2017年自腹でマイル修行&麺の旅

2017年自腹でマイル修行&麺の旅

#04

沖縄2泊3日 29,800円

旅人・KOJIRO(コジロー)


IMG_3418

JALダイナミックパッケージ(ツアー)
沖縄2泊3日 29,800円でマイル修行&麺の旅 旅人・KOJIRO

JALツアーで「マイル修行」
那覇2泊3日「麺の旅」


前回の宮古島の弾丸日帰り旅に続き、今回も暖かい沖縄である。
のんびり沖縄本島 那覇に2泊3日。

大阪、宮古島と日帰り弾丸ツアーを行なったが、
今回は友人の沖縄旅行に便乗、旅の目的は読谷窯の陶芸家に会いに行くこと、
愉快な仲間たちと泡盛を飲みながら新鮮な魚、鮨、肉、沖縄料理など、
おいしいものを食べること! なにしろ沖縄好きなもので。

そこに、プラス「麺の旅」である。
自腹で行く、自由気ままな旅ですからね。

「麺の旅」のスタイルはJAL「先得」を使い、なるべく安い航空券を予約する。
日帰り、もしくは宿泊する場合は「宿泊」は個別に探す自由旅行だ。

今回、友人に沖縄の旅程を聞いたとき、
すでに「羽田-沖縄」の運賃は「先得」で往復40,000円ほど。
宿泊も那覇市内のビジネスホテルで1泊10,000円前後。
せっかくの沖縄、2泊はしたい。しかし旅費だけで60,000円。さすがに高い!

そこでツアー、「JALダイナミックパッケージ」で探すことにする。
一人旅のツアー利用は、割高ではないか?というイメージがあるが、
「往復航空券」と「宿泊」セットで、2泊3日29,800円だった。
飛行機の時間変更をしたので、最終的には33,800円に。それでも安い。
オプションのレンタカーはタイムセール中で1日500円!(保険料込)

ホテルは那覇市内ではランクの高い「ダイワロイネットホテル那覇国際通り」。
国際通り沿い牧志駅に直結し利便性もよく、真新しく清潔感があり、
シングルでも18㎡と部屋が広く、一人旅には贅沢すぎるホテルである。

JALダイナミックパッケージ
マイルは付くのか?


VIP会員を目指すマイル修行の旅なので、何よりも重要なのが、
フライトマイルが付き「搭乗回数がカウント」されること。
旅行会社のツアーではマイルが付かない場合があるが、
「JALダイナミックパッケージ」は大丈夫である。
メリット、デメリットを簡単にまとめると、

【メリット】
1. 他の旅行会社のツアーと違い、フライトマイルが「確実」に付く
★ フライトマイル(羽田-那覇 984×50%=492マイル)
★ FLY ONポイント(フライトマイル×2=984)=搭乗回数カウント
2. 7日前まで予約可能
3. 便が自由に選べる(選択する搭乗便により料金は変動)
4. 事前座席指定ができる
5. 宿泊施設が自由に選べる
6. 「往復航空券」と「宿泊」セットで、価格が安い
7. オプションが安い(レンタカー、食事券、水族館入場券など)
【デメリット】
1. 予約確定=全額クレジット決済が必要
2. 予約変更は、利用便変更のみ可能(日程、宿泊施設変更は取消になる)
3. 予約取消は、取消料が発生(出発日の前日から起算して20日前から)
4. マイル加算が50%(「先得」は75%)

「先得」が予約変更不可、取消料50%と比較すると、デメリットといえるほどではない。

なお、「JALダイナミックパッケージ」は価格が変動するので、
購入タイミングは重要、「期間限定タイムセール」中が狙い目。
オプションのレンタカーを利用する場合は台数限定だが、
1泊(通常7,200円程度)が、1,000円(1日500円)というビックリ特価だ。

