アジアは今日も薄曇り

アジアは今日も薄曇り

#08

台湾〈8〉紅葉谷温泉

文・下川裕治 写真・廣橋賢蔵 

いい野渓温泉とは……

 夕方の船で台東に戻った。そして台東に1泊。翌日、紅葉谷温泉に向かった。

「いい野渓温泉があると聞いています」

 廣橋賢蔵さんが説明してくれる。彼と僕では、温泉というもの感覚が違うことが、これまでの台湾の秘湯めぐりでわかっていた。彼のいうことは、疑ってかかったほうがいい。

 紅葉谷温泉はかつて紅葉温泉といった。しかし水害に遭って消滅。紅葉谷温泉と呼ばれるようになったが、温泉施設があるわけではないという。野渓温泉はあるはずという不確かな情報しかなかった。

 紅葉橋を越えた道沿いに車を停めた。そこに河原にくだる石段があった。途中までおりてみた。イオウのにおいがたち昇ってくる。これは温泉がありそうだ。

 河原が見えた。中洲に人がいた。窪みが掘られ、そこに湯が溜まっているらしい。台湾人のカップルだった。湯に足を入れている。

 河原で水着に着替え、中洲に向かおうと、流れに足を入れた。

「熱ッ」

 あわてて足を引いた。中洲との間にあるのは狭い流れだったが、そこを流れているのが温泉だったのだ。50度近いかもしれない熱さだった。

 朝の10時をすぎ、気温は35度を軽く超えていた。気温が高いから、温泉川から湯気がでない。ただの川の流れのように見え、足を入れてしまった。台湾の温泉は油断できない。

「熱ッ。熱ッ。熱ッ」

 と短い声を発しながら、つま先歩きでなんとか温泉川を越えた。

 

IMG_0127

河原におりていく。このときは、まともな野渓温泉があると思っていた

 

 台湾人カップルが足を入れる湯を触ってみた。かなりの高温だ。これでは、とても体を浸すことはできない。できるのは廣橋さんぐらいだ。と思っていると、彼はもう、腰まで湯に浸かっていた。しかしかなり熱いらしい。早々に湯から出、こういった。

「温泉川は流れながら温度がさがっていくと思うんです。この流れに沿って歩いていけば、湯に浸かることができると思うんです」

 説得力はあった。しかし、なにもそこまでして湯に浸ろうとも思わない。しかしそういう雰囲気でもなく、彼の意見に従った。

 温泉に入るつもりで、ビーチサンダルに履き替えていた。石がごろごろと続く河原は歩きにくい。

 ときおり、川の流れに手を浸し、温度を確認する。

 まだ熱い。

 20分ほど歩いただろうか。歩きにくい河原だったから、実際は10分ぐらいかもしれない。流れに手をいれた廣橋さんがいった。

「もういいんじゃないかな」

 僕も手を入れてみた。45度ぐらいにはなっただろうか。まだ熱いが、歩きにくい河原を思うと、このへんかと思う。

 そうは決めたものの、さて、どうやって浸る。窪みを掘る道具はない。

 すると廣橋さんがTシャツを脱ぎ、流れに腰をおろした。そのまま体を横たえ、全身を湯に浸す発想らしい。たしかし状況を考えれば、その方法しかないのだが、上から見ればなんという間抜けな男に映るだろうか。日本からやってきて、川の小さな流れに、海水パンツ姿で横たわる……。

 しかしそれしかない。僕も廣橋さんに倣った。

 河原入浴は思った以上に快適だった。少し大きめな石を首の下に置く。湯が体の周りを流れていく。これって意外と優れた入浴法かもしれない。

 しかし、そう思ったのは2分ほどだった。河原だから、日射しを遮る木がない。前日の朝日温泉と同じ状況になってしまった。磯が河原になっただけだ。

 頭上からは、強烈な日差しががんがんと照りつける。湯に浸かっていない部分の皮膚の表面温度も40度を超えてしまう。そのうちに、どこまでは湯なのかわからないような錯覚に陥る。

 身を起こした。あたりを見渡しても日陰はない。このままいったら熱中症が待っている。温泉に浸かって熱中症? そんな話は聞いたことがない。

 照り返しの強い河原をとぼとぼ歩いた。上流になるほど、温泉川の温度はあがっていく。どのへんで渡ろうか。しかし渡った先は崖になっていて、河原よりも歩きにくそうだった。

 結局、最初に渡った地点しかなかった。

「熱ッ、熱ッ」

 また声が出てしまった。

 

IMG_0128

窪みの温泉にさっと入った廣橋さん。真似をしないように

 

この河原が温泉川の舞台。うるさいほどのセミの声。暑かった

 

 

 

●好評発売中!

双葉文庫『東南アジア全鉄道制覇の旅 インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編』

発行:双葉社 定価:本体657円+税

 

東南アジア全鉄道2書影

 

*本連載は月2回(第2週&第4週木曜日)配信予定です。次回もお楽しみに!

 

se-asia00_writer

著者:下川裕治(しもかわ ゆうじ)

1954年、長野県松本市生まれ。ノンフィクション、旅行作家。慶応大学卒業後、新聞社勤務を経て『12万円で世界を歩く』でデビュー。著書に『鈍行列車のアジア旅』『不思議列車がアジアを走る』『一両列車のゆるり旅』『東南アジア全鉄道制覇の旅 タイ・ミャンマー迷走編』『東南アジア全鉄道制覇の旅 インドネシア・マレーシア・ベトナム・カンボジア編』『週末ちょっとディープなタイ旅』『週末ちょっとディープなベトナム旅』『鉄路2万7千キロ 世界の「超」長距離列車を乗りつぶす』など、アジアと旅に関する紀行ノンフィクション多数。『南の島の甲子園 八重山商工の夏』で2006年度ミズノスポーツライター賞最優秀賞を受賞。WEB連載は、「たそがれ色のオデッセイ」(毎週日曜日に書いてるブログ)、「クリックディープ旅」、「どこへと訊かれて」(人々が通りすぎる世界の空港や駅物)「タビノート」(LCCを軸にした世界の飛行機搭乗記)。

紀行エッセイガイド好評発売中!!

東南アジア全鉄道制覇1cover

東南アジア全鉄道制覇の旅

タイ・ミャンマー迷走編

se-asia00_book01

鈍行列車のアジア旅

se-asia00_book02

不思議列車がアジアを走る

se-asia00_book03

一両列車のゆるり旅

アジアは今日も薄曇り
バックナンバー

その他の辺境・秘境の旅

ページトップアンカー