旬の地魚を味わう全国漁港めぐり

旬の地魚を味わう全国漁港めぐり

#04

【1月の旬魚】 厚岸「牡蠣」・泊「鮪」

「本当に旨い魚を現地でいただく!」をテーマにお届けする「全国漁港めぐり」。
第4回は1月が旬の魚介。北海道と沖縄からほぼ一年中、地元では旬を味わえるという魚介をチョイス!
北海道・厚岸の[カキ]、沖縄県・泊の[マグロ]をご紹介します。

port04_ct01_img01

 北海道東部の町、厚岸は大きな湾を有するカキの養殖が盛んなところ。湾の奥には厚岸湖という汽水湖もあり、そこには別寒辺牛川も流れ込み、森や湿原からの養分がたっぷり運ばれている。
 沖を流れる寒流の影響で夏場も海水温が上がりにくい。低い海水温の下でカキはじっくり栄養を吸収しながら育つ。海水温の変化も少く、国内で唯一、年間を通じカキの出荷が可能となっている。
 栄養豊富な湾と湖で育ったカキは身がふっくらとして濃厚な味わいだ。一般にカキは冬から春先が旬とされるが、夏場でもおいしいカキが食べられるのは厚岸の地形と環境のおかげである。

port04_ct01_img02

牡蠣世界で100種類以上あるカキだが、日本ではマガキがほとんど。北海道から九州まで広く分布。養殖の大半はマガキ。二枚貝だが貝柱はホタテと同じく1個のみ。エサとなる植物プランクトンは汽水域を好むため、河川が流れ込む湾がカキの生育に適する。岩などに付着し動かないため、筋肉は発達せず内臓がほとんど。そのためグリコーゲンやビタミン類、亜鉛、鉄などミネラルが豊富。繁殖期以外は雌雄の区別がなく、前年のエサの摂取具合で雌雄が決まる。

port04_ct01_img03port04_ct01_img04port04_ct01_img05

1 シングルシード方式と呼ばれる方法で育成された厚岸のカキは「カキえもん」のブランド名が。北海道のプライドフィッシュだ 2 毎年10月初旬に行われる「牡蠣まつり」 3 厚岸湾に臨む厚岸漁協直売店のエーウロコ。カキはじめ新鮮な海の幸がいっぱい【住】北海道厚岸郡厚岸町港町5-3 telicon0153-52-0117【営】9:00~17:00、年中無休 http://www.a-uroko.or.jp/

port04_ct01_img06

port04_ct01_img07

厚岸湖に流れ込む別寒辺牛川。タンチョウが営巣し100種を超える鳥が飛来する。

写真提供:厚岸観光協会JF全漁連

port04_ct02_img01

いつも獲れたて鮮度のいいマグロが通年でいただける

 沖縄は知る人ぞ知るマグロ王国だ。水揚げされる魚介の6割弱がマグロ類で、その種類もクロマグロはじめ、ビンナガ、メバチ、キハダと日本で獲れる全てをカバー。特にクロマグロ、メバチ、キハダは全国でも第3位の漁獲量を誇る。
 特長は近海で獲れるため冷凍ものではないということ。4種類の獲れる時期も違うため、ほぼ1年を通して旬のマグロが楽しめる。全国的にも珍しい好条件で、しかもリーズナブルに味わえるのだ。
 そのマグロが水揚げされる那覇の泊漁港に隣接して、マグロを買ったり食べたりすることのできる市場がある。鮮度はもちろん、値段も安い。クロマグロもお手頃で、マグロ好きなら一度は訪ねたい場所である。

port04_ct02_img02

全長3m、体重350kg以上にもなるマグロ類の代表がクロマグロ。本マグロとも呼ばれ、日本には春から夏、暖流に乗ってやってくる。北海道南部まで回遊。キハダは全長2mほどでヒレが黄色い。夏から秋に回遊。身は鮮やかな桃色。メバチも全長2mほど。目が大きく、マグロ類でもっとも漁獲量が多い。赤身が濃い。ビンナガ(ビンチョウとも)は全長1mほどで、胸ビレが長くトンボとも呼ばれる。身はピンク色でやわらかくツナ缶の原料にもなる。

port04_ct02_img03

port04_ct02_img04port04_ct02_img05port04_ct02_img06port04_ct02_img07

1 近海マグロが獲れる沖縄の海 2 セリ場に並んだマグロ。獲れる時期はクロマグロが4~6月、キハダが4~6月と8~2月、メバチが8~2月、ビンナガが11~3月。「美ら海まぐろ」としてブランド化も図られている 3 「泊いゆまち」には23の鮮魚店と一つの飲食店が。「いゆ」とは方言で魚のこと 4 トンボと呼ばれるビンナガのさく 5 マグロ以外にも沖縄らしいカラフルな魚が並ぶ【住】沖縄県那覇市港町1-1-18 telicon098-868-1096【営】6:00~18:00 http://www.tomariiyumachi.com/

port04_ct02_img08

沖縄でも透明度の高い海と美しいサンゴ礁を誇る慶良間諸島。本島の西方約40kmのところに点在する大小20余りの島々だ。2014年3月5日「サンゴの日」に27年振りに国立公園として指定された。有人島は渡嘉敷、座間味、阿嘉、慶留間の四つで、もっとも近く大きい渡嘉敷島は日帰りも可。ケラマブルーと呼ばれる世界屈指の美しい海が堪能できる。

port04_ct02_img09


渡嘉敷島

【交通】泊港から高速船(1日2〜3往復)で約35分、フェリー(1日1往復)で約70分
【予約】渡嘉敷村船舶課098-987-2537
渡嘉敷村那覇事務所098-868-7541
※高速船は泊港北岸、フェリーは泊港ビルとまりん前より発着。泊港へはゆいレール美栄橋駅下車、徒歩約15分

泊港にある複合旅客ターミナル「とまりん」

【住所】沖縄県那覇市前島3-25-1
【電話】098-861-3341
www.tomarin.com/


写真提供:泊いゆまち
 

thumbnail001
全国40港を収録したMOOK「旬の地魚を味わう全国漁港めぐり」が絶賛発売中!


 

port00_ct01_hd


port00_strada

旬の地魚を味わう全国漁港めぐり
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る