料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#10

陸奥鶴田・鶴の舞橋と八戸・種差海岸

 

10-10

 

 

青森の津軽と南部へ

おいしい食材を求めて

 

■和と洋、両方の風情を味わう


吉永小百合さんがJR東日本の駅貼りポスターに出ている1枚に陸奥鶴田の「鶴の舞橋」があります。夏休みに八戸へ出かける際に行って見ようと夫婦で出かけました。
まずは、東北新幹線で新青森まで行き、そこからリゾートしらかみ号に乗り換えて1時間で陸奥鶴田駅に着きます。このリゾートしらかみ号がヨーロッパタイプの列車でとても快適です。ボックスタイプのシートがお座敷にもなります。
鶴の舞橋は駅から車で10分ほど、人造湖に架けられた木橋で、平成になって造られたにもかかわらず、少し朽ちかけていて、情緒があります。遠景には津軽富士の岩木山が見え、ヨーロッパの空気を感じるような光景です。
この橋のたもとに「つがる富士見荘」という宿があり、ここに泊まりました。日帰りの温泉に立ち寄る観光客も多いそうです。
もし、鶴の舞橋だけ見て、近くの弘前に立ち寄るのであれば、フランス菓子の「アンジェリック」へ出かけてみてください。最上質のケーキをサロンでいただけます。夕食ならばイタリア料理の「オステリア・エノテカ・ダ・サスィーノ」、オーナーシェフの笹森さんが自らの手でワインもチーズも作ってしまう、稀有なイタリア料理店です。
 さて、八戸ですが、市内から30分ほど車を走らせると種差海岸に着きます。天然芝の広がる風光明媚な海岸です。ここで、「たねさし天空ダイニング」というイベントがありました。そこに参加するために出かけていったのですが、魚介の豊富な八戸では、毎年2月3月、街中のフランス料理店、イタリア料理店がこぞってブイヤベースをメニューに載せます。これが「八戸ブイヤフェスタ」。このブイヤベースを、和洋二人の料理人が刺身と鍋に分けてメニューを組み立てたのが「たねさし天空ダイニング」のディナーでした。来年も開催するとのことで、ぜひとも出かけてみていただきたい東北ならではのイベントです。
このディナーでコラボしたのが、八戸の日本料理「七草」の伊東広通さんとフランス料理「ル・ムロン・デ・オワゾ」の小坂学シェフの二人。八戸に1泊して、ぜひとも2軒のお店に出かけてみてください。
宿泊は、チェーン展開している「ダイワロイネット八戸」がお薦め。清潔感は申し分ありません。
そして、泊まった翌日、日曜日であれば朝早くから港で市が開かれています。食料品から日用雑貨まで、大変な賑わいのサンデーマーケットです。

その後、新幹線で隣り駅の七戸十和田へでて、十和田市現代美術館まで足を延ばしました。建物、街並みまでが美術館になっていて、ユニークな作品を楽しみながら、ゆったりとした時間を過ごしました。
 同じ青森と言っても、陸奥鶴田や弘前は「津軽」、八戸は「南部」で、気候風土がかなり違います。それを実感した二人旅でした。

 

■「鶴の舞橋」   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym10turunomai01 ym10turunomai02 ym10sirakami01
情緒溢れる鶴の舞橋 妻の美穂子と橋の前にて 快適なリゾートしらかみ号

 

■「つがる富士見荘」   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym10tugaru01    
鶴の舞橋のたもとにある    

 

 

■「種差海岸   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym10tanesa01    
広大な芝生が広がる種差海岸    

 

 

■「たねさし天空ダイニング  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym10tanesasi02 ym10tanesasi03 ym10tanesasi04
「ル・ムロン・デ・オワゾ」の小坂シェフと「七草」の伊東シェフ 吉次お頭煎餅、糠塚胡瓜 南部味噌添え  天空ブイヤベース -和の吉次とフランスのスープ

 

 

■「七草  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym10nanakusa01 ym10nanakusa02 ym10nanakusa03
新鮮で極上な食材 ご主人の伊東広通さん 和モダンな店内

 

 

■「ダイワロイネット八戸  

ym10daiwa01 ym10daiwa02  
八戸の観光の拠点に ゆったりくつろげるデラックスツインルーム  

 

 

■「八戸朝市   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym10hachinohe01    
港で開催される朝市    

 

 

■「十和田市現代美術館   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym10towada01    
建物や街並みも美術館となっている    

 

 

ym10towada02    
「馬」をモチーフにした十和田市の未来繁栄の象徴
 

 

 

 

 

 

■「つがる富士見荘」 

住所/青森県北津軽郡鶴田町大字廻堰(マワリゼキ)字大沢71-1
問い合わせ・予約/0173-22-3003
http://www.fujimisou.jp

■「ル・ムロン・デ・オワゾ 」

住所/青森県八戸市東白山台3-1-1
問い合わせ・予約/0178-51-8727
営業時間/12:00~14:00 18:00~21:00
定休日/日曜日
https://ja-jp.facebook.com/le.mouron.des.oiseaux/

■「七草」

住所/青森県八戸市番町3 NCビル 1F
問い合わせ・予約/0178-44-7793
営業時間/11:30〜14:00 17:00〜22:00
日曜日・祝日は予約のみ営業

http://www.facebook.com/nanakusa7793/

■「ダイワロイネット八戸」

住所/青森県八戸市八日町1-1
問い合わせ・予約/0178-73-2555 

http://www.daiwaroynet.jp/hachinohe/
 

■「十和田市現代美術館」

住所/青森県十和田市西二番町10-9
問い合わせ/0176-20-1127
営業時間/9:00~17:00
定休日/月曜日(月曜日が祝日の場合は翌日)年末年始

http://towadaartcenter.com/
 

*この連載は毎月25日に更新です。次回は「北海道・津別」へ。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には、農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」など著作多数。 

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る