2017年2月12日 06:25出発
羽田空港 晴れ、気温3℃


今年、5回目の搭乗となる。50回はまだまだ先だ。
すっかり早朝5時台の羽田空港の雰囲気にも慣れた。
お店はまだどこも開いておらず、ああ、コーヒーが飲みたい。
サクララウンジなら飲めるのに、、、。

いつも通り「タッチ&ゴー」で搭乗手続きを終え、
早速、機内持込可能のキャリーケースと共に機内に乗り込む。

IMG_2613
2泊3日の旅。荷物は少なめの方が多いと思うが、
僕は仕事でもプライベートでも、カバンはキャリーケースにしている。
相棒は、もう10年以上使用している軽くて丈夫な「グローブトロッター」。
大きめのトートや旅行用バックでは帰りは荷物が入りきらなくなり、
結局、ビニール袋の手荷物が2つ、また3つと増える。
しかも、意外に手荷物って重く嫌になる。
キャリーなら転がせて荷物は1つ。土産もたくさん入れられて便利だ。

2017年2月12日
那覇空港 快晴、気温18℃


2月から年内は機内インターネットが15分の時間制限なく無料サービスになったので、
会員であるWOWOWオンデマンドで、2時間ほどの映画を鑑賞。
途中、圏外なりサイトにアクセスできなかったり、
突然通信が切れたりしたが、それでも十分、長い移動時間を楽しめた。

JAL901便は、定刻通りに那覇空港に到着。搭乗5回完了。
宮古島ほどではないが、沖縄本島も暖かい。

沖縄1DAYS


『とらや』木灰そば#08〜
『玉家 前田店』トーフそば#09〜
『りょう次』イカスミ麺焼きそば#10〜


自家製麺の木灰そば「とらや」
上品で繊細な出汁と平麺が抜群!


愉快な仲間たちとは、浦添の沖縄そば屋で13時ごろ昼食に合流することになり、
麺の旅、その前に午前中に1杯!というわけで、
空港からほど近い赤嶺の「とらや」へ車を走らせる。

沖縄そばは、那覇周辺だけでも3、40軒は訪れているだろうか。
価格は350円くらいからあり、スープはあっさりかつお、こってり豚骨、鶏白湯。
麺も細麺、太麺、ちぢれ麺、平麺など、種類はさまざまだ。
製麺、出汁、タイプは異なるが「首里そば」「しむじょう」「てんtoてん」が、
那覇周辺ではお気に入りの店だ。

自家製麺木灰そば「とらや」は、初訪である。
11時のオープンと同時に店内へ。
小さな木戸を開けた瞬間、出汁のいい香りが漂う。期待度大だ。

沖縄そばは一般的に小麦粉、塩、かんすいで作られるが、
木灰そばは、戦前の伝統的な沖縄そばの製法で、かんすいの代わりに、
灰汁(樹木を燃やしてできた木灰を水に入れてできた上澄み)で打たれる。

メニューは沖縄そばと本ソーキそばの2種類のみ。麺は中細麺と平麺から選べる。
メニューには、中細麺がおすすめとあるが、これは一般的に食べやすいからか。
こだわりの自家製麺、手間のかかる木灰そば、麺に自信がなかったら、
わざわざ太い「平麺」を出さない。

「本ソーキそば(小)」を平麺で注文する。
(本日1杯目ということもあり、なぜか消極的に「小」、、、、。)
IMG_3407
そばを待つ間に、サービスの自家製のあさ漬をいただくが、
塩加減が最高でうまい。これで、そばがうまくないはずがない!
ついつい漬物をボリボリ食べてしまう。

IMG_3410
そばが運ばれて来た。ソーキは別皿盛りなのが嬉しい。
器に目が惹かれる。そばだけでなく、小皿、漬物の取り皿に至るまで、
店内はすべてやちむん(沖縄の焼き物)という贅沢なこだわり。
魚をモチーフにした伝統的な絵柄に力強いタッチ、どっしりした重量感は、
人間国宝金城次郎さんの流れを汲む金城一門の作品だと思われる(たぶん)。
なにしろ、やちむんも好きなもので。

