2017年自腹でマイル修行&麺の旅

2017年自腹でマイル修行&麺の旅

#14

京都ラーメンの旅 伊丹往復15,380円



旅人・KOJIRO(コジロー)




IMG_5150

京都 ラーメンの旅 伊丹往復15,380円
文/写真(iPhone 6s)/KOJIRO

8月7日 搭乗27回目 羽田-伊丹
ウルトラ先得7,690円!


8月7日 7:00 羽田空港。

関空から和歌山への弾丸日帰りから、中1日。
今回は、伊丹空港から京都への旅である。
京都でのイベントの仕事があり、2泊3日の旅程。
マイル修行中の僕は、もちろん新幹線ではなく往復飛行機利用。
羽田-伊丹はウルトラ先得7,690円、往復15,380円とリーズナブルだ。

京都は何度も訪れているが、麺といえばそばばかりで、
あまりラーメンを食べた記憶がない。
京都は全国でもっともラーメン激戦区という話も聞く。
そこで仕事の合間に、今回は京都でラーメンを食べることにした。


台風5号の影響
条件付き運行とは


8月7日、空港は台風5号の影響で、混雑していた。
朝方、JALから「条件付き運行のお知らせ」がメールできたので、
空港には早めに到着していた。

「大阪伊丹空港 台風のため引き返すことがあります。」
という内容のメールだった。

関西、四国、北陸方面は、すでに欠航が出ていたが、
JAL107便伊丹行きは、定刻の8:30に離陸した。

機内はかなり揺れた。さすがに寝れない。
三半規管が弱い飛行機好きのおやじは、少し気分が悪くなり、
飛行時間が、いつもより長く感じられる。

揺れはあったが引き返すことはなく、5分遅れ、9:45無事に到着。
27回目の搭乗完了。
なお、この日の羽田発伊丹行きは、15:30以降すべて欠航だった。




京都 麺の旅
『中華そば 高安』中華そば #49
『本家 第一旭 たかばし本店』ラーメン #50
『麺屋 猪一』支那そば 黒 #51


伊丹はまだ小雨だったが、蛍池、十三と乗り継ぎ、
京都の河原町駅に到着した時には、風は強く横殴りの大雨だった。
ちょっとした移動でも全身ずぶ濡れだ。

台風の影響で、予定していたイベントは、すべて中止になった。
仕事絡みのサントリー山崎蒸留所の見学、
パワースポットの鞍馬寺への参拝計画は大幅にくるってしまった。

麺の旅も変更を余儀なくされたが、
雨にも負けず、なんとか数軒まわることができた。


ラーメン激戦区 一乗寺
「高安」中華そば


京都の中心部から少し離れた左京区一乗寺は、京都でもっとも熱いラーメン激戦区だ。
叡山電鉄の一条寺駅下車、4、5分で通称「ラーメン街道」に辿り着く。
京都を代表するポタージュのような濃厚な鶏スープ、ボリューム満点の二郎系、
濃厚豚骨など老舗からニューオープンまで、様々なラーメン屋が並ぶ。
「高安」は、豚骨・鶏がらがベースの京都ラーメンだ。

