツアーズ23,000円


1泊2日ツアー/23,000円
交通費/レンタカー1,000円 ガソリン代 約1,000円
麺の旅/2,970円(5食)
合計/27,970円!(※宿泊費含む)


次回は、香川・讃岐うどんへ。


顔

KOJIRO(コジロー)

1964年生まれ。大学卒業後、出版社にて男性ファッション誌、女性ファッション誌、漫画誌、トラベル誌、フリーマガジンなど編集長として携わる。現在は気ままなフリーランサー。小学生の頃より極度の乗り物酔いだが、飛行機大好き。JALの生涯搭乗数は195回。忘れられぬ旅は、JALファーストクラス(特典航空券)で行ったパリ。麺好きの「食いしん坊」でもある。 

 

2017年自腹でマイル修行&麺の旅
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る