そばは、シンプルに沖縄かまぼこ、沖縄ねぎが添えられている。

まずは澄んだスープを一口いただく。
かつおをベースに豚を合わせた出汁は、香りよく上品で繊細な味わいが、
口いっぱいに広がる。
研ぎ澄まされた出汁が、おいしい!
沖縄そばは、かつおのえぐみ、豚の雑味が出やすく、
それ=沖縄そば、とも思われがちだが、まったくない。
あっさりしているのに、後味もいいのだ。

IMG_3408
麺をいただく。
麺はかんすいではなく木灰が使われているので、限りなく小麦粉の色に近い白い麺。
小麦粉の香りと、木灰だからかなのか、なんともいえぬ独特のいい香りを感じる。
「この平麺、うまい!」
ツルツルしてモチモチ感があり、噛めは噛むほどうまさが広がる。
出汁との相性も抜群にいい。
沖縄そばは、一度茹でた麺に油をまぶし、直前に再度軽く茹でて、
油分をきって器に盛り、あつあつの出汁を一気に注ぐ。
この加減が悪いと麺はもぞもぞ、パサパサして固くなり、
おいしくないのだが、そんな心配は無用だった。
茹でた平麺で、こんなにうまい沖縄そばに出会えるなんて。

IMG_3406
別皿のソーキは、よくある軟骨のソーキではなく、本格的なあばら骨がついた本ソーキ。
よく煮込まれているのに肉感があり、しっかりした味わい。
(小)なのでソーキは2個、、、。
1つはそのまま食べてしまい、もう1つは、残り少なくなったそばの中に入れて
味わう。
肉の旨みと麺と出汁の相性もいい。
食べ足りない(笑)本ソーキ、テイクアウトしたい。

忘れてはならない、添えられたかまぼこもシンプルでおいしかった。
さすがに自家製ではないか、どこの店のかまぼこなんだろう。

麺、出汁、本ソーキ、じっくり味わいたいが、ものの3、4分で完食。
朝からおいしいものを食べると、ほんと幸せだ。

ただただ、僕の後悔は、「小」を頼んでしまったことか。
IMG_2655

『とらや』
沖縄県那覇市赤嶺1-5-14 金城ビル 1F
098-858-2077
営業時間 11:00~20:00(売り切れ次第終了)
火曜日休み
本ソーキそば 小(550円)



ふわふわトロトロの「豆腐そば」
温かい沖縄の家庭の味が最高!


那覇市内で友人を拾い、浦添市にある「玉家 前田店」を目指す。
ナビ任せで道に迷い、少し遅れて到着。店内では愉快な仲間たち4名が待っていた。
すでに注文済みということで、急いで「トーフそば」(大)を注文する。
「いきなり変化球か、ここの自慢のスープを味わえるシンプルなそばを頼め!」と、
このお店をセレクトしてくれた、愉快な仲間たちのボスに叱られる(笑)
ボスは先輩編集者で、ご一緒させていただくお店は、どこもうまい。

しばらく、沖縄談義していると「三昧肉そば」「ソーキそば」に続き、
ほどなく、唯一の「トーフそば」が運ばれてくる。
山盛りのゆし豆腐で麺がまったく見えない!
IMG_3412

まずは、限りなく透明なスープを味わう。
豚骨ベースにかつおのきいたスープは、あっさりしているが奥深い。
地元民に愛されるのも納得。これぞ、沖縄の家庭の味。

「まずはスープを味わえ! なんという邪道だ!」と、
隣では食べる前に、大量のフーチバーをのせ、コーレーグースを振りかけた友人が、
ボスにこっぴどく叱られている(笑) そりゃそうだよ。

