THE 百年宿

THE 百年宿

#11

落合楼村上‐OCHIAIROUMURAKAMI SHIZUOKA・IZUYUGASHIMA-

 

 

「THE 百年宿」連載第11回は、伊豆天城の湯ヶ島温泉の老舗「落合楼村上」をお届けします。

「百年宿」の魅力を支えるのは、建築、温泉、料理、おもてなしはもとより、季節だけでなく、人生の節目などにも合わせて部屋を彩る室礼(しつらい)や、伝統技術に寄り添い、文人墨客らを陰で支える心遣いなど、その文化にある。語るに足りる「百年文化」に満ちた宿で、当時に思いを馳せてみよう。

 

 

国登録有形文化財の宿落合楼村上 ―静岡県・伊豆市―

伊豆天城湯ヶ島温泉の恵みを受ける、明治創業の歴史ある客亭。
狩野川の渓流に寄り添うように佇む様は、まさに山中のオアシス。
一歩踏み入れば、奏でられるせせらぎが心地よい、別世界がそこに。
 

文:金井幸男

落合楼
「渓流丁」
 渓流の流れを眺めながら、のんびりとコーヒーを楽しめる休憩処。清らかなせせらぎに、心が洗われる。絶え間ないせせらぎが凛とした和の空間の静寂を引き立てる。宿は本谷川と猫越川の合流地点に位置する。「落合楼」の名は、ふたつの川が“落ち合う”ことに由来するそう。

 

明治のころから
天城を越える旅人たちを
癒してきた地。

 

町時代より、金の採掘で賑わっていた静岡県湯ヶ島。のちに温泉が発見され、坑夫や天城越えをする旅人の休憩地として栄えるように。江戸から明治に移り、民間による開発が盛んになった明治七年、前身の「眠雲楼」が完成する。七年後に常連客だった山岡鉄舟が「川と川が落ち合う辺に建つ宿」と歌ったのを機に、「落合楼」に改名。以降「眠雲閣落合楼」の屋号は平成十四年まで続く。山岡のほかにも、田山花袋や島崎藤村らが来訪。文人墨客に愛される宿と周知されることに。大正には川端康成が頻繁に訪れ、その後も梶井基次郎など、多くの作家や芸術家を惹きつけ、昭和に入ってからは若山牧水や北原白秋が長逗留。文化人の社交場としても名を馳せた。
 平成九年には、五棟の建物が国の有形文化財に登録されるも、五年後の八月に「眠雲閣落合楼」は幕を下ろす。しかし、施設改修後の十一月、「落合楼村上」と改め再出発。翌平成十五年二棟が新たに文化財登録となり、長年の歴史を無事に継承した。
 

天城の旅情を感じる
昭和モダンな空間。

落合楼2
7つの建物が文化財に登録されている「落合楼村上」。客室は本館5タイプと「眠雲亭」3タイプにわかれ、それぞれに文化財が持つ歴史と天城ならではの情緒が調和している。写真は「眠雲亭」の座敷で最も美しい、欄間と書院の小障子。ひし形を組み合わせた細かな作りから、職人の息吹を感じる。

落合楼7
職人の技が光る組子細工は見どころ。本館客室「富士山と干し網」には、その名のとおり、富士山と干し網の細工が施された小障子が配されている。

落合楼6
三方にステンドガラスが描かれる「眠雲亭」の和洋室。建築当初から洋室を配置していたからできるしつらえだ。「眠雲亭」和洋室のベットカバーやカーテンには、創業当時から変わらないウイリアムモリス柄の生地を使用。昭和モダンな空間を引き立てる。
 

渓流の流れを間近で感じる
源泉かけ流し温泉。

落合楼3

お湯は天城湯ヶ島温泉の源泉かけ流し。3つある浴場のなかでも、かつて天城の天狗が人目を忍んで訪れていたといわれる「天狗の湯」には、全国でも珍しい「洞窟風呂」がある。一歩入ると不思議な雰囲気に包まれる。薄暗い空間で水滴が滴る音色を聞きながら入るお湯は、ほかでは味わえない、「落合楼村上」ならではの魅力。

落合楼5
【写真・左】露天風呂「天狗の湯」。効能には、神経痛や筋肉痛、動脈硬化などがある。【右】モダンタイルがあしらわれた大浴場。渓流のせせらぎを楽しめる半露天風呂や予約制の貸切露天風呂も併設されている。
 

伊豆をまるごと味わえる
月替わりの献立。

落合楼4

月替りの献立は、11種類の前菜にはじまり、農園から直接仕入れた本わさびでいただく地魚など、その時季の旬が満載。伊豆の滋味を余さず味わえるのがうれしい。伊豆の味覚のひとつ狩野川の天然鮎を使った塩焼。また夕食では、自分の好みに合わせて通常の献立をグレードアップ可能。とくに「伊勢海老の鬼殻焼き」は人気のグレードアップメニューだ。伊豆の清流で育った本わさびも絶品。

落合楼ロゴ


おちあいろうむらかみ
〒410-3206
静岡県伊豆市湯ヶ島1887-1
www.ochiairou.com
電話0558-85-0014 (代表)


ISBN978-4-575-45557-1 (1)


THE 百年宿

このサイトで紹介する百年宿は、こちらのMOOKでまとめて読むことができます。各地に点在する23施設、創業100年以上の老舗宿。建築、料理、温泉、おもてなし…確かな価値のある宿だけを厳選してお届け。

 

 

 

 

 

 

 

 

THE 百年宿
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る