旅する&恋する! 韓国ドラマ

旅する&恋する! 韓国ドラマ

#08

韓国ドラマ考察〈5〉男たちよ、門前で待て!

文・『韓国TVドラマガイド』編集部/高橋尚子

 

『1%の奇跡』~足繁く通い、ひたすら待つ男 

 たとえば、玄関を出たとき、その人が待っているとか。帰宅したら、家の前で、また待っているとか。退勤したら、勤務先の前に愛車を留めて、そこに寄りかかって待っているとか!

 ひたすら門前で待つ男。普通に考えたらストーカーだが、素敵な男だったりしたら、もうときめくしかない!

 というわけで、家の前で待ち続ける男、『1%の奇跡』のチェイン(カン・ドンウォン)にめろめろです♡ ヒロインのタヒョン(キム・ジョンファ)がアナログ人間で携帯電話を持っていないため(持っていても何故か毎回諸事情で繋がらない)、彼女に会いたいチェインは門前で待つ。時間によっては、彼女の勤務先である中学校の前で待つ。学校の前なんて生徒がうじゃうじゃで、完全に噂になっちゃうのに、それでも皆がいる前で、彼女を待ち続けるチェインに、悶えるしかありません。

 ホテルの企画室長で鬼のように忙しい人にもかかわらず、車で1時間かけて、彼女に会いに来る、会えるまで待ち続ける。そこでうっかり、彼女がほかの男(イム・ホ)と一緒に帰ってきたのを目にした日には、ものすごい剣幕で彼女を奪い返す(爆)。彼女の両親に結婚を反対されたときなんて、毎日夕方になると現れ、門前で待ち続けるのですよ、チェインくんは!(お仕事、大丈夫?)彼女の姿を見ると、目が輝くのですよ!(可愛いっ)

 

kankokutv08_01

中学校の門前でタヒョンを待ち続けるチェイン君(32歳設定)

MBC ©2003

 

『ごめん、愛してる』~門前待ちの代表格 

 そんな「門前待ち」で有名な男がおります。それは、『ごめん、愛してる』のムヒョク(ソ・ジソブ)! 

 たとえば、ムヒョクはウンチェ(イム・スジョン)の顔を見るため、雨が降ろうが、夜中であろうが、彼女の家の高く頑丈な石壁(セキュリティ完備)に背をもたれ、腕組みをしたまま、微動だにせず待ち続けるのです。もう壁と同化状態。あまりにいつもいるものだから、ウンチェもその壁を見るとムヒョクの幻影を見てしまうほど。

 まぁ正確にいえば、ウンチェ一家が離れに住まわせてもらっているユン母子の邸宅だったりするのですが。とにかく、回数、総時間いずれにおいても、ムヒョクほど門前で待ち続ける男は他に浮かばず。

 ロケ地巡りをした際は、私もこの壁にもたれて「ムヒョク♡」と間接門前待ちを味わわせてもらったっけ。

 

kankokutv08_02

kankokutv08_03

ウンチェを待ち続けるムヒョク。ロケ地はソウルの一等地、江南区のノボテルアンバサダーホテル裏手にある邸宅でした。

©2005 KBS/KBS Media

 

『バリでの出来事』~間抜けだが愛おしい寝待ち男 

 もう1人、印象的な門前待ち男がおります。それは、『バリでの出来事』のジェミン(チョ・インソン)。彼の場合は、門の前というより、敷地内に入り込み、ヒロインのスジョン(ハ・ジウォン)の家の前にある縁台に寝て待つスタイル。帰宅したスジョンは、寒空の下、待ち続けてそこで眠ってしまったジェミンを見つけては、呆れるのだけれど、最終的には帰宅するたび、そこにいないか、無意識に確認してしまうという。もう、こうなれば思うツボです。

 しかし、大抵、スジョンは隣人のイヌク(ソ・ジソブ)と一緒にご帰還だったりして、鉢合わせになるハラハラ展開を導いちゃうわけですが。

 ちなみに、スジョンの隣の部屋に住んでいたイヌクは、引っ越した後、何度もこの家に足が向かってしまいながら、引き返すという行動を繰り返します。多少、愚かな行為と思っても、ジェミンのように待ち続けていたら、イヌクの恋路も変わったのかもしれない…と、悔やまれて仕方ありません(私が悔やむことでもないのだけれど)。

 

kankokutv08_04

kankokutv08_05

薄着のまま縁台で寝てしまうジェミン。寒くないのか?

