料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#11

北海道・津別チミケップ

 

%e7%b9%9d%e6%a7%ad%e3%81%9b%e7%b9%9d%e5%81%b5%ce%bf%e9%a8%be%ef%bd%a3%e9%9c%88%e3%83%bb1%e8%9d%97%e6%a7%ab%e3%83%bb%e9%80%b5%e3%83%bb11-02

 

 

静寂なチミケップ湖畔に佇む
小さなオーベルジュに

 

 

日本にもこんなに音のない静寂な世界があるのだと実感する森と湖です。
羽田から女満別空港へひとっ飛びすると、ヨーロッパの空気にも似た別世界が広がり始めます。じつは、20年前にも一度出かけたことがありました。

空港でレンタカーを借り、車を走らせること約1時間、津別から舗装されていない道を進むと、しばらくして看板も電線も見当たらない原生林に囲まれたチミケップ湖が現れました。鏡のような湖面で神秘的でもありました。
 今回は、続けてやってきた台風の影響で道が分断されたため、北見までバスで出て、そこからタクシーに乗り込みました。

森の中から見えてきたチミケップホテルは20年前と全く変わっていません。チミケップでは何ともゆったりとした時間が流れているのですね。
 秘境とまではいきませんがこの辺鄙な場所へわざわざ出かけた理由は、家内の美穂子が満天の星を見たいという願いと、アメリカ一と言われるナパのフランス料理店「フレンチランドリー」で修業を積んだシェフの作る料理を食べてみたいという私の思いが一致したからです。その料理の素晴らしかったこと!津別産のトマト、十勝産のポワローネギ、常呂産のホタテ貝、エゾアワビ、カスべ(エイ)赤平産の鴨など地元の食材を駆使して、フレンチをベースにした渡辺賢紀シェフの「きょうの料理」!これこそ、鄙にも稀な料理と言ってよく、食卓の小さな奇跡と呼んでいいかもしれません。リゾートホテルでくつろぐことが目的で、料理など全く期待をかけていないお客様が召し上がったならば、誰もが目を瞠るに違いありません。
 このホテル、部屋にはテレビも時計もありません。携帯も使えません。言ってみれば、この地に来たのなら、俗界から離れ、自然界に身を委ね、日が昇り始めたら起きだし、日が沈んだらゆっくりとお休みください、というホテルからのメッセージなのですね。これぞ、リゾートホテルです!
 2泊3日の滞在でしたが、台風の影響もあって、夜空には星が瞬きませんでした。良く晴れ渡った日の晩などは、天の川が横たわっているのが見えるそうです。なにしろ、夜中は四方八方真っ暗闇なのですから。これは次回のお楽しみとなりました。
 1泊2食の旅、今回はチミケップホテルの食事がすべてでしたが、行き帰りの女満別空港では、「豚丼」と「メロンソフト」をいただきました。「豚丼」は帯広発祥の名物丼で、甘辛いタレを絡めた豚肉が何枚も御飯の上に並べてあります。「メロンソフト」は贅沢にも二つ切りにしたメロンにソフトクリームが盛ってあり、北海道ならではのご馳走です。もし、この空港を利用したときには、ぜひともお薦めです。そして、お土産には「熊のまくら」という名のかりんとうとドーナッツが合体したお菓子を買い求めました。


 

■「チミケップ湖   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym11mizuumi01 ym11mizuumi02  
静かな佇まいの小さな湖 音のない静寂な世界  

 

■「チミケップホテル   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym11hotel01 ym11hotel02 ym11hotel03
原生林の中に大人ための小さなオーベルジュ 湖畔に面したテラス 家内の美穂子と一緒に
     

 

■レストラン  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym11meshi01 ym11meshi02 ym11asameshi02
鯖のマリネ 赤平産のカモ肉のロースト、赤ポルトソース シェフの渡辺賢紀さんと

 

ym11cha01 ym11cha02  

鴨から作った「鴨節」を削り、サイフォンで抽出する芳醇なスープ


 
 

 

朝食・昼食  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym11asameshi03 ym11asameshi01  
シンプルなスクランブルエッグとソーセージ 絶品オムライス  

 

 

 

■女満別空港にて  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym11sohuto ym11butadon  
贅沢なご馳走「メロンソフト」 帯広発祥の名物「豚丼」  

 

 

 

■「チミケップホテル」 

住所/北海道網走郡津別町字沼沢204
問い合わせ・予約/0152-77-2121
http://www.chimikepphotel.com

*この連載は毎月25日に更新です。次回は「東京」へ。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には、農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」など著作多数。 

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る