THE 百年宿

THE 百年宿

#07

宮島グランドホテル有もと ARIMOTO -HIROSHIMA・MIYAJIMA-

 

創業100年を超える老舗の宿。「百年宿」には、その土地土地の美味を味わうという愉しみがある。100年という長い歴史の中で旅人の味覚を喜ばせてきた伝統のレシピには、その土地で育まれた食材、その土地に伝わる郷土料理など、旅のヒントとなり得るすばらしい滋味にあふれている。連載第六回は、世界遺産に登録されている宮島の厳島神社にほど近い広島県廿日市市の「グランドホテル 有もと」をお届けします。

 

グランドホテル有もと ―広島県・宮島―

江戸初期に栄えた船宿「大根屋旅館」の魂が宿る「有もと」。
創業当時から変わらないおもてなしの精神で、
厳島神社への巡礼者たちを迎え入れる。

 

文:山下皓平

有もと「大根屋旅館」の面影。「大根屋旅館」の形見として受け継がれた、欄干や屏風絵、掛け軸。館内の随所にその面影を感じられる。

 

そこにあるのは、
厳島神社の荘厳な景色と、
宮島に流れる悠久の時間。


  戸時代のころより、厳島神社の参拝客をもてなしていた「大根屋旅館」を前身に、四百余年、宮島の歴史とともに生きてきた宿。昭和四十九年に現在の神社裏の高台に場所を移してからも、当時の欄間や屏風絵、掛け軸などは受け継がれており、その歴史を垣間見ることができる。厳島神社に最も近い宿でもあり、海に面した部屋ではライトアップされた厳島神社の幻想的な姿を見ることも。
 そして、そんな厳島神社とともに楽しみたいのが、瀬戸内の幸。とりわけ近海で採れた魚介は、漁師から網ごと買い上げ、館内の生簀から提供。鮮度抜群の鯛や鮴、太刀魚に牡蠣など、新鮮な魚介を中心とした広島ならではの美味を存分に堪能できる。また温泉は、麦飯石の成分を溶かし込んだ温泉で、御影石を贅沢にあしらった露天大浴場や客室つきの総檜数寄屋露天風呂を備え、厳島神社・宮島の野趣を肌で感じられるよう嗜好が凝らされている。

思わず笑みがこぼれる
瀬戸内の幸の数々。

 鯛に穴子、太刀魚、牡蠣と、瀬戸内の名物は枚挙にいとまがない。地元の契約漁師が毎朝届ける、その時期いちばんの旬の食材を、職人の洗練された技で懐石に昇華させる。
有もと2
広島の名産品である牡蠣。独特の臭みがなく、滑らかな食感が自慢のブランド牡蠣「牡蠣こまち」を使用。


有もと3
【右】名物のひとつ「海鮮石焼」では、瀬戸内の幸をその場で焼いていただける。 【中】夕食は、近海で採れた魚介を中心に、旬の食材を使った懐石で。 【左】食後には、当館の菓子職人が端正込めて焼き上げる広島名物のもみじ饅頭を。

 

 

数寄屋づくりを基調にした種類豊富な客室。

客室で楽しむ露天風呂。眼下には宮島の絶景も。
有もと

【左から】神社側にある洋室からの眺望。和洋スイートには露天風呂とビューバスを併設。眼下に広がる厳島神社と瀬戸内海のコントラストをひとり占めできる。海側に大きく開いた窓や檜の露天風呂から、厳島神社の鳥居を一望できる和室。数奇屋づくりの客室に併設された露天風呂。厳島神社や瀬戸内海はもちろん、四季折々に丹精された庭園など、各客室景色が異なる。

有もと5

ありし日の「大根屋旅館」。当時は船着場のある御笠浜にあり、巡拝者で賑わった。

 

温泉のほか、露天風呂がつく客室も充実。宮島や厳島神社、瀬戸内海の壮大な景色を眺めながらの入浴が可能。また大浴場として、露天風呂「賓泉の湯」も用意している。有もと4「賓泉の湯」に満たされる温泉の効能は、疲労回復や神経痛など。
 

 


みやじまぐらんどほてる ありもと
〒739-0522
広島県廿日市市宮島町南町364

電話0829-44-2411 (代表)

www.miyajima-arimoto.co.jp

 

ISBN978-4-575-45557-1 (1)

100nen00_img03_title

THE 百年宿

このサイトで紹介する百年宿は、こちらのMOOKでまとめて読むことができます。各地に点在する23施設、創業100年以上の老舗宿。建築、料理、温泉、おもてなし…確かな価値のある宿だけを厳選してお届けします。

 

 

THE 百年宿
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る