料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」

#05

 食の宝庫・延岡へ

 

この度の「平成28年熊本地震」により被災された皆様、ならびにそのご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。
皆様の安全と被災地の一日も早い復興を、心より お祈り申し上げます。     TABILISTA編集部
 

 

5-4

 

海の幸、里の幸、山の幸が豊富で、しかも質が高い。
何世代にもわたって土地の知恵が結集し根付いた「のべおかテロワール」へ

 

■不便さも気にならない、食の宝庫・延岡

延岡は、昨年高速道路が開通するまで、九州の「陸の孤島」と呼ばれていました。
東京から出かけるとなると、宮崎まで飛行機で飛び、空港から特急に乗り換えて1時間20分ほどかかります。それが例えば、佐賀から延岡へ向かうとなると4時間近くかかったのだそうです。こんな不便だった延岡を私が気に入るきっかけになったのが「エンジン01文化戦略会議」の「オープンカレッジ in  のべおか」でした。作曲家の三枝成彰さんや作家の林真理子さんらが中心となって構成されている200人ほどのボランティアグループです。それぞれのジャンルの第一線で活躍しているメンバーが、年に1度、日本のどこかへ出かけて、シンポジウムをはじめ講座やハローワークを開く「文化祭」です。昨年11月にそれが延岡で開催され、私が大会委員長を仰せつかりました。

1年間に何度も延岡へ足を運ぶうちに、延岡が「食の宝庫」であることがわかりました。
豊かな土地の恵まれた食材ばかりか、優れた人材が何人も「いい仕事」をしている現場を目の当たりにしたのです。

日本料理「きたうら善漁。(ぜんりょうまる)」の吉田善兵衛さんはじめ「ビストロ・セルドール」の濵野弘太郎シェフ、料理旅館「髙平屋」主人の髙平新之助さんなど、気鋭の料理人が市内のあちこちにいらっしゃいます。ジャンルこそ違え、これらの若き料理人たちが力を結集したら、九州はおろか、全国に発信できる「美味しい革命」を起こすことができるのではないかと確信しています。
海の幸、里の幸、山の幸が豊富で、しかも質が高い。何世代にもわたって土地の知恵が結集し根付いた文化をフランスでは「テロワール」と呼びます。それに倣えば「のべおかテロワール」と名付けたいほどです。
延岡まで出かけるのであれば、1泊ではもったいないので、本当は2泊お薦めしたいところです。もしも、1泊しかできないのでしたら、宿は、延岡市内から北へ30分ほど車を走らせた北浦の「潮香ノ宿 髙平屋」へ泊まることをお薦めします。北浦の海が眼下に望め、その晩は質の高い日本料理をゆっくりと味わう楽しみが待っています。朝食も膳には余計なものが並ばず、新鮮な魚と獲れたての野菜で大満足です。
そして、昼は市内へ戻り、「ビストロ・セルドール」でフランス料理のランチです。初夏からの鮎を使ったパスタは絶対に見逃せない逸品です。

もしも、もう1泊市内で宿泊する余裕があるのでしたら、ぜひともその晩は家内も大のお気に入りの「きたうら善漁。」へ出かけてみてください。カウンターで展開される料理は、食材に最大の敬意を払った「のべおかテロワール」の日本料理の醍醐味を満喫できるはずです。市内の宿でしたら「メリージュ」がお薦めです。


■宿泊 「潮香ノ宿 髙平屋」 PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym05takahiraya1 ym05takahiraya2 ym05takahiraya3
雄大な北浦の海 海を見渡せる眺めのいいお風呂 新鮮な魚と獲れたての野菜が食べられる朝食

 

■日本料理 「きたうら善漁。」  PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym05kitaura2 ym05kitaura1 ym05kitaura3
さわらと白菜 、ゆがいたほうれん草を添えた鯛のお造り ご主人の吉田善兵衛さん

 

     

 

フランス料理 「ビストロ・セルドール」     PHOTO/MASUHIRO YAMAMOTO

ym05serudo-ru1    
鮎を使ったパスタ    

 

【店舗情報】

■「きたうら善漁。」

住所/宮崎県延岡市本町1丁目3-14
問い合わせ・要予約/0982-31-0051
営業時間/18:00~21:30
定休日/日曜日

http://www.zenryomaru.jp/blog

■「潮香ノ宿 髙平屋」

住所/宮崎県延岡市北浦町古江字鶴山2927-1
問い合わせ/0982-45-3191
 

http://takahiraya.com

■「ビストロ・セルドール」

住所/宮崎県延岡市旭ヶ丘2丁目6番1
問い合わせ・要予約/00982-37-848
営業時間/昼11:30~15:00(L.O.14:00) 夜18:00~22:00(L.O.20:30)
定休日/水曜日

http://seldor.web.fc2.com/

 

*この連載は毎月25日に更新です。次回は「沖縄」へ。

山本さん顔

山本益博(やまもと ますひろ)

1948年、東京・浅草生まれ。早稲田大学第ニ文学部卒業。卒論が『さよなら名人藝―桂文楽の世界』として出版され、評論家としてスタート。幾度も渡仏し三つ星レストランを食べ歩き、「おいしい物を食べるより、物をおいしく食べる」をモットーに、料理中心の評論活動に入る。82年、東京の飲食店格付けガイド(『東京味のグランプリ』『グルマン』)を上梓し、料理界に大きな影響を与えた。長年にわたる功績が認められ、2001年、フランス政府より農事功労勲章シュヴァリエを受勲。2014年には、農事功労章オフィシエを受勲。「至福のすし『すきやばし次郎の職人芸術』」「イチロー勝利への10ヶ条」など著作多数。 

 

 

料理評論家・山本益博&美穂子「夫婦で行く1泊2食の旅」
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る