料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#07

南魚沼

 

7-5

 

四季折々の自然を堪能する話題の宿と
美味しいご飯を味わう旅

 

■日本一の米どころ南魚沼へ


日本一の米どころ南魚沼へ出かけてきました。第一の目的は南魚沼・大沢にある近年評判の宿「里山十帖」に泊まることでした。
東京から上越新幹線に乗ると1時間20分ほどで越後湯沢駅に着きます。駅前の宿「井仙」が食事処も開いていて、ここで昼食をとるつもりで、10時40分東京駅発のMaxとき317号に乗車すると、11時59分越後湯沢駅着で、誠に便利です。ただし、昼ごはんの予約はしておかないと、土、日はかなり混み合います。
「井仙」では手ごろな定食からコース料理までいろいろメニューが揃っていますが、晩の食事を考えると、軽めの昼食にしておかなくてはなりません。でも、なんといっても釜炊きの「御飯」が滅法美味しくて、箸が止まりません。できれば、「御飯」を主役にした「こしひかり定食」を作ってみては、とお店の方にお伝えしてしまったほどです。

大沢野の「里山十帖」へは、越後湯沢駅前から車で20分ほどです。宿まで来ると、周囲は森に囲まれ、電線が一本も見当たらず、ついさきほどまで人里にいたことが不思議なことのように思えます。「里山十帖」というユニークな名前は、宿に泊まりながら、自ら様々な物語を探し出してくださいという意味合いがあるとのことです。
チェックインして、すぐに露天風呂に入りました。緑の森の香りの中で、まさしく森林浴。みるみる都会の垢が落ちてゆくのを感じます。晴れた日の深夜なら、さぞかし満天の星だろうなと想像をめぐらしながら、ゆっくりと温泉に浸かりました。
夕食は遅めにしていただき、7時半から。山菜尽くしの食卓です。若い方には少し物足りなさを覚えるかもしれませんが、緑に溢れた卓上は、何とも爽やかで健やかです。そして、こちらも「御飯」がピカ一なのは言うまでもありません。主菜の牛肉のローストと一緒に食べると「美味いの、なんの!」。客室は、シンプルながら「安全・清潔・静寂」は申し分なく、至極快適です。

 翌日、朝食を済ませた後、昼食のお薦め処を伺うと、少し遠いが、新幹線浦佐駅にほど近いところに「龍寿し」という「江戸前」のすし屋があると聞き、そこへ出かけることにしました。握りの姿は流線形の「地紙」の形で美しく、酢めしが穏やかな味わいでしたが、赤身のまぐろ、こはだが上出来でした。本物のわさびを下して使うところも気に入りました。いま、偽物の練りわさび全盛時代で、ご主人の職人気質を感じました。さらに、特産の大きな椎茸をコンフィ(油煮)にし、それを握ったすしは、うっかりすると、歯応えは「あわび」と間違えてしまうほどで、ここでしかいただけない見事な握りすしでした。
 


 

■「むらんごっつぉ  (HATAGO井仙)」  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym07muran1 ym07muran2  
「HATAGO井仙」の佇まい 釜炊きの「御飯」  

 

     

 

■宿泊 「里山十帖」     PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym07satoyama1 ym07satoyama2 ym07satoyama3
山々の自然に包まれた宿、妻の美穂子と アートとふれあえるエントランス 緑の森の香りいっぱいの露天風呂

 

ym07satoyama4 ym07satoyama5  
緑溢れる山菜尽くし 御飯と牛肉のロースト  

 

■龍寿し  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym07ryusushi1 ym07ryusushi2  
酢めしとのバランスがいいこはだの握り あわびの食感!? 椎茸のコンフィの握り  

 

 

 

■「里山十帖」

住所/新潟県南魚沼市大沢1209-6
問い合わせ/025-783-6777

http://www.satoyama-jujo.com

■「魚沼キュイジーヌ料理 むらんごっつぉ」 (「HATAGO井仙」内)

住所/新潟県南魚沼郡湯沢町大字湯沢2455 
問い合わせ・予約/フリーダイヤル0120-850-039(受付時間 9:00~19:00) 025-784-3361(代表)
営業時間/昼11:30~14:30(L.O.14:00) 夜(要予約)18:00~、19:30~の二回転営業 (L.O.20:00)
定休日/水曜日(※水曜日以外もお休みの場合あり)

http://murangozzo.com

■「龍寿し」

住所/新潟県南魚沼市大崎1838-1
問い合わせ・予約/025-779-2169
営業時間/平日18:00~22:30(L.O.22:00) 日曜祝日18:00~21:30(L.O.21:00) 昼12:00~13:30 (しゃりがなくなり次第終了)
定休日/水曜日

http://www.ryu-zushi.com

 

 

 

*この連載は毎月25日に更新です。次回は「台北」へ。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には、農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」など著作多数。 

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る