沖縄で豆腐といえば島豆腐が有名だか、豆乳ににがりをいれるだけで、
口当たりのなめらかな、やわらかいゆし豆腐(いわゆるおぼろ豆腐)も、
沖縄の郷土料理として長く愛されている。

そばにのった、ほかほかのゆし豆腐は、大豆の味たっぷり。
やさしく口の中でとろける。
豆腐をレンゲで崩しながらスープと合わせていただくと、
なんともいえない甘みが広がり、スープはよりまろやかにおいしさを増す。

麺は亀濱製麺所のコシのある細麺。安定した沖縄そばの味わい。


IMG_3413
麺、豆腐を半分ほど食べて中の三昧肉が顔を出したころ、
僕も、フーチバーをトッピングする。
沖縄本島で3店展開する「玉家」では、フーチバーが無料で置かれていて、
好きなだけ追加でき自分好みに「フーチバーそば」を食べることができる。
フーチバーとはよもぎのことでビタミンが多く含まれる健康食材だが、
ほどよい苦味と香りが、「トーフそば」と合う。

スープ、そば、おぼろとうふ、そしてフーチバーのバランスが絶妙な、
「トーフそば」は、前田店限定だ。


IMG_3414

「玉家 前田店」
沖縄県浦添市前田 1-3-1
098-874-0121
営業時間10:45~18:00
水曜日休み
「トーフそば」(大)700円


中城散策から、
読谷村「大嶺工房」へ


麺の旅は少しお休みして、愉快な仲間たちと沖縄ドライブ。
沖縄の気持ちのいい青空の下、中城城跡を散策する。

IMG_2768
今回の旅の目的のひとつである読谷村の読谷窯の大嶺工房へ。
陶芸家の大嶺實清さんの創作は、人間味溢れ繊細かつ大胆でありパワーが漲る。

植物に囲まれ自然の風が流れる気持ちのいいギャラリーにて、
しばし大嶺さんとコーヒーを一緒に飲み楽しい話を伺いながら、
ゆったりとした至福の時間を過ごす。
大嶺さんにお会いするのは2度目、人間味溢れるとても魅力的な素敵な方だ。
あっという間に2時間が経ち、洗練された器のなかから力強く多くの表情を
持つ作品を2つほど選ぶ。
IMG_2788

帰路はかなりの渋滞に巻き込まれるも無事に那覇に到着する。

夜は久茂地の居酒屋で
イカスミ麺の焼きそば


愉快な仲間たちの夜の酒宴は、総勢10名に。
地元民に人気の久茂地にある居酒屋「りょう次」。もちろんボスのセレクト。
地元の新鮮な魚や野菜を取り揃え、沖縄料理をはじめ、味付けはとてもシンプル。

明日も麺の旅、ドライブ。運転があるのでお酒はほどほどにする。

宴もたけなわ締めは、沖縄そばでなく「イカスミ麺焼きそば」を注文。

10年前に、アーティストのBONNIE PINKさんと撮影でご一緒したときに、
もう閉店してしまった居酒屋で食べた、沖縄そば麺にイカスミのソースを
からめ炒めたイカスミ焼きそばの味が忘れられず、
居酒屋でメニューにあると必ず頼むが、
なかなかうまい、イカスミ焼きそばには出会えていない。

IMG_2805
「りょう次」はイカスミ焼きそばではなく、イカスミ麺焼きそば。
麺にイカスミが練り込んである真っ黒な自家製麺が使われる。
もやしのシャキシャキ感とモッチリとした太めの麺が、スパイシーでうまい。
口が黒くならない、お歯黒にならないのもいい。
イカスミ麺は初体験であるが、おいしい。

宴会なので一人でひと皿を独占することはできず(笑)
ちょっと物足りないが、どうせいつもは一人沖縄。
次回にとっておこう。


居酒屋野郎「りょう次」
沖縄県那覇市久茂地2-18-18
098-861-8583
営業時間 17:00〜25:00
不定休
イカスミ麺の焼きそば(650円だったような)


