呉・広島の旅

呉・広島の旅

#05

旧呉海軍の遺産巡り〈前編〉

編・『TABILISTA』編集部

 

くれたんバスに乗って「歴史の見える丘」へ

 呉の中心地の主な観光スポットをぐるっと巡る呉探訪ループバス・くれたん。土日と祝日に運行されていて、期間限定で昔ながらのボンネットバスも1日数便走っている(2016年秋シーズンは11月27日まで)。広電(広島電鉄)バス・エリア限定1日乗車券400円を購入すれば、呉探訪ループバスと市内の路線バス(エリア限定)に乗り降り自由だ。

 この呉探訪ループバスに乗って、ボランティアガイドの方が呉の歴史スポットを案内してくれる「旧海軍の遺産巡り」があるという情報を、事前にネットでチェックしていた。13時30分に集合場所の中央桟橋バス停へ向かう。

 この日参加したのは、自分のようなひとり旅のほか、カップル、グループなど数組の観光客。1~2組ずつに1人、「呉観光ボランティアの会」のガイドの方がついて、いざ旧海軍遺産巡りへ出発!

 

kure05_01img_3013

バス1日乗車券は、広電の市内営業所や「くれ観光情報プラザ」「大和ミュージアム」「呉阪急ホテル」のほか、当日券ならループバス車内でも買える。購入者特典としてミュージアムの入場料割引や、特産品が当たるスタンプラリーも。もちろんラリーにチャレンジ!

 

kure05_02img_2726

本連載#01でも紹介したボンネットバスは、実際に路線バスで使われていたいすゞBXD30型という旧式車。冷暖房がないので、夏や冬は運行できないのだそう。出合えたらラッキー。

 

 バス停「子規句碑前」で下車して、道路沿いの高台にある「歴史の見える丘」公園へ。ここからは、戦艦「大和」を造船したドック跡の大屋根、造船所と立ち並ぶクレーン、さらに呉港がぐるりと見渡せる。旧海軍工廠時代から現在の呉の港湾産業まで、まさに歴史が一望できる場所だ。

 

kure05_03img_2740

「歴史の見える丘」に上がる「いせな歩道橋」。ガイドさんの案内で公園の反対側まで歩道橋を渡る

 

kure05_04img_2730

歩道橋から撮影。戦艦「大和」のドック跡、旧海軍工廠造船部造船船渠大屋根(現・ジャパン マリンユナイテッド呉事業所)

 

kure05_05img_2728

戦艦「大和」ドック跡の右側の造船所

 

「歴史の見える丘」の小さな公園内には戦艦「大和」の艦橋を模して造られた「噫(ああ)戦艦大和の塔」をはじめ、旧呉海軍工廠のドックの壁石や建物の礎石を使った記念碑が並ぶ。

 

kure05_06img_2741

「噫戦艦大和の塔」

 

kure05_07img_2735

kure05_07p1090556

旧呉海軍工廠のドックの壁石を使って作られた「造船船渠記念碑」。ドックへ下りる階段を再現

 

kure05_08p1090555

「旧呉海軍工廠礎石記念塔」

 

 公園敷地内には俳人・歌人の正岡子規の句碑もある。呉港と題された句、「呉かあらぬ 春の裾山 灯をともす」。明治28年、子規は日清戦争に出征する従軍記者の友人を見送るために、広島の宇品港から船で呉を訪れた。その折に残した句のうちの一つで、船から見た夕暮れの休山の情景を詠んだものだそう。

 

kure05_09img_2745

子規の句碑。呉港を詠んだ句が刻まれている

 

kure05_10img_2727

歩道橋から見た休山。海軍の施設を造るため、港付近にあった民家は休山側の高台へ移されたのだとか

 

 

旧呉海軍の景観が残る「アレイからすこじま」

 再びループバスに乗ってバス停「潜水隊前」で下車すると、車道に沿って遊歩道が整備されている「アレイからすこじま」公園がある。「アレイ」は英語で小道の意味、「からすこじま」は昔、呉港(当時は呉浦)にあった島の名前。このあたりは、旧海軍の最高機密エリアだったという。港の護岸や桟橋などには、旧海軍が築いたものが当時のまま残されている。まさに軍港の歴史ストーリーが伝わってくる景観だ。

 現在は海上自衛隊の潜水隊群の司令部が置かれ、潜水艦や護衛艦が停泊しているのを見ることができる。潜水艦が近くで見られるのは、国内でこの公園だけだそう。爽やかな風に吹かれながら、海と山の眺めるのも気持ちがいい。訪れたときも艦隊の写真を撮ったり、散策する観光客で賑わっていた。

 

kure05_11p1090561

バス停「潜水隊前」で下車

 

kure05_12p1090560

「アレイからすこじま」から見た港の風景。左手に潜水艦、右手に護衛艦

 

kure05_13img_2753

明治時代に築かれた切石護岸がそのまま残されている

 

kure05_14img_2764

平らな桟橋も旧海軍時代に造られたもの

 

「アレイからすこじま」の道路を挟んで向かい側には、「昭和町れんが倉庫群」がある。赤れんがのレトロな趣が素敵な倉庫の建物も、呉海軍の施設として明治時代に建設されたものだ。

 

kure05_16img_2760

道路沿いに建ち並ぶレトロな赤れんが倉庫。今は民間企業が所有していて、外観のみ見ることができる

 

*旧呉海軍の遺産巡り、次回に続きます!

 

*呉の観光情報はこちら→呉観光協会HP→https://www.kure-kankou.jp/

 

 

 

●劇場アニメ『この世界の片隅に』公開中!!

*劇場アニメ『この世界の片隅に』公式サイト→konosekai.jp

原作:こうの史代 監督:片渕須直 主演:のん

 

0916_%e3%81%93%e3%81%ae%e4%b8%96%e7%95%8c%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3l

©こうの史代・双葉社/「この世界の片隅に」製作委員会

 

 

*本連載は週1回(毎週月曜日)配信予定です。次回もお楽しみに!

 

 

 

コミック&関連書籍紹介!!

kure00_book01

この世界の片隅に 上・中・下巻
著・こうの史代

kure00_book02

ノベライズ この世界の片隅に
原作・こうの史代
ノベライズ・蒔田陽平

isbn978-4-575-31188-4

この世界の片隅に  劇場アニメ公式ガイドブック

「この世界の片隅に」製作委員会

 

isbn978-4-575-31187-7

この世界の片隅に 劇場アニメ絵コンテ集

「この世界の片隅に」製作委員会
 

kure00_book03

夕凪の街 桜の国
著・こうの史代

 

   

呉・広島の旅
バックナンバー

その他のCULTURE

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る