韓国の旅と酒場とグルメ横丁

韓国の旅と酒場とグルメ横丁

#113

「韓国ロス」のみなさんへ〈8〉

korea00_writer.gif 

  

 真夏にマスクをして歩くことになるとは夢にも思わなかった。

 韓国では国内移動が制限されるほどではないからまだいいのだが、日本はお盆の帰省に待ったがかかった地域もあると聞いた。

 読者さんのなかには夏が終わるころには日韓の渡航ができると予想し、9月には私がガイドを務めるパーソナルツアー『ソウル大衆酒場めぐり』を予約してくれている人が3組もいる。しかし、延期は濃厚である。

 

日本から聞こえる「韓国の飲み屋街恋し」の声 

 私の仕事の性格上、日本の読者や知り合いはみな旅と飲み歩きが好きなので、メールやSNSで嘆きのメッセージがたくさん寄せられる。

 数日前にTwitterに上げた鍾路3街駅3~6番出口の屋台の写真(下)に多くの反応(アップから3時間で1万ビュー超え)があったのもその表れだろう。

 

01

鍾路3街駅6番出入口を西方向に少し歩いたところにあるポジャンマチャ(屋台)。2016年7月撮影

 

 今の日本で韓国の飲み物や食べ物を入手したり再現したりするのは難しくない。しかし、私の読者が重視する風情やサラムネムセ(人の匂い、生活感、活気)はやはり現地でないと味わいにくい。

 

02

鍾路3街駅6番出口辺りから3番出口方向を望む

 

 上の写真のような屋台街の代理満足を得られる日本の繁華街を挙げるとしたら、東京なら浅草の通称「ホッピー通り」(伝法院の西側のモツ煮込み屋通り)、大阪なら通称「裏天満」(環状線天満駅北側の飲み屋街)ではないだろうか。

 浅草のホッピー通りは「あそこは観光酒場だから」と敬遠する人がいるかもしれないが、飲み屋ばかりが20軒も連なり、どの店も通りに向かって開放されているという場所は日本でもなかなかないと思う。

 

03

04

東京浅草、ホッピー通りの東側。モツ煮込み、モツ焼き、お好み焼きなどの店が軒を連ねている。店先の席に陣取れば、密も避けられそうだ

 

 しかも、あまり知られていないが、この通りは済州出身の在日同胞の店が今も多く、ちょっとしたコリアンタウンなのである。10年ほど前まではもつ焼き屋の並びに、生地を意味する「옷감」というハングル看板を掲げる店が確認できた。

 話し好きの主人の店に当たれば、“リトル済州”が形成された歴史を教えてもらえるかもしれない。

 裏天満のほうは2年前の夏、大阪でトークイベントがあったときに初めて訪れた。ビールケースを椅子代わりにして店先で飲ませる大衆的な店もあれば、酒樽をテーブル代わりにしたおしゃれな立ち飲み屋もあり、とても楽しかった。東京の西荻窪駅南側の飲み屋街をスケールアップしたようなところと言えば、関東の人でもイメージしやすいだろうか。その飲み屋の数の多さと路上飲みを楽しむ様子に、楽園洞や益善洞の賑わいがダブって見えた。

 

05

06

裏天満の飲み屋街。東京より大阪のほうが外で飲食を楽しめる店が多いように感じた

 

 東京には新大久保、大阪には鶴橋という大規模なコリアンタウンがあるのだが、韓国人である私の目には、浅草や天満の繁華街のほうにより韓国的なものを感じてしまう。みなさんも海外渡航解禁を待ちながら、もう一度、足元を見つめなおしてみてはいかがだろうか?

 

(つづく)

 

●文庫『美味しい韓国 ほろ酔い紀行』好評発売中‼

 本連載を収録した新刊『美味しい韓国 ほろ酔い紀行』が、双葉文庫より発売中です。韓国各地の街の食文化や人の魅力にふれながら、旅とグルメの魅力を紹介していきます。飲食店ガイド&巻末付録『私が選んだ韓国大衆文化遺産100』も掲載。ぜひご予約ください。

 

カバー03

双葉文庫 定価:本体700円+税

 

*筆者の近況はtwitter(https://twitter.com/Manchuria7)でご覧いただけます。

 

*本連載は月2回配信(第1週&第3週金曜日)の予定です。次回もお楽しみに!

 

 

korea00_writer

korea00_writer.gif

紀行作家。1967年、韓国江原道の山奥生まれ、ソウル育ち。世宗大学院・観光経営学修士課程修了後、日本に留学。現在はソウルの下町在住。韓国テウォン大学・講師。著書に『うまい、安い、あったかい 韓国の人情食堂』『港町、ほろ酔い散歩 釜山の人情食堂』『馬を食べる日本人 犬を食べる韓国人』『韓国酒場紀行』『マッコルリの旅』『韓国の美味しい町』『韓国の「昭和」を歩く』『韓国・下町人情紀行』『本当はどうなの? 今の韓国』、編著に『北朝鮮の楽しい歩き方』など。NHKBSプレミアム『世界入りにくい居酒屋』釜山編コーディネート担当。株式会社キーワード所属www.k-word.co.jp/ 著者の近況はこちら→https://twitter.com/Manchuria7

紀行エッセイガイド好評発売中!!

korea00_book01

うまい、安い、あったかい 

韓国の人情食堂

korea00_book02

港町、ほろ酔い散歩

釜山の人情食堂

isbn978-4-575-31182-2

韓国ほろ酔い横丁 

こだわりグルメ旅

 

 

韓国の旅と酒場とグルメ横丁
バックナンバー

その他のアジアの人情グルメ

ページトップアンカー