沖縄1DAYS

『琉球麺 茉家』茉家御膳(八重山そば)#11〜
『ニシムイそば』西森そば#12〜
『マホロボ』まぜ麺#13〜

沖縄麺の旅2日目
首里、八重瀬町へ


朝食は、牧志の市場周辺を散歩中に買ったサンダーギー。ホテルでのんびり過ごす。
宿泊したダイワロイネットホテルは、オリジナルコーヒーバックのサービスがあり、
コーヒーヘビーユーザーにとっては嬉しい限り。
白はアラビカ種100%で芳醇な香り。黒は濃厚な焙煎でコクがある味わいで、
酸味、苦味はほどよく、どちらもうまい。
豆分量10gの本格的なドリップコーヒーが部屋でいつでも楽しめる。
IMG_3400

沖縄、麺の旅2日目は4食を予定。レンタカーなので少し遠出をしてみることに。
首里に予約ができる沖縄そば屋があると聞いたので、まずは昼に予約をする。
その前に、首里に行くなら久しぶりに「首里そば」に寄っていこうと、車を走らせる。
首里そばに到着するが、月曜日なのに店の前には長蛇の列、、、。
周辺の駐車場もいっぱい。予約に間に合わないと困るので諦める。

予約ができる「琉球麺茉家」
言葉にならない衝撃の旨さ!


少し早いが予約した「琉球麺茉家」に。ナビに騙されて迷う。
首里といっても郊外、住宅街の坂の上で少しわかりにくいところにあった。

この沖縄そば屋は、第1回の大阪のそば屋「たかま」を教えてくれた、
蕎麦好きおじさんのオススメ。
「あんなに沖縄に行っていて、茉家を知らないの?」と、
銀座で十割そばをすすりながらの会話である。

「どんな店って、予約もできるから、とにかく一度行ってみなよ」とのことだった。

暖簾をくぐって店内へ入ると、出汁のいい香りがする。
予約した旨を告げると、オープンカウンターの席に案内される。
店内は凛とした独特の世界観だが、なぜかとても和める。

なんの情報もなく来店したので、じっくりとメニューを見る。
琉球麺茉家のこだわりは、
「厳選素材、オリジナル生麺、ぬちまーす(塩)、こだわりの豚肉」とのこと。

仕込みに2日かかるという炙りソーキに惹かれて、八重山そば、三枚肉、
炙りソーキ、じゅーしいがセットになっている「茉家御膳」を注文する。

沖縄そばでは珍しい生麺なので、少しだけ時間がかかる。10分ほどだろうか、
「まずは、そのままお召し上がりください」と、カウンター越しに「茉家御膳」が運ばれる。
スープのいい香りが嗅覚を刺激する。
IMG_3416

店主の言葉通り、まずはアツアツのスープをひと口いただく。
澄んだスープは、やさしい上品な味わいながら、後味は芳醇でとてもコクがある。

想像を超える、旨さ!
今までの沖縄そばとはまったく違う。

自家製のちぢれ麺は、出汁によく絡んで、旨い。
ツルツルで弾力がありもっちとしている。生麺なのでコシもしっかりある。
やや太めだが喉越しがとてもいい。
麺も今までの沖縄そばとはまったく違う。
でもラーメンではなく、中華そばでもない。

スープと麺のバランスは絶妙。
どうしたら、こんなに旨くなるのだろう。

IMG_3421
炙りソーキはかなりのボリュームだ。
単なるビジュアルだけでないことは、麺と出汁から想像がつく。
やわらかく繊細な味つけだ。箸で綺麗にとれる。
添えられた山葵を少しのせて食べてみる。肉の旨味が強くなりおいしい。
スープに入れてみるとスープはコクが増し、パンチが強くなる。
肉はスープによりとろり感が出る。相性がいい。
別皿の効果は、こういうところにもあるようだ。
最後は手に取り、かぶりついてしまった。骨まわりは格別に旨い。