カフェのようなオシャレな店内は、開店と同時に満席だ。
中華そば、トッピングに謹製味玉を追加する。
無料サービスのライスも付けてもらう。ライスはおかわり自由だ。

IMG_5147

チャーシューは、器から溢れんばかりのボリューム。
豚骨・鶏がらがベースの白濁のスープは、じっくり煮込まれていて、
臭みもなく、まったりクリーミーで旨い。

麺はスープにあう細麺ストレート。
かん水の加減がよく、しなやかなモチモチ麺で食感がとてもいい。

大きなチャーシューは、ジューシーで口の中に肉汁がジワーと広がる。
プラス100円なら、チャーシュー麺にすればよかったな、、、。

IMG_5145IMG_5146

半分食べ終えたところで、テーブルにある「にらごま」を追加。
ニラに唐辛子、ごま油を和えたものだが、辛みがスープに絶妙にあう。
1杯で2度楽しめる。

チャーシューと味玉をライスにのせれば、チャーシュー丼の出来上がりだ。

「ラーメンのスープは残す」
「炭水化物(麺)に、炭水化物(ライス)なんてカロリー多すぎ!」
と控える方も多いと思うが、麺、スープ、ライスすべて完食。

麺の旅を始めて、もう8キロ太ったけど、
完食してしまうんだな。

IMG_4851

中華そば 高安
京都市左京区一乗寺高槻町10
075-721-4878
営業時間 11:30~27:00
不定休
中華そば 780円 謹製味玉120円






創業50年京都ラーメン老舗の味
「本家 第一旭 たかばし本店」ラーメン


JR京都駅近く4、5分のところに、老舗のラーメン屋が2軒並ぶ。
京都では先斗町にも祇園にも近い四条周辺に宿を取ることが多く、
駅周辺は不慣れだが、「本家 第一旭 たかばし本店」は、
一度は訪れてみたいと思っていた、京都を代表する創業50年余の老舗ラーメン屋だ。

朝5:00から深夜2:00まで営業というのも凄いが、
麺、スープ、焼豚、ネギにいたるまで、素材へのこだわりが半端ない。

雨降りしきる台風の夜、さすがに行列はできていなかったが、
暖簾をくぐると満席だった。
相席のテーブルに通され、ラーメンをネギ多めで注文する。
台風の影響か、店内はほとんど地元のひとり客。女性も多い。

厨房には湯気が立ち登り、スープのいい匂いが店内に立ち込める。
5、6分で、溢れんばかりの九条ネギがのったラーメンが、やってきた。

IMG_5149

醤油味のスープが、旨い。
醤油は、京都・伏見の無添加の生醤油とのことだが、
豚骨出汁との相性がいい。
あっさりしているようで、まろやかなコクと旨みがジワジワくる。
スープの脂の加減もちょうどいい。

厳選された小麦粉に塩とかん水のみで練られた中細のストレート麺は、
スープがよく絡み、喉越しよく、スルスルと入ってしまう。

薄切りの焼豚は、たっぷり。かなりのボリュームだ。
赤身、脂身がバランスよくギュッと詰まっていて、特に脂身が旨い。

これだけで十分においしい中華そばなのだが、九条ネギが抜群にあう。
シャキシャキの食感、噛むごとに溢れる独特の甘みが、
スープと麺をさらに引き立てる。

老舗ならではのこだわりの味、磨かれ続ける京都ラーメンだった。

IMG_4895

本家 第一旭 たかばし本店 
京都市下京区東塩小路向畑町845
050-5570-0973
営業時間5:00~26:00
木曜日休み
ラーメン 700円 ネギ多め(無料)






並ぶ価値あり!
「 麺屋 猪一」支那そば 黒


今回、京都でもっとも訪れてみたいと思っていたのが、
河原町の「麺屋 猪一」。

先輩のそば好きおじさんから、
「京都に行ったら、そばではなく、支那そばを食べよ」
「白、黒、2杯は行っとけ」と教えてもらったのだ。

台風一過で気温は一気に上昇し、夕方になっても、まだ30度以上ある。
サントリー山崎蒸留所を見学後、河原町に向かう。
河原町から10分ほど、寺町通を奥に入った商店街の一角に「麺屋 猪一」はあった。
夜のオープンから間もないのに、すでに7、8人並んでいる。
最後尾に着くと店員さんから、メニューとともに凍ったおしぼりを渡される。
一気に汗が引く。なんとも嬉しいサービスだ。

メニューによると、ラーメンは、支那そば、鶏そば、和牛そばの3種類。
さらにスープは白(白だし醤油)、黒(濃い口黒醤油)の2種類から選べる。
2杯いけるかな? ご飯ものも、魅力的な字面ばかりで悩ましい。

シンプルに支那そば 黒を注文する。

店内はカウンター6席にテーブル2×2席の10席ほど。
20分ほどで、カウンター席に案内される。
デザインされた店内は、ジャズが流れて、
和モダンで落ち着いた雰囲気だ。

カウンターに着いてから、
どうしても気になっていたご飯「炙り帆立と豆腐のだしマヨ丼」を
追加注文できるか尋ねると、快く引き受けてくれた。
ただし、そば、ご飯を出すタイミングを考えているようで、
本来はご法度!
しかも、炙り帆立が時間がかかるようで、
スタッフのペースを乱してしまい、申しわけない気持ちでいっぱい。

IMG_5152

すでに注文済みなので、支那そばは、それほど待たずに提供される。
見るからに美しいスタイルの支那そばだ。

まずは、スープからいただく。
脂ひとつ浮いてない、澄んだきれいなスープは、
最初はしっかりした昆布の旨みが、やってくる。

極みの旨さだ!

