琉球島猫百景

琉球島猫百景

#06

やんばる 山原や いいとぅくマヤー

写真・仲程長治 文・シマネコキネマ

IMG_9276

冷たい海風を防ぐように、フクギの根元で丸くなっていたやんばるマヤー一家。幹に残された爪研ぎの跡が、一家の歴史を感じさせる ©シマネコキネマ

 

 亜熱帯の森に覆われた山々が連なる沖縄本島北部は、山原=やんばると呼ばれている。同じ島であっても、那覇のある中南部に比べてやんばるは雨が多く、気温も低い。特に冬場は海からの冷たい北風が強く吹きつけ、海も空もどんよりと曇っている日が多くなる。そんなやんばるで暮らしている猫たちは、やはり町で暮らしている猫とは顔つきも動きも違っていて、どことなく野生の匂いを漂わせている。

 

IMG_8077

やんばるのおいしい水で作られているオリオンビールのケースの上でお昼寝。かすかな残り香が心地よい?

 

IMG_7905

リードに繋がれて吠える気のない番犬の前で、門番はワタシよと言わんばかりにどっしりと居座っていた母猫


 とある海辺の集落で暮らしているマヤー(沖縄の言葉で猫のこと)一家は、いつ見ても木の根元や軒下に集まって丸くなり、兄弟同士、母子同士でくっつき合って暖を取っていた。雨風による寒さも猫にとっては大敵だが、ハブや猛禽類も多いやんばるでは、個人主義の猫たちも助け合って生きていかなければならないのだろう。このマヤー一家は人慣れしていなかったので、最初はカメラを見せずにじわじわと近づいて、ただ彼らを眺めているだけの時間を何度も重ねることで、ようやく警戒を解いてもらうことができた。

 

IMG_4749

いつも冷蔵庫の上で番を張っている猫強面(ねここわもて)。ワル、と呼ぶのがピッタリの目つきだ

 

IMG-7609

あと3センチ近寄ると、シャー!と怒られる。彼女の逃げ場はクワズイモの葉っぱの影なのだ

 

 やんばると呼ばれるエリアは広大なので、美ら海水族館や古宇利島に代表される、著名な観光スポットも点在している。そうしたエリアで暮らす猫たちはやはり人馴れしていて愛想もよく、絶景を見下ろす展望台では、愛くるしい表情と仕草で訪れる人たちをメロメロにしている子猫に出会った。

 

IMG_4805

IMG_4793

やんばるブルーに輝く海を見下ろす展望台で出会った子猫。人見知りせず、観光客をおもてなししていた

 

 ところで、今回のタイトルである「山原や いいとぅくマヤー」は、BEGINもカバーしているやんばる賛歌「山原や」(作詞・作曲/仲地のぶひで)のサビの部分「山原や いい所ま(やんばるや いいとぅくま=やんばるはいい所だなぁ)」に「マヤー」をかけたものである。逞しい自然と、島の原風景が今も色濃く残るやんばる。ここを故郷にしている猫たちは、いちばん琉球の島猫らしい猫種なのかも知れない。

 

IMG_0809

備瀬のフクギ並木で、カメラに向かって真っすぐに駆け寄ってきた白猫。かわいい足跡が白砂に刻印されていた


 

*2018年公開予定の島猫映画『Nyaha!(ニャハ!)』は、ただいま、絶賛撮影中!

公式インスタグラム→https://www.instagram.com/nyaha_28/

クラウドファンディング(2018年1月30日まで)→https://www.makuake.com/project/nyaha28/

 

*映画応援トークイベント「ひみつの猫集会~クラファンで出来ること」@『Cat's Meow Books』開催!

 2018年1月19日(金)の夜、東京・三軒茶屋の書店『Cat's Meow Books(キャッツ ミャウ ブックス』で、島猫映画『Nyaha!(ニャハ!)』応援企画として、トークイベント「ひみつの猫集会~クラファンで出来ること」が開催されます。映画監督・仲程長治&プロデューサー・シマネコキネマが参加しますので、お近くの方でご興味ある方はぜひお越しください! 

※イベント&お店の詳細は下記のフェイスブック&ツイッターでご確認ください。

 

『ニャハ!』応援企画「ひみつの猫集会~クラファンで出来ること」​

会場:『Cat's Meow Books』 日時:2018年1月19日(金)20時開始予定

フェイスブック→ https://www.facebook.com/CatsMeowBooks/

ツイッター→ https://twitter.com/CatsMeowBooks

 

 

*本コラムの姉妹企画「琉球百景」は、沖縄発信の季刊誌『モモト』(編集工房 東洋企画)で好評連載中です。

 

*本連載は毎月22日(=ニャンニャンの日)に配信予定です。次回もお楽しみに!

 

 

 

写真家のプロフ用

仲程長治(なかほど ちょうじ)

1959年、石垣島生まれの写真家、アーティスト。20代の頃より沖縄県内であらゆる分野のアートデザインを手がける。琉球・沖縄の文化誌『モモト』の撮影とアートディレクションを32号まで担当。2017年冬に沖縄本島北部で開催される「やんばるアートフェスティバル2017-2018」では総合ディレクターを務める。現在、初監督作品となる『Nyaha!(ニャハ!)』を鋭意撮影中。

シマネコキネマ

シマネコキネマ

2018年春に公開予定の島猫映画『Nyaha!(ニャハ!)』(監督/仲程長治、脚本/仲村清司、音楽/宮沢和史)の製作委員会。
島猫大使を募るクラウドファウンディング『猫が語る猫目線の島猫映画 応援プロジェクト』を2018年1月30日まで開催中( https://www.makuake.com/project/nyaha28/)。ぜひ、ご参加ください!

紀行エッセイガイド好評発売中!!

ryukyu-shimaneko00_book01

島猫と歩く那覇スージぐゎー
著・仲村清司 写真・仲程長治

     

琉球島猫百景
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る