THE 百年宿

THE 百年宿

#14

柊屋 HIIRAGIYA ‐KYOTO‐

幕末の志士や文人墨客を魅了した、京の宿。古都らしい室礼のもてなしも、また心地よい。
「THE 百年宿」連載第14回は、日本を代表する観光地、京都の老舗宿「柊屋」をお届けします。

 

 

 

柊家 ―京都府・京都市―
 

 

文:金井幸男

 

柊屋1
「緑豊かな坪庭」
 新館の広間からは、緑豊かな坪庭を望むことができる。洗練された京都の極みが、そこには存在している。

 

日本人の美意識の境地。
洗練の空間で触れる、京の室礼の文化。

 

 井県出身の初代が1818年に創業し、二代目で、旅館業を本業とした。下鴨神社の境内にある比良木神社に帰依したことから屋号を「柊家」とした。「来者如歸」(来たるもの帰るがごとし)の精神を創業より伝え、我が家のようにくつろげるもてなしを大切にする。その控え目ながらきめ細かい接客は、文豪・川端康成も絶賛するほど。
 また客室は、四季の移ろいに合わせて室礼を施す京の暮らしを伝える。夏なら、暑さが和らぐよう、畳の上に網代を敷き、障子の代わりに簾を掛けるといった具合だ。このように京都古来の暮らしに伝わる知恵を取り入れ、情緒豊かな空間を演出してくれる。
 この地だから味わうことのできる京文化がここに。四季折々の京野菜や新鮮な近海の魚介を使った、見た目にも美しい会席料理と合わせ、存分に古都ならではの魅力を楽しめることだろう。
 

簡素ながらも雅な情趣が、
京の都の風情を醸し出す。

柊屋2

文豪・川端康成も愛した「柊家」は、その客室に古きよき京の都の風情を残す。簡素ながら雅な情趣は、確かに格別だ。静かに流れる時間が、旅情を掻き立てる。旧館の客室は、江戸から昭和までの風情が残る数寄屋づくりが特徴。旅情を刺激してくれる。
 
柊屋3
新館の客室は、新しい時代に合わせた設備のなかに、和のしつらえを兼ね備える。「柊家」の伝統がモダンに昇華したお部屋だ。

 


色合いも鮮やかな
四季折々の京料理

 

柊屋4

京野菜や、近海の魚介を贅沢に使った夕食など、四季折々の味覚を満喫できる京料理。繊細な盛りつけ、選りすぐりの器が織りなす鮮やかな色合いも、食欲を刺激する。1日のはじまりとなる朝食では、温かい湯豆腐や焼魚など、心と体にやさしい料理が提供される。
 

柊屋5
夕食では、食材を吟味して調理した京料理が楽しめる。器には、伝統の清水焼きが使用され、一品一品が美しく盛りつけられる。

柊屋ロゴ


ひいらぎや
〒604-8094
京都市中京区麩屋町
姉小路上ル中白山町
電話075-221-1136 (代表)
www.hiiragiya.co.jp


ISBN978-4-575-45557-1 (1)


THE 百年宿

このサイトで紹介する百年宿は、こちらのMOOKでまとめて読むことができます。各地に点在する23施設、創業100年以上の老舗宿。建築、料理、温泉、おもてなし…確かな価値のある宿だけを厳選してお届け。

 

 

 

THE 百年宿
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る