後からじわーっと、黒醤油のコク、甘み、旨みがやってくる。
動物系(豚・鶏)の脂を一切使っていないスープは、
実にまろやかで上品な味わい。

無添加の北海道産小麦を使用したストレートな細麺は、
絶妙な茹で加減で、ツルツルで弾力があり、食感豊かでおいしい。
ほんのり、小麦の香りがする。

京の都もち豚を使用したちゃーしゅーは、器の半分をしめるほどのボリューム。
薄切りながら、赤身の旨みと脂身の旨みが凝縮されていて、スープに溶け出す。

味付け玉子は濃厚ながら上品な味わい。黄身の部分の甘みが旨い。

最後に、七味、一味やとろろ昆布を少しだけ入れてみる。
これは好みか、旨いスープは入れても入れなくても、
正直なところ、どこまでも旨い。

たとえば焼酎をこのスープで割ったら、素晴しくおいしいと思う。

ブレのない完成度の高い、支那そば。恐れ入りました。
個人の好みですが、2017麺の旅、ベストの一杯だった。

IMG_5151

ご飯「炙り帆立と豆腐のだしマヨ丼」も、素晴らしかった。
この食材の組み合わせの発想が凄い!

行列ができるには理由がある。
接客も素晴らしく、とても気持ちがいい。
並んでも食べる価値があった!

明日、京都を発つ前に、再訪決定!
すべてのメニュー、麺、ご飯を食べてみたい。

IMG_5026

麺屋 猪一
京都市下京区恵比須之町528 エビステラス1F
電話非公開
営業時間 11:30~14:00 17:30~22:00(火-土) 
11:30~14:00 17:30-21:00(日)
月曜日休み
支那そば 黒 800円 炙り帆立と豆腐のだしマヨ丼 450円




8月9日 搭乗28回目
伊丹より羽田へ



帰り際、ギリギリに打ち合わせが入り、
麺屋猪一の再訪は、次回へ持ち越しとなった、、、。
京都、やはり奥深い食文化の街だ。
まだまだ行ってみたいラーメン屋が数多くある。

河原町から十三、蛍池を経由して伊丹空港へ。
約1時間ほど670円の旅は、悪くありません。

お昼を食べてなかったので、ANA側の到着ロビーにある551直営の店舗で、
蒸し立ての豚まんを頬張る。
JAL側は、冷凍のお土産しか置いてないのが残念。

14:30 JAL120便は、定刻通り出発。
行きとは違い、揺れることもなく快適なフライト。

15:40 定刻通りに羽田に到着する。

28回目の搭乗完了。

VIPサファイア会員になるまで、あと22回搭乗。
30回搭乗で達成する準VIPのクリスタル会員までは、あと2回!
次回の旅で、まずは第1ステップをクリアだ。

スクリーンショット 2017-08-29 6.07.10のコピー


マイルデータ、搭乗合計28回。


【羽田-伊丹】
搭乗カウント27回
フライトマイル
280(基本マイレージ)×75%(運賃倍率)=210マイル
FLY ONポイント
フライトマイル×2(国内線倍率)=420
【伊丹-羽田】
搭乗カウント28回
フライトマイル
280(基本マイレージ)×75%(運賃倍率)=210マイル
FLY ONポイント
フライトマイル×2(国内線倍率)=420

搭乗回数/28回
FLY ONポイント累計/19,566

京都への旅のお値段は
ウルトラ先得15,380円+1,340円


飛行機/15,380円(羽田-伊丹 ウルトラ先得7,690円+7,690円)
交通費/1,340円(伊丹空港-河原町 往復)
麺の旅/2,300円(3食)
合計/19,020円!(※宿泊費含まず)


次回は、四国地方へ、高知麺の旅


顔

KOJIRO(コジロー)

1964年生まれ。大学卒業後、出版社にて男性ファッション誌、女性ファッション誌、漫画誌、トラベル誌、フリーマガジンなど編集長として携わる。現在は気ままなフリーランサー。小学生の頃より極度の乗り物酔いだが、飛行機大好き。JALの生涯搭乗数は187回。忘れられぬ旅は、JALファーストクラス(特典航空券)で行ったパリ。麺好きの「食いしん坊」でもある。 

 

2017年自腹でマイル修行&麺の旅
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る