日本全国 相撲めしツアー!

日本全国 相撲めしツアー!

#11

『旬菜大食坊 ごっちゃあん』

文・武田葉月

元幕下・千代の灘が姉と営む静岡市の相撲料理店

 4カ月ぶりにおこなわれた本場所、大相撲七月場所は、平幕・照ノ富士の復活優勝でおおいに盛り上がりました。
 大関経験者の照ノ富士は、ヒザの負傷、内臓疾患などで、一時「無給」の序二段まで番付を下げました。幾度も師匠(伊勢ヶ濱親方)に引退を直訴しましたが、師匠は「ちゃんと体を治しなさい。すべてはそれから」と照ノ富士を慰留。そうした後押しを受けて、2年半ぶりに復活したこの場所、幕尻で優勝を果たすとは、誰もが予想できないことでした。
 本来なら、7月は愛知県名古屋市でおこなわれる本場所は、新型ウィルスの感染拡大に配慮して、東京・両国国技館で開催。無事に15日間を終えた相撲関係者は、皆安堵の表情を浮かべていました。
 さて、その名古屋からもほど近い、静岡市で相撲料理店と言えば、創業19年の『ごっちゃあん』。お店の店主は、元幕下・千代の灘の山中与志久さんです。
 元横綱・千代の富士(のちの九重親方)のスカウトを受けて、九重部屋に入門したのが昭和63年春場所のことでした。
 173センチ、130キロほどの決して大きくない体で、大横綱・千代の富士を目の当たりに稽古に励みました。千代の富士が引退し、師匠となってからも何かと親身になってくれたそうです。
 平成6年、本名の山中から千代の灘に四股名を改め、幕下も経験したものの、ケガの影響もあって、13年夏場所を最後に、29歳で現役を引退。
「もともと、母と姉が小さな居酒屋をやっていたんですよ。私の引退を機に、姉弟がメインとなった今のお店にリニューアルしました。引退後、『少しゆっくりしようかな?』とも思ったけれど、1週間もしないうちに仕事を始めました(笑)」
 と当時を振り返る山中さん。店の屋号、『ごっちゃあん』は、相撲用語の「ごっちゃん(ごちそうさま)」と、和洋折衷、老若男女が集うごちそう処になるように…との意味があるそうです。
 店内は明るくポップなインテリアで統一されていて、昭和63年春場所入門の同期生(若乃花、貴乃花、曙)の手形や、貴乃花、魁皇(現・浅香山親方)との3ショットなど、相撲ムードも満載。

 

IMG_0084IMG_0028
若、貴、曙の手形。

 

IMG_0051
同期生の貴乃花、魁皇と共に。

 

 まずは、お通し3種盛りから。お通しは毎日内容が変わり、この日はクラゲとキュウリの酢のもの、ナスの田舎煮、枝豆と新じゃがのサラダと夏らしさを意識したメニューです。

 

IMG_0099

 

 人気メニューのイカのマヨネーズ焼きは、見た目も美しい一品。

 

IMG_0107

イカがまるで花の一部のような趣きになっている。850円。

 

 箸置きにも一工夫。かわいいお相撲さんをモチーフの箸置き。

 

IMG_0101

 

 お刺身盛り合わせは、適宜刺身の内容が変わります。

 

IMG_0201
静岡の新鮮なお刺身盛り合わせ。1250円。

 

 お酒の種類も豊富です。おすすめは、静岡のこの日本酒。

 

IMG_0141

左から、天虹(500円)、磯自慢(600円)、正雪(650円)。

 

 季節の食材として、この日は天然鮎の唐揚げが提供されました。春には、地元の山菜料理などが楽しめます。

 

IMG_0157

天然鮎の唐揚げ。日本酒との相性も抜群。850円。

 

『ごっちゃあん』の一番人気は炭火つるし焼豚。伝統の製法で、炭火でじっくり焼き上げた焼豚は、グラム単位でのテイクアウトもやっていて、季節を問わずに、お客様が買い求めると言います。

 

IMG_0184
炭火つるし焼豚。店内での価格は、500円。

 

 ウィルス対策として、タブレットによるオーダーで対応しています。

 

IMG_0120

 

 さて、数年前から、静岡市内の相撲道場で、子どもたちの相撲の指導をしている山中さん。
「コロナ禍の今年は、わんぱく相撲など各種大会がなくなり、本当に残念ですが、静岡にも有望な少年少女がたくさんいます。彼らが成長する手助けをできたらいいですね」
 と、将来の「関取候補」たちに夢を託しています。

 

IMG_0132

店内には、尊敬する故九重親方の書も飾られています。

 

 もちろん、一品料理以外に、特製チャンコ鍋(ソップ炊き、スープ炊き、コクみそ)もあり、コース料理は3000円~とお財布にやさしい『ごっちゃあん』。いろいろな楽しみ方ができます。

 お姉さんのさゆりさんと一緒に、誰もがホッとする、居心地のいい空間を続けていってほしいですね。

 

IMG_0265
息の合った山中姉弟。


*今回訪れた相撲めしのお店
『旬菜大食坊 ごっちゃあん』
住所:静岡市駿河区東新田3-1-8
電話:054-259-8931
営業時間:17時~22時(ラストオーダー)

ランチは、水、木、金、土(11:30~14:00)
定休日:火曜日(不定休の場合あり)

 

IMG_0227

IMG_0213

 

 

*本連載は月1回配信予定です。次回もお楽しみに!
 

 

sumo-meshi00_writer00

武田葉月(たけだ はづき)

ノンフィクションライター。山形県山形市出身。出版社勤務を経て、現職。おもに、相撲の世界を中心に、取材、執筆活動をおこなっている。近著に『大相撲 想い出の名力士たち』(双葉文庫)、『横綱』(講談社)など。文芸誌『小説推理』(双葉社)で「ザ・大関 ~綱に手をかけた男たち~」連載中。

ノンフィクション書籍 好評発売中!!

sumo-meshi00_book01

大相撲 想い出の名力士たち
著・武田葉月

     

日本全国 相撲めしツアー!
バックナンバー

その他の日本のこだわりグルメ

ページトップアンカー