©SBS

 

『相続者たち』~ロマンチックな門前待ちタン 

 その他にも、個人的好みで言わせて頂くと、回数自体は少ないけれど、『相続者たち』のキム・タン(イ・ミンホ)も門前待ち、彼女のバイト先待ちする男でした。なにせ、ウンサン(パク・シネ)が通う高校の門前に高級車を留めて、下校してくる彼女を待ち(しかも、サングラスをかけて・笑)、ざわつく女子生徒たちに、「その子を、こっちに押してくれる?」。

 この皆が注目するなかで、「俺が待っていたのは、彼女」と言わんばかりにご指名する特別感が、ドキドキもの! そう、どうせなら、皆が見ているなかで堂々と待ち、堂々と連れ去ってほしい。(この場合、タンはウンサンにあっさり、去られてしまうのですが)

 落ち込んだり、何か話したいことがあると、ウンサンのバイト先のカフェの前に、黙って立って待っているタンにもやられます。いいわぁ、待つ男!!

 

kankokutv08_06

ウンサンのバイト先の前で待つタン。ここで数々の名シーンが生まれました。

©SBS

 

 というわけで、旅にも食にもまるで関係ありませんが、人生は「待つ」ことから切り開かれたりもするのだと、私は韓国ドラマから学びました(強引なオチ)。

 

●DVD情報
『1%の奇跡』

〈シンプルBOX 5,000円シリーズ〉DVD-BOX1&2 各5,000円

発売・販売元:エスピーオー

[2003/全26話]出演:カン・ドンウォン、キム・ジョンファ、ハン・ヘジン

 

1501_sb5000s_obi_113_1percent

 

『バリでの出来事』

〈シンプルBOX 5,000円シリーズ〉DVD-BOX 5,000円

発売・販売元:エスピーオー

[2004/全20話]出演:チョ・インソン、ハ・ジウォン、ソ・ジソブ他

 

1405_sb5000s_obi_7_barideno

 

『相続者たち』

DVD-BOXⅠ&Ⅱ、BD-BOXⅠ&Ⅱ 

各22,750円(DVD)、各27,300円(BD)

発売元:KADOKAWAメディアファクトリー、アクロス 販売元:KADOKAWAメディアファクトリー

[2013/全20話]出演:イ・ミンホ、パク・シネ、キム・ウビン

※DVD、BDは韓国で放送された全20話を、日本版全26話に再編集してあります。

 

4disc_BOX_BD

 

 

*『韓国TVドラマガイド』別冊保存版、今年1年を総括した韓国ドラマFILEが、11月21日に発売になりました。今年話題を呼んだ韓国ドラマ全220タイトルを掲載。秋の夜長、年末年始のドラマ鑑賞の参考用に、ぜひご覧ください!

 

韓国TVドラマガイド別冊_ベストセレク

 

韓国ドラマガイド別冊 保存版最新ドラマFILE』

『韓国TVドラマガイド』保存版。巻頭特集にはイ・ジョンソク、ソ・イングク、イ・ジュンギなど豪華スターが勢ぞろい。人気作の全話解説をはじめ、ハマる話題作、最新時代劇、長編ロマンスなど、220タイトル一挙紹介!

 

 

*本連載は月2回(第1週&第3週水曜日)予定です。次回もお楽しみに!

 

 

『韓国TVドラマガイド』編集部

韓国のTVドラマ、映画、K-POP総合情報誌『韓国TVドラマガイド』(双葉社スーパームック・偶数月22日発売)編集部。本誌では人気スターのインタビューやドラマの詳しい解説、DVDリリース情報、テレビ番組表、現地エンタメの最新情報も掲載。編集部公式ツイッターはこちら→https://twitter.com/kankoku_tvguide

双葉社スーパームック好評発売中!

kankokutv_bessatsu

韓国TVドラマガイド別冊

保存版 最新ドラマFILE

isbn978-4-575-45647-9

韓国TVドラマガイド vol.67

ISBN978-4-575-45628-8

韓国TVドラマガイド vol.66

korea-drama00_book01

韓国TVドラマガイド vol.65

旅する&恋する! 韓国ドラマ
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る