料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#09

夏の京都

 

9-2

 

 

夏の涼を感じて、

夏ならではの古都の食を楽しむ。

 

■夏の京都へ

 

夏の京都は祇園祭で盛り上がりますが、それを過ぎた真夏の古都も魅力的です。

まず、宿泊先を決めるのですが、市内から1時間ほど車に乗ってでかける鞍馬の先の花背にある「美山荘(みやまそう)」がお薦めです。ここが京都市左京区であることが不思議と思えるくらいに、自然に囲まれた宿で、夏でも朝晩は涼しい風が吹き抜けます。
「美山荘」はもともと大悲山不定寺の門前にある宿坊でした。現在は「摘草料理」を看板にする料理旅館で、フランスでいうところのオーベルジュでしょうか。
夏の名物は、庭でいただく鮎の塩焼きです。鮎は鮮度が命、すぐ近くの川で獲れた鮎を香ばしく焼き上げてくれます。都会では絶対に味わえない夏の味覚と言ってよいでしょう。「美山荘」は、夏ばかりでなく、新緑の季節も魅力で、料理は山菜がたっぷりと味わえます。翌日、市内に戻ったら、保津川下りに出かけましょう。嵐山から船が出ています。いっとき、何とも風流な舟遊びが楽しめます。
街中の料理屋では、祇園の「千ひろ」がお薦め。京料理の割烹ですが、夏だと私が「茄子のただ焼いただけ」と名付ける「焼き茄子」の名品に出逢えます。香ばしく、甘く、口に運んだだけで、茄子が溶け出してしまう傑作のひと皿です。もうひとつ、この季節ならではの「千ひろ」の逸品が「はもまつ椀」です。旬の名残りの「はも」と走りの「松茸」がお椀の中で一瞬の出逢いが叶う日本料理ならではの妙味です。
街歩きのお休み処としては「弥次喜多」が一番。美味しいかき氷が待っています。抹茶とあずきの「氷宇治金時」と「白玉あずき」が、私たち夫婦の定番。「室町和久傳」の喫茶室でいただく「わらびもち」もお薦めです。店内は静かで、「わらびもち」を涼やかにいただくことができます。
それから、忘れてはならないのが「とり安」の鶏のお土産です。少々高めですが「上もも肉」は、ただ焼いただけで味わい深い鶏肉が自宅で楽しめます。経木に包まれた鶏肉は、東京まで持ち帰っても、びくともしません。
また隣の店で、美味しい親子丼をいただくことができます。
 

■「保津川下り   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym09    
妻の美穂子と風流な舟遊び    

 

■「美山荘」 

ym09miyama01 ym09miyama02  
数寄屋建築の見事な空間 「名栗の間」では目の前で食材が料理される  
     

 

ym09miyama03 ym09miyama06  
山郷の野趣溢れる美しい食材
 
夏ならでは鮎の塩焼きとお造り
 
 

 

■「千ひろ   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym09chihiro02 ym09chihiro01  
傑作の逸品「焼き茄子」 一瞬の出逢い「はもまつ椀」  

 

■「弥次喜多  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym09yajikita03 ym090007  
「氷宇治金時」 「白玉あずき」  

 

■「和久傳   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym09muromachi01 ym09muromachi02 ym09muromachi03
1階はおもたせ(物販)、2階が茶菓席 町屋の落ち着いた空間

上品な「わらび餅」

 

■「とり安   PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym09toriyasu03 ym09toriyasu04  
昔ながらの経木に包まれた「上もも肉」 名物の「親子丼」  

 

ym09toriyashu01 ym09toriyasu02  
烏丸御池の老舗かしわ屋(鶏肉販売) 「とり安」のご主人
 
 

 

 

 

■「美山荘」 

住所/京都市左京区花背原地町375
問い合わせ・予約/075-746-0231
http://miyamasou.jp

■「割烹 千ひろ 

住所/京都市東山区祇園町北側279-8
問い合わせ・予約/075-561-6790
定休日/月曜日(夏期・冬期休みあり)
営業時間/12:00~13:00 (予約のみ) 17:00~20:30(L.O.)
http://www.kyotochihiro.com

■「弥次喜多」

住所/京都市下京区四条河原町下ル三筋目東入ル北市之町240-2
問い合わせ/075-351-0708
定休日/火曜日(祝日の場合は翌日)
営業時間/11:30~19:00(L.O.18:30)

■「和久傳 堺町店 茶菓席」

住所/京都市中京区堺町通御池下ル東側 
問い合わせ/075-223-3600
定休日/無休
営業時間/11:30~18:30(L.O.18:00)

http://www.wakuden.jp

■「とり安」(店舗併設)

住所/京都市中京区烏丸通押小路角
問い合わせ/075-241-0456
定休日/木・土・日曜、祝日
営業時間/11:30~14:00 17:00~19:30(L.O) 

http://www.wakuden.jp

*この連載は毎月25日に更新です。次回は青森「陸奥鶴田の鶴の舞橋と八戸・種差海岸」へ。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には、農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」など著作多数。 

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る