呉・広島の旅

呉・広島の旅

#08

呉の街グルメ散歩〈後編〉

編・『TABILISTA』編集部

 

大正創業の老舗食堂『森田食堂』

 呉の街グルメ散歩の後編。取材で呉を先に訪れていた後輩から話を聞いていて、行こうと決めていた店があった。呉駅の近くの食堂『森田食堂』、大正時代の創業という老舗の食堂だ。

 訪れたのは午後の遅い時間帯。食事をしている常連さんもいれば、祝日だったので仲間と野球中継を見ながら楽しく呑んでいる人、自分と同じく一人旅らしき客もいる。

 

kure08_01img_2962

呉の老舗駅前食堂、『森田食堂』。営業時間は朝8時から夜9時まで。日曜日はお休み

 

kure08_02img_2948

kure08_02img_2953

店内に貼られたメニュー。ご飯物や麺類、お酒もある

 

 席に着いて、とりあえず瓶ビール(大瓶)を頼んで、店内に貼られたメニューの短冊を眺める。まずはつまみになるものと……、スープというのも気になるな。しばし迷っていると、お店の女性から声をかけられた。「あちらからお好きなものをどうぞ」。見ると、入口の横の大きな冷蔵ケースの中に、小皿に盛り付けられた惣菜や刺身などが並んでいる。

 

kure08_03dsc_0062

店内の冷蔵ケース。お刺身からお惣菜まで美味しそうなメニューがいろいろ。値段も安い。

 

kure08_03img_2947

冷蔵ケースから、まずは、なすび(なすの煮物)ともずく酢を選んだ

 

 お薦めを尋ねると、「湯豆腐」という答えが返ってきた。そうだ、店頭にも写真が貼ってあった。お店の名物だというので、それはぜひ頼まなきゃ。

 丼で温めらて出された湯豆腐は、出汁に浸かり、おぼろ昆布がどっさり載っている。たっぷりの出汁も美味しくて、これだけでビールがぐいぐい飲めてしまう。

 

kure08_04img_2950

お店の名物、湯豆腐

 

 お店のもうひとつの名物、中華そば。あっさりしているけれど、滋味深い出汁に浮かぶシンプルな具と麺。とても優しい味。気になっていたスープは今回は食べられなかったので、次回は頼もう。

 

kure08_05dsc_0569

名物の中華そば。漬け物もおいしい

 

dsc_0058

豚肉スープ。後輩が訪れたときに撮った画像を拝借

 

 女将の森田鈴子さんと娘さんに店内の写真を撮らせていただくお願いをするとともに、少しお話を伺った。

 お母さんが会計の計算に使っているのは、かなりレトロなソロバン。裏を見せてもらうと、「創立三十周年記念 呉信用金庫」と記されていた。呉信用金庫の創業年を検索してみると、大正14年9月とあった。ということは……このソロバンは、昭和30年頃のものということになる! ちなみに、大正14年は、『この世界の片隅に』の主人公・すずさんの生まれた年だ。

 すずさんが呉に嫁いで来るもっと前から、呉の街にこの食堂はあった。当時も今も、ご飯を食べたり、お酒を飲んで語り合ったり、ここには人々のあたり前の暮らしが息づいている。そう思うと、なんだか胸の奥がぽっと温かくなってきた。

 

kure08_06img_2957

kure08_07img_2956

60年以上使われているソロバン。まだまだ現役

 

kure08_08img_2961

『森田食堂』の森田さん母娘。訪れた日はお母さんの誕生日で、常連のお客さんがお祝いのお菓子をお店に届けに来ていた

 

 

*写真集『のん、呉へ。2泊3日の旅』が、双葉社より発売中です。劇場アニメ『この世界の片隅に』の主演声優を務めたのんさんが、作品の舞台・呉を巡る旅の様子を収録したフォトブック。旅の2日目には、上記で紹介した『森田食堂』を訪れた写真も掲載されています。ぜひ、劇場アニメや原作と合わせて、お楽しみください!

 

isbn978-4-575-31210-2

 

『のん、呉へ。2泊3日の旅』

著者:のん 定価:本体1500円+税

 

 

 

名物グルメ食べ歩き、肉じゃが、ちりめん、がんす……

 

 呉の名物グルメといえば、忘れてはならないのが、肉じゃが。家庭料理の代表のように思われているが、実は明治時代の海軍料理がルーツだという。カレーとともに、呉では「海軍グルメ」として親しまれている。

 呉の音戸(おんど)町の特産品として有名なのが、ちりめん。イワシの稚魚の加工品で、ご飯のおかずや料理のトッピングなど、なんにでも合う。

 呉をはじめ、広島で愛されているのが「がんす」。見た目はハムカツのような、駄菓子のような……? 食べてみて納得! 魚のすり身を薄く四角にして、パン粉をつけて揚げたもの。おやつにもおかずにも、酒のつまみにもなるという、地元ならではの味。テレビなどでも取り上げられて、全国にファンも増えているそうだ。

 そして、広島といえばやっぱりお好み焼き。地元流儀の呉焼きは、訪れたらぜひ食べたい1品。

 

kure08_10img_2813

宿泊したホテルの朝食バイキングにて。呉名物の肉じゃが、がんす、音戸ちりめん、ちりめんご飯、広島菜漬けなど

 

kure08_11dsc_0116

居酒屋のメニューにもあった、がんす

 

kure08_12dsc_0358

お好み焼きは店によって多少スタイルは違うが、半分折りたたまれているのも呉流だそう

 

 駅前のコンビニでも地元グルメを発見! おつまみコーナーで見かけたのは、「広島東洋カープかつ」。魚のすり身やイカの粉末などのカツフライで、呉の会社が製造している人気商品。お土産に買う人も多いのだとか。

 

kure08_13img_2808

「カープかつ」には、一口サイズの「女子カツ」も!

 

kure08_14img_2807

呉のお酒「千福」のカラフルなワンカップは、日本酒好きな人への手ごろなお土産にぴったり

 

 

*呉の観光情報はこちら→呉観光協会HP→https://www.kure-kankou.jp/

 

*呉・広島の旅、次回は再び呉港へ!

 

 

 

●劇場アニメ『この世界の片隅に』大ヒット公開中!!

*劇場アニメ『この世界の片隅に』公式サイト→konosekai.jp

原作:こうの史代 監督:片渕須直 主演:のん

 

0916_%e3%81%93%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3l

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 

 

*本連載は週1回(毎週月曜日)配信予定です。次回もお楽しみに!

 

 

コミック&関連書籍紹介!!

kure00_book01

この世界の片隅に 上・中・下巻
著・こうの史代

kure00_book02

ノベライズ この世界の片隅に
原作・こうの史代
ノベライズ・蒔田陽平

isbn978-4-575-31188-4

この世界の片隅に  劇場アニメ公式ガイドブック

「この世界の片隅に」製作委員会

 

isbn978-4-575-31187-7

この世界の片隅に 劇場アニメ絵コンテ集

「この世界の片隅に」製作委員会
 

kure00_book03

夕凪の街 桜の国
著・こうの史代

news_xlarge_non_201611_04

のん、呉へ。2泊3日の旅

~『この世界の片隅に』

すずがいた場所~

 

 

koiyuicover-format

双葉社ジュニア文庫版

ノベライズ この世界の片隅に

 

 

 

呉・広島の旅
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る