IMG_3420
少し甘めの三枚肉はコラーゲンたっぷりでプルプルだ。
口の中でとろける。できれば、もう1枚、いや2枚食べたい。

出汁で炊いたじゅーしいも、うまくないわけがなく、
細かく刻まれた具材、お米の固さも好みだ。
IMG_3419

麺、スープはもちろん、炙りソーキ、三枚肉、そしてじゅーしいに至るまで、
とても手間のかかった、手の込んだこだわりを感じる。

スープは残すことなく、一気に完食した。

店主に少し話を伺う。
祖母の八重山そばの味が、ベースになっているが、まったくの独学だという。
沖縄そばをもっともっと、おいしくしたいとのこと。
これから、どんな進化があるのだろう。

ところで、僕には忘れられない沖縄の味がいくつかある。
たとえば閉店した「琉球料理乃山本彩香」の豆腐餻、
浦添にあった「ひかり食堂」のてびち。これを超えるものは未だない。

「琉球麺 茉家」のそばは、忘れられない沖縄の味になりそうだ。

IMG_3418

『琉球麺 茉家 (マツヤ)』
沖縄県中頭郡西原町幸地62-4
098-946-9891
営業時間11:00~15:00(LO14:30)事前予約優先(当日10:30まで)
水曜日休み 
「茉家御膳」1600円 ※店舗移転の予定あり


コラーゲンたっぷり白濁スープ
八重瀬町「ニシムイそば」へ


「琉球麺 茉家」を後にして、南部の八重瀬町に向かう。
2月に南部の名店「ニシムイそば」が、一旦閉店するとのことなので、
1時間ほどの麺の旅ドライブ。

IMG_2852
「ニシムそば」は、小さなギャラリーが併設されている。
そばの器も食器も珈琲カップも沖縄の陶芸家のものというアートなそば屋だ。
2時をまわっていたので、店内は比較的空いていた。

メニューはサイズ違いの2種類のみ、西森そば(中)を注文する。
そばにぜんざい、食後のコーヒーがセットになっている。

IMG_3423
スープは豚骨(2種)と鶏ガラと鶏の部位を使っていて、
かつおを使っていない沖縄では珍しいコラーゲンたっぷりの白濁スープ。

まずは、スープをいただく。
きれいな白濁スープは、まろやかなであっさりしているが、
豚骨の臭み、雑味なども一切なく、コク深い上質な味わいがある。
豚骨、鶏ガラ、鶏の部位の3つの出汁を合わせたトリプルスープの
バランスがいいからなのだろう。

麺はちぢれ麺の生麺なので、プリプリでコシがある。
スープとも絡み合って太さも固さもちょうどいい。

トッピングも丁寧な仕上がり。
シブイ(冬瓜)は煮付けはやさしい味。
煮込まれた本ソーキは、柔らかく箸できれいに骨が外せる。

3度目の訪問になるが、麺、スープ、トッピングのバランスが良く、
いつもブレがない本当に旨い沖縄そばだ。

スープまで全部飲み干し完食。
その頃合いを見計らって、コーヒーを出してくれるのが嬉しい。
デザートのぜんざいも甘すぎず、至れり尽くせり。

7月より那覇の古島にて再開ということ。今から楽しみだ。

IMG_3422

「ニシムイそば」
2月末閉店。
那覇市銘苅の古島駅近く7月オープンの大型施設に移転予定。



「ニシムイそば」の帰りに必ず寄るのが同じ八重瀬町の「内田製パン」。
自家製酵母のおいしいパン屋さんだが、なんと定休日だった。
「ニシムイそば」が移転すると八重瀬町方面は来ないかもしれないので、
ちょっと残念だ。

南部で、もう1軒沖縄そばに行こうと考えたのだが、
今日の「琉球麺茉家」「ニシムイそば」のレベル、満足度が高すぎて、、。
那覇市内に戻ることにした。

レンタカーの返却は、空港ではなくDFSギャラリア那覇なので便利。
ホテルまではモノレールで1駅の距離。一旦ホテルに戻り昼寝をする。

那覇で欠かさず通う、
まぜ麺「マホロバ」


今宵も、愉快な仲間たちと楽しい宴だが、麺の旅まだまだ終わらない。
夜の宴会の前に、那覇で欠かさず通うまぜ麺の「マホロバ」に向かう。
国際通りからJALシティホテルの横の脇道に入ったところにある。

普段、滅多にまぜ麺は食べないのだが、
なぜか、那覇に来ると必ずといっていいほど通っている。
オープンの頃から、6、7回目だろうか。
ラーメンでも、つけ麺でも、油そばでもない、「マホロバ」のまぜ麺に。

小さなお店なので、夕方だというのにお客さんでいっぱいだ。
いつもの「まぜ麺」中盛(300g)を注文する。

IMG_3424
アツアツの中太ストレート麺に、
たっぷりの肉味噌、卵黄、ネギ、ニラ、海苔がトッピングされていて、
熱いうちによくまぜるのが作法。
麺と具材が程よく絡まったら、まずは一口いただく。
麺に卵黄と肉味噌が絶妙に絡まって濃厚なコクがあり、旨い。
ネギとニラのシャキシャキ、ザクザク感という歯ごたえもいい。

第2段階は、ゆず胡椒で楽しみ、
第3段階は、自家製ラー油で自分好みの辛さにして食べる。
このラー油が、辛味だけではなく、うま味が強い。
IMG_3425

これから酒宴だというのに、
300gの中盛をあっという間に完食してしまう。

なぜ通うのか。
毎回訪れるたびに、前よりおいしくなったと思うからかもしれない。

アツアツの麺にたっぷりの肉味噌。
東京にいても、たまに食べたくなるんだよね。

沖縄、麺の旅、6食完食。

IMG_2885

『マホロバ』
沖縄県那覇市牧志1-2-17
098-917-2468
営業時間 11:30~22:00 11:30-21:30(日)
火曜日、毎月第3月曜日休み
まぜ麺(700円)


J搭乗回数6回
残り44回長き遠い道


2017年2月14日 10:05 那覇空港 晴れ
JAL902 定刻通り出発。

2017年1月8日 12:15羽田空港
定刻通りの到着。
今年、6回目の搭乗は無事にクリア。

VIP会員になるまで、あと44回である。

マイルデータ、搭乗合計6回。


【羽田-那覇】
フライトマイル
984(基本マイレージ)×50%(運賃倍率)=492マイル
FLY ONポイント
フライトマイル×2(国内線倍率)=984  搭乗カウント5回
【那覇-羽田】
フライトマイル
984(基本マイレージ)×50%(運賃倍率)=492マイル
FLY ONポイント
フライトマイル×2(国内線倍率)=984  搭乗カウント6回

搭乗回数/6回
マイル累計/3257マイル
FLY ONポイント累計/6514

沖縄への旅のお値段は、
2泊3日 43,200円


飛行機+宿泊/33,800円
レンタカー/1,000円
ガソリン代/約3,500円
「麺の旅」食費/4,900円
合計/43,200円

次回は、熊本1泊2日 麺の旅。


顔

KOJIRO(コジロー)

1964年生まれ。大学卒業後、出版社にて男性ファッション誌、女性ファッション誌、トラベル誌、フリーマガジンなど編集長として携わる。現在はフリーランサー。小学生の頃より極度の乗り物酔いだが、飛行機好き。JALの生涯搭乗数は165回。忘れられぬ旅は、JALファーストクラス(特典航空券)で行ったパリ。麺好きの「食いしん坊」でもある。 

 

2017年自腹でマイル修行&麺の旅
バックナンバー

その他のTRAVEL

ページトップへ戻る

ページトップへ戻る